972件中 81 - 90件表示
  • 茨木サニータウン

    茨木サニータウンから見た丹波国丹波国

    もともとの住所表示(大字)は安威、福井、大門寺など。もともと安威・福井から丹波へ超える山道が走る丘陵地で頂上に国見峠があり中央に長谷とよばれる谷のある地形だったが、関西電力系の土地会社・昭和土地開発によって1970年代前半から整地され、1978年に2?5丁目がまちびらきした。茨木市立山手台小学校、サニー幼稚園、山手台保育園(旧・第二末広保育園)が当初からあり、1983年に茨木市立北陵中学校が開校した(「陵」の字がつくのは、建設中に敷地内外で安威古墳群が発掘されたからである)。茨木サニータウン フレッシュアイペディアより)

  • 源師俊

    源師俊から見た丹波国丹波国

    寛治4年(1090年)叙爵(従五位下)。兵部権大輔・民部権大輔や、丹波守・尾張守と地方官を歴任し、永久4年(1116年)右少弁に任官。こののち弁官にて昇進し、天承元年12月(1132年1月)蔵人頭・右大弁となる。長承2年(1133年)参議として公卿に列し、長承3年(1134年)従三位、長承4年(1135年)権中納言に至る。源師俊 フレッシュアイペディアより)

  • 遠阪峠

    遠阪峠から見た丹波国丹波国

    旧街道では、山陰道表街道が通り、丹波国と但馬国との境界となっていた。現在は、国道427号が通っており、下部には遠阪トンネル有料道路(北近畿豊岡自動車道)が建設されている。遠阪峠 フレッシュアイペディアより)

  • 清内雄行

    清内雄行から見た丹波国丹波国

    清内 雄行(きようち の おゆき、大同3年(808年) - 元慶6年6月10日(882年6月29日))は、平安時代前期の官人。氏姓は凡河内忌寸のち清内宿禰。官位は従五位下・丹波介。清内雄行 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部長盛

    岡部長盛から見た丹波国丹波国

    岡部 長盛(おかべ ながもり、永禄11年(1568年) - 寛永9年11月2日(1632年12月13日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将(大名)。下総山崎藩主、丹波亀山藩主、丹波福知山藩主、美濃大垣藩初代藩主。岸和田藩岡部家初代。岡部長盛 フレッシュアイペディアより)

  • 大村氏 (神別)

    大村氏 (神別)から見た丹波国丹波国

    『姓氏録』には京都の右京と和泉国を本貫地とする2氏が見え、河内国に複姓氏族(複数の氏名を結合した氏名を持つ氏族)の大村直田氏が見える(姓は連)。また、近江国に無姓であるが同氏と推定される者がおり、丹波国にも大村氏の存在が確認できるが同族であるかは不明である。大村氏 (神別) フレッシュアイペディアより)

  • 佐保来栖山砦

    佐保来栖山砦から見た丹波国丹波国

    この城跡は、史料に全く記載がなく、誰が城主であったのか沿革などは不明の城郭である。以前より不自然な平坦面が観察されていたことから、城郭の存在が指摘されていた。国際文化公園都市造成に伴い、全斜面と盛土部分をふくめた、尾根の全面的な発掘調査が行われた。城郭は国見峠を経て、清坂街道と接続している。当地は丹波国と摂津国(大坂)を結ぶ重要な位置に存在していた。『城巡礼』によると「福井城と関連があったのではないか」と近隣にあった福井城との関連を指摘している。佐保来栖山砦 フレッシュアイペディアより)

  • 彦坐王

    彦坐王から見た丹波国丹波国

    稗史によれば、彦坐王は美濃を領地として、子の八瓜入日子とともに治山治水開発に努めたとも伝えられるが、その後裔氏族は美濃のみならず、常陸・甲斐・三河・伊勢・近江・山城・河内・大和・但馬・播磨・丹波・吉備・若狭・因幡など広汎に分布している。時代は下るが、戦国時代に大名となった越前朝倉氏は本姓日下部氏で、彦坐王の子孫と称する但馬国造家の流れを汲んでいる。彦坐王 フレッシュアイペディアより)

  • 一条能継

    一条能継から見た丹波国丹波国

    承久3年(1221年)6月の後鳥羽上皇と鎌倉幕府の対立による承久の乱では、叔父の信能・尊長らは上皇方の首謀者となっている。『承久記』慈本寺本によれば、能継は上皇方として丹波国に流され、間もなく斬首されたとされる。一条能継 フレッシュアイペディアより)

  • 久多

    久多から見た丹波国丹波国

    三国岳:滋賀県高島市、京都府南丹市との境に所在する山。山名は近江国、丹波国、山城国の境を分けることに由来する。標高959.0メートル。久多 フレッシュアイペディアより)

972件中 81 - 90件表示