1230件中 81 - 90件表示
  • 日置道形

    日置道形から見た丹波国丹波国

    光仁朝に入り、宝亀2年(771年)主税助に任ぜられ京官に遷る。翌宝亀3年(772年)各道に政情調査のために諸官人が派遣された際、道形は北陸道に派遣されている。その後は宝亀5年(774年)丹波介、宝亀11年(780年)主計助と、京官と地方官を交互に務めた。またこの間の宝亀8年(777年)には一族の蓑麻呂らと伴に日置造から栄井宿禰に改姓している。日置道形 フレッシュアイペディアより)

  • 船井郡

    船井郡から見た丹波国丹波国

    船井郡(ふないぐん)は、京都府(丹波国)の郡。船井郡 フレッシュアイペディアより)

  • 香西氏

    香西氏から見た丹波国丹波国

    讃岐国の国司であった藤原北家の流れを汲むとされる日本の氏族。室町時代には讃岐東部において最大の勢力を有する国人となり、讃岐守護であり室町幕府管領となった細川京兆家に仕え細川四天王と呼ばれた。応仁の乱後には山城国や丹波国にも所領を有し、その後の細川氏の内訌にも大きく関与した。香西氏 フレッシュアイペディアより)

  • 但馬国

    但馬国から見た丹波国丹波国

    こののち、のちの丹波国・丹後国・但馬国の3国にあたる地域は丹波国造の支配地域である丹波国となった。但馬国は7世紀後半に丹波国より8郡を分割して成立したとする説もあるが確証はない。『日本書紀』天武天皇4年(675年)条に国名がみえるので、この頃成立したと推定されている。但馬国 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県

    兵庫県から見た丹波国丹波国

    令制国では、摂津国と丹波国の各西半分および但馬国と播磨国と淡路国の各全域に当たるが、僅かながら美作国と備前国の各一部も含んでおり、計7か国にまたがっている。旧国名において7か国にまたがる都府県は当県のみであり、11か国からなる北海道に次ぐものである。加えて、五畿八道のうち畿内、山陰道、山陽道、南海道と最多の4地方にまたがり、古来の行政区分をほとんど無視する形で成立している。便宜的に、播磨国は山陽地方、但馬国は山陰地方に含める場合もあり、地図帳等では中国地方のページに掲載されているものもある。兵庫県 フレッシュアイペディアより)

  • 園基音

    園基音から見た丹波国丹波国

    堂上家であるが、京都近郊の丹波国山家藩の谷氏(大名家)から正室を迎えた。園基音 フレッシュアイペディアより)

  • 良岑長松

    良岑長松から見た丹波国丹波国

    承和年代の初頭に常陸権大掾・伊予掾を歴任。承和5年(838年)遣唐使准判官として渡唐するが、翌承和6年(839年)の帰国時に嵐に遭い南海に漂流、島に漂着。同乗者の多くが命を落とす中で幸運にも生き残り、遣唐知乗船事の菅原梶成(医師)らと協力して廃材を集めて壊れた船の廃材から船を仕立て直し、承和7年(840年)6月大隅国に帰着。同年中に従六位下から4階昇進し従五位下に叙爵された。その後、仁明朝では侍従・丹波介・縫殿頭を歴任した。良岑長松 フレッシュアイペディアより)

  • 摂津国

    摂津国から見た丹波国丹波国

    摂津国の範囲は、概ね現在の大阪府淀川以北および大阪市域と尼崎市から神戸市・三田市に至る兵庫県南東部に当る。南に和泉国、東に河内国・山城国、北に丹波国、西に播磨国とそれぞれ接する。摂津・河内・和泉三国の国境は、現在の堺市の方違神社(三国山・三国丘)にあったが、明治4年(1871年)に和泉との国境は堺大小路から大和川に改められ、一部が和泉に編入された。摂津国 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤如安

    内藤如安から見た丹波国丹波国

    如安はキリスト教への受洗名ジョアンの音訳名で、諱は忠俊。小西飛騨守とも称す。熱心なキリシタンとして知られ、また茶人としても名高い。丹波国の在地領主としてはじまり、小西行長に仕えた後浪人し、最後はキリシタン追放令によりマニラへ追放された。内藤如安 フレッシュアイペディアより)

  • 新羅

    新羅から見た丹波国丹波国

    この脱解の出身地である多婆那国は、脱解が船で渡来した人物であることを示す挿話などと併せて、日本列島内の地域に比定されている。比定地は、丹波国、但馬国、肥後国玉名郡などの説がある。『三国遺事』では龍城国とされる。韓国では龍城国を先住民族アイヌの部族国家とみて、脱解をアイヌとみる説もある。新羅 フレッシュアイペディアより)

1230件中 81 - 90件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード