188件中 91 - 100件表示
  • 丹波国

    丹波国から見た北桑田郡

    明治維新の際、桑田郡山国郷(現在の京都市右京区京北)で勤皇を標榜する山国隊が、桑田郡馬路村(現在の亀岡市馬路町)では弓箭隊が結成され、山陰道鎮撫総督西園寺公望に従って各地を転戦した。このとき、弓箭隊の郷士の息子である中川小十郎(後の立命館大学の創立者)が西園寺と出会うことになる。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た挙母藩

    江戸時代三河挙母藩内藤家丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た福知山藩

    江戸時代は一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩(八上藩)、丹波柏原藩、福知山藩)を有した。そのうち、丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つであった。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た岡部藩

    江戸時代武蔵岡部藩安倍家丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た延喜式神名帳

    延喜式神名帳』には、大社5座4社・小社66座65社の計71座69社が記載されている。大社は以下に示すもので、いずれも名神大社。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た土佐国

    丹波国は大まかに言って亀岡盆地、由良(福知山)盆地、篠山盆地のそれぞれ母川の違う大きな盆地があり、互いの間を山地が隔てている。このため、丹波国は甲斐や尾張、土佐のように一国単位で結束した歴史を持ちにくい性質があり、丹波の歴史を複雑化した。地域性として亀岡・八木・園部の南丹(口丹波)地方は山城・摂津、福知山・綾部の中丹は丹後・但馬、篠山は摂津・播磨、氷上は但馬・播磨に密接に係わる歴史を持った。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た廃藩置県

    廃藩置県後の明治4年11月2日(1871年12月19日)の第1次府県統合により、桑田郡、船井郡、何鹿郡は京都府に、天田郡、氷上郡、多紀郡は豊岡県に分けられた。さらに、1876年(明治9年)8月21日の第2次府県統合により豊岡県は廃止され、天田郡が京都府に、氷上郡、多紀郡の二郡が兵庫県に編入されることとなった。その後、1958年(昭和33年)4月1日の市町村合併により、京都府南桑田郡樫田村が大阪府高槻市に、京都府亀岡市西別院村の牧、寺田地区が大阪府豊能郡豊能町に編入されている。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た何鹿郡

    何鹿郡(いかるが) - 綾部市、福知山市のうち旧佐賀村。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た上野国

    内藤政森:内藤家3代。陸奥泉藩第3代藩主、上野安中藩初代藩主丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た加佐郡

    天田郡(あまだ) - 福知山市のうち旧何鹿郡佐賀村、旧与謝郡雲原村(1902年(明治35年)以降は天田郡)、旧加佐郡大江町を除く地域。丹波国 フレッシュアイペディアより)

188件中 91 - 100件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード