188件中 51 - 60件表示
  • 丹波国

    丹波国から見た内藤学文

    内藤学文:内藤家6代。挙母藩の第2代藩主。 丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た松平光煕

    松平光煕:戸田松平家5代。加納藩第3代藩主、山城淀藩初代藩主丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た松平康長

    松平康長:戸田松平家初代。上野白井藩、下総古河藩、常陸笠間藩、上野高崎藩、信濃松本藩初代藩主丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た松平光徳

    松平光徳:戸田松平家8代。松本藩第3代藩主丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た松平光慈

    松平光慈:戸田松平家6代。淀藩第2代藩主、志摩鳥羽藩主、信濃松本藩初代藩主(再封)丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た大久保利通

    そもそも丹波は、中央集権体制を進める明治政府の大久保利通らにより、但馬・丹後を含め似通った地域性を無視して2府県に分けられた。亀岡市及び旧船井郡園部町、八木町を除き府県庁所在地でもある京阪神から遠く離れ、両府県および国の施策からは重きを置かれずにいたので、高度経済成長期に一層の過疎化が強まった。なお、1871年(明治4年)11月2日?1876年(明治9年)8月21日の約5年間は、桑田、何鹿、船井3郡および山城が京都府、氷上、多紀、天田3郡および但馬、丹後が豊岡県と言う構成であった。豊岡県を二分し、天田郡と丹後が京都府、氷上、多紀2郡と但馬が兵庫県に編入されることになったのは、旧出石藩士の桜井勉の発案であるが、当初桜井は豊岡県全域と飾磨県(播磨)との合併を進言したようである。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た内藤政苗

    内藤政苗:内藤家5代。上野安中藩第3代藩主、三河挙母藩初代藩主丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た松平光則

    松平光則:戸田松平家14代。松本藩第9代藩主丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た足利義稙

    1511年:船岡山の戦い、足利義稙方(細川高国、大内義興等) x 足利義澄方(細川澄元、細川政賢等)丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た武蔵国

    江戸時代武蔵岡部藩安倍家丹波国 フレッシュアイペディアより)

188件中 51 - 60件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード