188件中 81 - 90件表示
  • 丹波国

    丹波国から見た南丹

    丹波国は大まかに言って亀岡盆地、由良(福知山)盆地、篠山盆地のそれぞれ母川の違う大きな盆地があり、互いの間を山地が隔てている。このため、丹波国は甲斐や尾張、土佐のように一国単位で結束した歴史を持ちにくい性質があり、丹波の歴史を複雑化した。地域性として亀岡・八木・園部の南丹(口丹波)地方は山城・摂津、福知山・綾部の中丹は丹後・但馬、篠山は摂津・播磨、氷上は但馬・播磨に密接に係わる歴史を持った。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た亀山城 (丹波国)

    丹波国は古くより京都の北西の出入口に当たる地理的条件から、各時代の権力者から重要視され、播磨や大和などと並んで鎌倉時代の六波羅探題や江戸時代の京都所司代などの直接支配を受けた。それだけに、都の政局に巻き込まれやすい国でもあった。鎌倉時代末期には足利尊氏が桑田郡篠村(亀岡市篠町)で挙兵し、安土桃山時代にも丹波亀山城主の明智光秀が本能寺の変を起こすといった時代変革の重要な舞台となった。さほど有名ではないが、戦国時代に八上城の波多野氏は丹波諸豪族をまとめると、これを率いて山城など周辺諸国に進出したこともある。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た八上藩

    江戸時代は一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩(八上藩)、丹波柏原藩、福知山藩)を有した。そのうち、丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つであった。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た丹波市

    氷上郡(ひかみ) - 丹波市丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た摂津国

    丹波国は大まかに言って亀岡盆地、由良(福知山)盆地、篠山盆地のそれぞれ母川の違う大きな盆地があり、互いの間を山地が隔てている。このため、丹波国は甲斐や尾張、土佐のように一国単位で結束した歴史を持ちにくい性質があり、丹波の歴史を複雑化した。地域性として亀岡・八木・園部の南丹(口丹波)地方は山城・摂津、福知山・綾部の中丹は丹後・但馬、篠山は摂津・播磨、氷上は但馬・播磨に密接に係わる歴史を持った。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た園部藩

    江戸時代は一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩(八上藩)、丹波柏原藩、福知山藩)を有した。そのうち、丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つであった。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た綾部藩

    江戸時代は一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩(八上藩)、丹波柏原藩、福知山藩)を有した。そのうち、丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つであった。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た桑田郡

    『和名抄』に「国府在桑田郡高低上一日下半日」とあることから、10世紀には桑田郡(現 亀岡市周辺)にあったとされる。しかしながら国府の位置は確定できておらず、現在も諸説がある。丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た黒井城の戦い

    1575年 - 1576年:第一次黒井城の戦い、赤井直正・波多野秀治 x 織田軍(明智光秀 )丹波国 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波国

    丹波国から見た篠山藩

    江戸時代は一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩(八上藩)、丹波柏原藩、福知山藩)を有した。そのうち、丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つであった。丹波国 フレッシュアイペディアより)

188件中 81 - 90件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード