前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • 長谷川潔

    長谷川潔から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1980年(昭和55年):京都国立近代美術館で大回顧展「銅版画の巨匠・長谷川潔展」が開催された。長谷川潔 フレッシュアイペディアより)

  • 南桂子

    南桂子から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1972年-1973年 京都国立近代美術館・東京国立近代美術館「ヨーロッパの日本作家」南桂子 フレッシュアイペディアより)

  • 小野竹喬

    小野竹喬から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    「郷土風景」(1917年) - 京都国立近代美術館小野竹喬 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷守一

    熊谷守一から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    『化粧』 1956年(昭和31年)43.0×35.0cm 京都国立近代美術館熊谷守一 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内栖鳳

    竹内栖鳳から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    『秋興』 1927年(昭和2年) (京都国立近代美術館竹内栖鳳 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀春江

    古賀春江から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1922年(大正11年)油彩画の「埋葬」(油彩・キャンヴァス、総本山知恩院蔵・京都国立近代美術館寄託)と「二階より」を二科展に出品し共に入選、「埋葬」は二科賞を受賞した。古賀春江 フレッシュアイペディアより)

  • MOMAK

    MOMAKから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    MOMAK フレッシュアイペディアより)

  • 晨鳥社

    晨鳥社から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    島田康寛編「年譜」『山口華楊 1清水六兵衛遺作展』京都国立近代美術館、1987年晨鳥社 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝堅一

    川勝堅一から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1921年、「第1回創作陶磁展」のため河井寛次郎が上京したとき、川勝は会場であった高島屋東京支店の宣伝部長であった。ふたりは出会った時から意気投合し、生涯親交を結ぶこととなった。川勝は河井寛次郎を心から応援し、その作品収集に情熱をかたむけた。また、河井寛次郎も窯を炊くたびに良い作品を川勝にゆずった。川勝が河井寛次郎に内緒で、1937年のパリ万国博覧会と1957年のミラノ・トリエンナーレ国際工芸展に出品し、いずれもグランプリを受賞したエピソードはよく知られている。川勝が所蔵していた河井寛次郎の代表的な作品425点が、現在、京都国立近代美術館に「川勝コレクション」として収蔵されている。川勝堅一 フレッシュアイペディアより)

  • オーギュスト・エルバン

    オーギュスト・エルバンから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    構成主義と幾何学的抽象(1984年9月22日 - 11月11日:東京国立近代美術館、11月20日 - 12月21日:京都国立近代美術館オーギュスト・エルバン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「京都国立近代美術館」のニューストピックワード