102件中 21 - 30件表示
  • 国立博物館

    国立博物館から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    国立が冠されている博物館は他にも、国立科学博物館や国立民族学博物館、国立歴史民俗博物館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館などがあるが、それぞれ別組織が運営している。国立博物館と国立科学博物館は、今後統合される可能性もとりざたされている。国立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡真太郎

    片岡真太郎から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    大阪府に生まれる。鈴木信太郎に師事。1948年、関西学院大学在学中に第3回行動美術展に初入選。1959年にシェル美術賞展佳作賞を受賞し、その後も朝日選抜新人展、第3回ふらんす・クリティック賞絵画展、「現代美術の動向」展などに出品。1961年には神戸市立美術館の新鋭作家展に『神将』を招待出品し、神戸新聞社賞を受賞する。同作品は1963年の京都国立近代美術館開館展にも招待出品された。1960年代に高橋和巳、五木寛之、永井龍男、曽野綾子等の挿絵や装丁を担当し、1974年に第5回講談社出版文化賞・さしえ賞を受賞した。多摩美術大学講師、助教授、教授を歴任。1976年に立軌会会員となり、ここを中心に活躍する。1979年にはパリのサロン・オンフルール「海」展に出品した『北の海』で大賞を受賞している。2006年、兵庫県文化賞を受賞。片岡真太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川西英

    川西英から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1894年(明治27年)、兵庫県神戸市兵庫区東出町に回船・穀物問屋の七男として生まれる。1915年(大正4年)、神戸商業学校を卒業後、家業を継ぐ。1922年(大正11年)からは兵庫東出郵便局長を務めた。画家を志した時期についての資料は見つかっていないが、16歳のとき(1910年)に『セシル・アルディン作品の模写』(京都国立近代美術館蔵)を描いている。木版画は山本鼎の作品をみて志したとされ、1920年代より長らく国画会と日本版画協会を主な活動の場とした。1937年(昭和12年)に出版された『神戸百景』はエキゾチックな都市風景と風俗を描いた作品で、彼の代表作である。川西英 フレッシュアイペディアより)

  • 石垣栄太郎

    石垣栄太郎から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    鞭打つ(1925年、京都国立近代美術館所蔵)石垣栄太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜トリエンナーレ

    横浜トリエンナーレから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    河本信治(京都国立近代美術館 主任研究官)横浜トリエンナーレ フレッシュアイペディアより)

  • 松原直子

    松原直子から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    松原の作品は、フィラデルフィア美術館、シカゴ美術館、ロイヤルオンタリオ博物館、ウィーンのアルベルティーナ美術館(Albertina, Vienna)、大英博物館、京都国立近代美術館、ボストン美術館、東京国立近代美術館、スミソニアン博物館、アメリカ議会図書館、Hamburg Museum of Arts and Crafts、イスラエルのハイファ美術館、シドニーのニュー・サウス・ウェールズ州立美術館など世界各地の数多くの美術館で所蔵され、主要なコレクションの一部となっている。松原直子 フレッシュアイペディアより)

  • 三木翠山

    三木翠山から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    「維新の花」 絹本着色 京都国立近代美術館所蔵 昭和15年(1940年)三木翠山 フレッシュアイペディアより)

  • 森陶岳

    森陶岳から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    備前五石大甕(ごこくおおがめ)、大壷、擂鉢(すりばち)、耳付花入れ、茶わん、茶入、酒器、矢筈水指(やはずみずさし)、彩文土器、象嵌(ぞうがん)折目角鉢、扁壷、黒備前の俎板皿(まないたざら)、細口蕪(ほそくちかぶら)花入れ、大皿、芋(いも)徳利、つるくび花入れ、手鉢、香炉、香合、瓢(ひさご)徳利、種壷水指、板皿などがあり、伊勢神宮、厳島神社、出雲大社、東大寺、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館などに収蔵されている。森陶岳 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉忠夫

    小倉忠夫から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    岡山県生まれ。1952年東京大学文学部美学美術史卒。国立近代美術館、京都国立近代美術館に勤務、国立国際美術館館長、京都国立近代美術館館長。95-99年名古屋ボストン美術館館長。98-2002年大原美術館館長。小倉忠夫 フレッシュアイペディアより)

  • 冨田溪仙

    冨田溪仙から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    「鵜船」 京都国立近代美術館 紙本著色 明治45年(1912年)第6回文展冨田溪仙 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「京都国立近代美術館」のニューストピックワード