135件中 21 - 30件表示
  • 徳岡神泉

    徳岡神泉から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    『後苑雨後』(1927年、京都国立近代美術館徳岡神泉 フレッシュアイペディアより)

  • 金山康喜

    金山康喜から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    《静物(焼栗の屋台)》1953?54年、京都国立近代美術館所蔵金山康喜 フレッシュアイペディアより)

  • 小田襄

    小田襄から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1964年 ユーゴスラビア国際彫刻シンポジウム(ラヴネ)参加、現代美術の動向展(京都国立近代美術館)出品小田襄 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡真太郎

    片岡真太郎から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    大阪府に生まれる。鈴木信太郎に師事。1948年、関西学院大学在学中に第3回行動美術展に初入選。1959年にシェル美術賞展佳作賞を受賞し、その後も朝日選抜新人展、第3回ふらんす・クリティック賞絵画展、「現代美術の動向」展などに出品。1961年には神戸市立美術館の新鋭作家展に『神将』を招待出品し、神戸新聞社賞を受賞する。同作品は1963年の京都国立近代美術館開館展にも招待出品された。1960年代に高橋和巳、五木寛之、永井龍男、曽野綾子等の挿絵や装丁を担当し、1974年に第5回講談社出版文化賞・さしえ賞を受賞した。多摩美術大学講師、助教授、教授を歴任。1976年に立軌会会員となり、ここを中心に活躍する。1979年にはパリのサロン・オンフルール「海」展に出品した『北の海』で大賞を受賞している。2006年、兵庫県文化賞を受賞。片岡真太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石垣栄太郎

    石垣栄太郎から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    鞭打つ(1925年、京都国立近代美術館所蔵)石垣栄太郎 フレッシュアイペディアより)

  • パラソフィア京都国際現代芸術祭

    パラソフィア京都国際現代芸術祭から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    アーティスティックディレクターは、長谷を委員長とする芸術系大学教員および美術館関係者によって構成された選考委員会が選考を行い、2013年4月に元京都国立近代美術館学芸課長の河本信治が就任した。パラソフィア京都国際現代芸術祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ニコルソン

    ベン・ニコルソンから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    構成主義と幾何学的抽象(1984年9月22日 - 11月11日:東京国立近代美術館、11月20日 - 12月21日:京都国立近代美術館ベン・ニコルソン フレッシュアイペディアより)

  • 川西英

    川西英から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    1894年(明治27年)、兵庫県神戸市兵庫区東出町に回船・穀物問屋の七男として生まれる。1915年(大正4年)、神戸商業学校を卒業後、家業を継ぐ。1922年(大正11年)からは兵庫東出郵便局長を務めた。画家を志した時期についての資料は見つかっていないが、16歳のとき(1910年)に『セシル・アルディン作品の模写』(京都国立近代美術館蔵)を描いている。木版画は山本鼎の作品をみて志したとされ、1920年代より長らく国画会と日本版画協会を主な活動の場とした。1937年(昭和12年)に出版された『神戸百景』はエキゾチックな都市風景と風俗を描いた作品で、彼の代表作である。川西英 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジョ・モランディ

    ジョルジョ・モランディから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    京都国立近代美術館(1990年4月10日?5月13日)ジョルジョ・モランディ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤アキラ

    加藤アキラから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    加藤アキラ(かとう あきら、1937年 - )は、芸術家。群馬県出身。1966年、第10回シェル美術賞展で佳作。1970年、京都国立近代美術館で行われた「現代美術の動向展」に出品後、不振に陥り制作活動を中止。1980年に活動を再開。1983年から3年連続で個展を開催。1998年には上毛芸術奨励賞特別賞を受賞。抽象的なフォルムのかもし出す現代的雰囲気が時代の寵児として脚光を浴びている。加藤アキラ フレッシュアイペディアより)

135件中 21 - 30件表示

「京都国立近代美術館」のニューストピックワード