102件中 61 - 70件表示
  • 河井寛次郎

    河井寛次郎から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    『河井寛次郎作品集―京都国立近代美術館所蔵 川勝コレクション』河井寛次郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハネス・イッテン

    ヨハネス・イッテンから見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    ヨハネス・イッテン 造形芸術への道(2003年-2004年。宇都宮美術館、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館)ヨハネス・イッテン フレッシュアイペディアより)

  • 新印象派

    新印象派から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    スーラと新印象派展1885-1905(2002年、高知県立美術館、宇都宮美術館、京都国立近代美術館、安田火災東郷青児美術館(損保ジャパン東郷青児美術館))新印象派 フレッシュアイペディアより)

  • 東松照明

    東松照明から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    2003年 - 「東松照明の写真 1972-2002」展(京都国立近代美術館)開催東松照明 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉為人

    冷泉為人から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    京都国立近代美術館勤務を経て、1978年(昭和53年)、大手前女子大学専任講師。1983年(昭和58年)、大手前女子大学助教授。1993年(平成5年)、大手前女子大学教授。冷泉為人 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷守一

    熊谷守一から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    『化粧』 1956年(昭和31年)、43.0×35.0cm、京都国立近代美術館熊谷守一 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア国立東洋美術館

    ロシア国立東洋美術館から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    ロシア国立東洋美術館は、1918年10月、政府管理によりモスクワに設立された、旧ソ連およびロシア連邦時代において東洋美術の収集を目的とした唯一の美術館である。日本をはじめ、中国、インド、イラン、中央アジア、コーカサスの各共和国などの素晴らしい美術品が多数収集されており、およそ100か国以上の国々の作品16万点以上が収蔵されている。中でも、日本の美術品は約8500点あり、そのうち484点の日本絵画コレクション(首藤定コレクション)が知られている。首藤定コレクションは当初は582点寄贈されたが、その後、文化省の命令によって57点の作品がロシア国内19か所の美術館、博物館に移され、また、1975年5月23日にソ連政府から、福田平八郎の作品41点が日本へ返還され、これらは京都国立近代美術館に収蔵された。また、浮世絵版画もストロガノフ美術大学の旧蔵品、イワノヴァ二シェンスキー旧蔵品など約2000点が収蔵されている。ロシア国立東洋美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 小池一子

    小池一子から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    企画した美術展は、「現代衣服の源流展」(1975年、京都国立近代美術館)、「フリーダ・カーロ展」(1989年、西武アートフォーラム)、「日本のライフスタイル50年 生活とファッションの出会いから展」(1998年?1999年、宇都宮美術館、広島市現代美術館)、「ヴェニス・ビエンナーレ第7界国際建築展」における日本館「少女都市」(2000年)など。小池一子 フレッシュアイペディアより)

  • 富山秀男

    富山秀男から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    東京生まれ。1953年東京教育大学芸術学科卒。東京国立近代美術館に勤務、次長、京都国立近代美術館館長、ブリヂストン美術館館長。富山秀男 フレッシュアイペディアより)

  • スパイラル (建築物)

    スパイラル (建築物)から見た京都国立近代美術館京都国立近代美術館

    秋葉台体育館・幕張メッセと並び、槇文彦の1980年代の代表作で、日本のポスト・モダン建築を代表する建築物の一つとして国際的に知られている。作風は、京都国立近代美術館・テピアと近い位置づけとされるが、ファサードは槇作品の中でも最も「複雑」といってよい。ただし、窓のプロポーションは槇作品そのものである。スパイラル (建築物) フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「京都国立近代美術館」のニューストピックワード