64件中 11 - 20件表示
  • シナファイ

    シナファイから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本では1973年に東京で高橋悠治が演奏したのが日本初演にあたり、そのときはバッハのピアノ協奏曲ニ短調も併演されている。1990年代に入り、当時京都市交響楽団の指揮者であった井上道義とピアニストの大井浩明によって東京と京都で演奏され、譜めくりをつけずに弾いた素晴らしい演奏が大変な話題を呼ぶこととなった。更なる再演は1997年に東京で永野英樹が演奏し、2005年にミュンヘンでまたも大井浩明が指揮者のアルチューロ・タマヨと演奏した記録などがあり、最近の日本の演奏家の水準の高さが現代音楽の分野で特に目立っている。シナファイ フレッシュアイペディアより)

  • 小山清茂

    小山清茂から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    京都市交響楽団の委嘱で作曲された。小山清茂 フレッシュアイペディアより)

  • 久保摩耶子

    久保摩耶子から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1979年にブールジュ電子音楽国際作曲コンクールで入賞してデビュー。ダルムシュタット夏季現代音楽講習会やドナウエッシンゲン現代音楽祭でも活躍し、代表作の「ピアノ協奏曲」やグラーツで初演されたオペラ「羅生門」では師の影響の強い作風を示す。日本でも京都市交響楽団によって「交響曲第2番」が日本初演されていた。久保摩耶子 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山康人

    杉山康人から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    同年8月 京都市交響楽団客演奏者( - 1991年)杉山康人 フレッシュアイペディアより)

  • 大山平一郎

    大山平一郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1990年にはリヨン歌劇場管弦楽団(フランス)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(イギリス)を指揮してヨーロッパデビューを果たし、翌1991年には京都市交響楽団を指揮して日本デビューを飾った。以降、客演指揮者として世界各国のオーケストラと共演を重ねる。大山平一郎 フレッシュアイペディアより)

  • カール・シュタインス

    カール・シュタインスから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1959年からはベルリン高等音楽学校で教鞭をとる。日本人ではNHK交響楽団元首席奏者の丸山盛三や、京都市交響楽団の呉山平煥などを教えた。カール・シュタインス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アニハーノフ

    アンドレイ・アニハーノフから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1991年からバレエ団に帯同する形で毎年来日を果たす。しかも一度来日すると、約3ヶ月間を連日のように公演をこなしていく強行軍だった。その後、歌劇場に帯同したり、オーケストラのみとの来日も増えて行った。2006年には単身来日して京都市交響楽団を振っている。2008年3月には単身来日し、牧阿佐美バレエ団に協力してロイヤル・メトロポリタン管弦楽団を指揮している。なお2009年には東京ニューシティ管弦楽団の客演指揮者に就任することが発表され、主催公演のほかバレエ公演も頻繁に指揮するようになった。このように日本における滞在時間がきわめて長いことで知られる。アンドレイ・アニハーノフ フレッシュアイペディアより)

  • 朝比奈千足

    朝比奈千足から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    これまでに国内の主要なオーケストラでは京都市交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などへの客演経験がある。1991年にはオーストラリアのクイーンズランド・フィルハーモニー管弦楽団(オーボエ独奏者:アンソニー・キャムデン)を率いて日本国内ツアーを行い、録音も行なわれた。慶應義塾のワグネル・ソサィエティーOBオーケストラ客演を始め、慶應義塾関連の式典等にも頻繁に出演している。また、『題名のない音楽会』への出演や深夜ラジオのDJを務めるなど、従来の指揮者像の枠を超えたスタイルを確立しつつある。朝比奈千足 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田繁

    岸田繁から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1976年、京都府京都市北区に生まれる。父親がクラシック好きであったため、幼少の頃からクラシックなどに親しんでいた。小学校時代は走るのは速かったが、球技などが苦手で目立たない子供だったと語っている。身長が低いことにもコンプレックスをもっていたとのこと。音楽面では京都市交響楽団の公演を父親とともに見に行くこともあったという。小学校6年生のとき、通っていた学習塾でいじめに遭いそれがきっかけで私立中学の受験を決意する。地元では、女の子には好かれていたという。岸田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 通崎睦美

    通崎睦美から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    デビュー以来、セルフプロデュースのもとマリンバ演奏のコンサートを続けてきたが、2005年2月、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会(井上道義指揮)にて、1944年に紙恭輔が作曲し平岡養一が初演を務めた「木琴協奏曲」を平岡の木琴で演奏。それがきっかけで、その木琴と500曲以上もの楽譜やマレットを譲り受けることとなる。以後、木琴を用いて平岡の軌跡をたどる新たな活動を開始。2007年7月、京都市交響楽団の演奏会(下野竜也指揮)において、林光による楽曲「木琴協奏曲〜夏の雲走る」初演を務めた。8月、木琴による初のCDを発表。通崎睦美 フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示