64件中 21 - 30件表示
  • 東京都交響楽団

    東京都交響楽団から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    地方自治体がオーケストラの運営に関与する例として日本では京都市交響楽団がある(過去には日本センチュリー交響楽団が大阪府により運営されていた)。日本以外では多くの管弦楽団・歌劇場(ドイツのザクセン州立のシュターツカペレ・ドレスデンやオーストリアのウィーン国立歌劇場など)が存在する。東京都交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ユリア・フィッシャー

    ユリア・フィッシャーから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2002年9月に初来日し、佐渡裕指揮京都市交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演した。以後、2003年4月(ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行)と2004年4月(現田茂夫指揮大阪センチュリー交響楽団との共演およびリサイタルの開催)に来日している。2009年6月にも来日予定であった(準メルクル指揮NHK交響楽団との共演およびリサイタル開催)が、自身の妊娠により来日が中止された。ユリア・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 小山由美

    小山由美から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2011年は国内での演奏予定も多く、歌劇「アイーダ」(3月5日びわ湖ホール、3月21日神奈川県民ホール)、「湘南台トワイライトコンサート ?ブラームスの肖像Vol4?」(3月26日藤沢市湘南台文化センター)、大阪フィルハーモニー交響楽団第448回定期演奏会(5月19・20日ザ・シンフォニーホール)、京都市交響楽団第548回定期演奏会においてマーラー「交響曲第3番・ニ短調」(7月24日京都コンサートホール)、また2007年にグラミー賞二冠を受賞し日本初演となるオスバルド・ゴリホフ作曲の「アイナダマール(涙の泉)」(9月10日新国立劇場 中劇場)等への出演が予定されている。小山由美 フレッシュアイペディアより)

  • エルナーニ

    エルナーニから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    本格的な意味での日本初演は21世紀に入っての2002年10月26日、びわ湖ホールにて「びわ湖ホール・プロデュースオペラ」として上演されたもので、同公演は「日本初演」と謳っていた。配役は福井敬(エルナーニ)、福島明也(ドン・カルロ)、小鉄和広(シルヴァ)、小濱妙美(エルヴィーラ)他、若杉弘指揮、京都市交響楽団の管弦楽であった。エルナーニ フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (佐村河内守)

    交響曲第1番 (佐村河内守)から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    第1楽章、第3楽章のみの初演は2008年9月1日に広島厚生年金会館において、「G8議長サミット記念コンサート~広島のメッセージを世界に」の枠内で、秋山和慶指揮、広島交響楽団により行われた。その後第1楽章・第3楽章のみの改訂版が2010年4月4日に東京芸術劇場において、大友直人指揮、東京交響楽団によって行われた。全曲初演は2010年8月14日、京都コンサートホールにおいて、秋山和慶指揮、京都市交響楽団により行われた。交響曲第1番 (佐村河内守) フレッシュアイペディアより)

  • 京都会館

    京都会館から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    「第一ホール」は京都府内で唯一2,000席の座席を越えるホールである。1960年から1995年まで京都市交響楽団定期演奏会が行われていた。京都会館 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村翔子

    澤村翔子から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2012年12月 - 京都市交響楽団 京都コンサートホール 特別演奏会「第九コンサート」メゾ・ソプラノ 澤村翔子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤俊太郎

    佐藤俊太郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本では、札幌交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団などに客演。佐藤俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • グレブ・ニキティン

    グレブ・ニキティンから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2000年10月から2006年3月まで東京交響楽団のコンサートマスター、京都市交響楽団のコンサートマスターを経て、2008年7月1日より東京交響楽団第1コンサートマスターに就任。2007年9月にはゲストコンサートマスターとしてモントリオール交響楽団に招かれ、ケント・ナガノと共演。グレブ・ニキティン フレッシュアイペディアより)

  • エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト

    エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    空白期を挟んで、1997年の生誕100周年前後、1996年9月に、オペラ『死の都』がコンサートオペラ形式で、井上道義指揮京都市交響楽団で日本初演され、『交響曲嬰ヘ調』は、1999年4月に、山下一史指揮グリーン・ユース・オーケストラによって日本初演された。また、1998年には初の日本語によるコルンゴルトの評伝、『コルンゴルトとその時代---“現代”に翻弄された天才作曲家』(みすず書房、早崎隆志著、ISBN 978-4622044161)が出版された。エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示