94件中 21 - 30件表示
  • ツトム・ヤマシタ

    ツトム・ヤマシタから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    5歳よりピアノを始め、8歳より打楽器を始める。学生時代より地元の京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団等に参加した後、1964年、17歳で渡米し、ニューヨークのジュリアード音楽院で学ぶ。1967年にボストンのバークリー音楽院に入学。シカゴ室内管弦楽団との共演などを通じてキャリアを積んでいく。小澤征爾指揮、ニューヨーク・フィルの演奏会で武満徹作曲の打楽器協奏曲「カシオペア」のソリストなどを務める。ツトム・ヤマシタ フレッシュアイペディアより)

  • 京都府の歌

    京都府の歌から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    京都府は長らく府歌を制定していなかったが、1988年(昭和63年)の京都国体と1994年(平成6年)の平安建都1200年記念を控えて府歌制定委員会が組織され歌詞の公募を実施した。入賞した歌詞を府歌制定委員会が補作し、制定委員の團伊玖磨が作曲を行い1984年(昭和59年)3月22日に全国44番目(通説では1947年制定の「兵庫県民歌」を飛ばして43番目)の都道府県民歌として制定されたのが本曲である。制定に際しては京都会館で発表式が行われ、京都市交響楽団が初演奏を行っている。京都府の歌 フレッシュアイペディアより)

  • サントリー音楽賞

    サントリー音楽賞から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    第46回(2014年度) 広上淳一と京都市交響楽団サントリー音楽賞 フレッシュアイペディアより)

  • 死の都

    死の都から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本においては、まず1996年9月8日に井上道義の指揮する京都市交響楽団が京都コンサートホールにおいて演奏会形式で初演。舞台初演は2014年3月8日に沼尻竜典の指揮、栗山昌良の演出でびわ湖ホールにおいて行われた。死の都 フレッシュアイペディアより)

  • ユリア・フィッシャー

    ユリア・フィッシャーから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2002年9月に初来日し、佐渡裕指揮京都市交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演した。以後、2003年4月(ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行)と2004年4月(現田茂夫指揮大阪センチュリー交響楽団との共演およびリサイタルの開催)に来日している。2009年6月にも来日予定であった(準メルクル指揮NHK交響楽団との共演およびリサイタル開催)が、自身の妊娠により来日が中止された。ユリア・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • カール・シュタインス

    カール・シュタインスから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1959年からはベルリン高等音楽学校で教鞭をとる。日本人ではNHK交響楽団元首席奏者の丸山盛三や、京都市交響楽団の呉山平煥などを教えた。カール・シュタインス フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (佐村河内守)

    交響曲第1番 (佐村河内守)から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    第1楽章、第3楽章のみの初演は2008年9月1日に広島厚生年金会館において、「G8議長サミット記念コンサート〜広島のメッセージを世界に」の枠内で、秋山和慶指揮、広島交響楽団により行われた。その後第1楽章・第3楽章のみの改訂版初演が2010年4月4日に東京芸術劇場において、大友直人指揮、東京交響楽団によって行われた。作曲家の吉松隆がこの東京初演を日本コロムビアの関係者に紹介したことが後のCD化の契機となった。全曲初演は2010年8月14日、京都コンサートホールにおいて、秋山和慶指揮、京都市交響楽団により行われた。交響曲第1番 (佐村河内守) フレッシュアイペディアより)

  • 菊本和昭

    菊本和昭から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    西宮市立今津中学校吹奏楽部にてトランペットを始める。私立洛南高等学校を経て、京都市立芸術大学を首席卒業、および同大学院首席修了。2004年、京都市交響楽団に入団。2011年3月、NHK交響楽団契約楽員。菊本和昭 フレッシュアイペディアより)

  • シナファイ

    シナファイから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本では1973年に東京で高橋悠治が演奏したのが日本初演にあたり、そのときはバッハのピアノ協奏曲ニ短調も併演されている。1990年代に入り、当時京都市交響楽団の指揮者であった井上道義とピアニストの大井浩明によって東京と京都で演奏され、譜めくりをつけずに弾いた素晴らしい演奏が大変な話題を呼ぶこととなった。更なる再演は1997年に東京で永野英樹が演奏し、2005年にミュンヘンでまたも大井浩明が指揮者のアルチューロ・タマヨと演奏した記録などがあり、最近の日本の演奏家の水準の高さが現代音楽の分野で特に目立っている。シナファイ フレッシュアイペディアより)

  • 柳澤寿男

    柳澤寿男から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    デビュー以降、札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、新星日本交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団(2013年11月予定)、兵庫県芸術文化センター管弦楽団などに客演を果たしている。柳澤寿男 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「京都市交響楽団」のニューストピックワード