94件中 31 - 40件表示
  • 工藤千博

    工藤千博から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    京都市交響楽団のコンサートマスターに就任し、2006年3月まで務めた。工藤千博 フレッシュアイペディアより)

  • 店村眞積

    店村眞積から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2001年よりNHK交響楽団首席ソリストを務めた。2011年6月、東京都交響楽団の特任首席奏者に就任し、N響を退団。現在、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラメンバー。2012年9月から京都市交響楽団ソロ首席ヴィオラ奏者に就任。店村眞積 フレッシュアイペディアより)

  • 堀俊輔

    堀俊輔から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    指揮科卒業後、読売日本交響楽団、新星日本交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、九州交響楽団など国内各地の主要オーケストラに客演。堀俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • 山田一雄

    山田一雄から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1960年から首都圏へ返り咲き手始めに東京交響楽団、1966年から日本合唱協会、1968年から群馬交響楽団、1972年から京都市交響楽団の各音楽監督等を務め、1977年からは新星日本交響楽団の顧問(没後、新星日本時代・合併後の東フィル時代を通じて永久名誉指揮者)となるなど、多くのオーケストラとの共演を重ねた。1985年2月のN響定期公演で、病気で出演キャンセルしたオットマール・スウィトナーの代役として渡邉暁雄とともに出演し、十八番のモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」と、マーラーの交響曲第5番を指揮した。山田がN響の定期公演を指揮したのはこれが最後となった(「N響」の定期への登場は、これ以外では1976年に一度あるのみである。但し、定期以外の放送枠、例えばNHK総合テレビの30分番組「プロムナード・コンサート」では1960年代からN響で頻繁に通俗名曲を指揮していた。)。1990年から翌1991年にかけて楽壇生活50周年を祝う各地のコンサートに出演、札幌交響楽団のベートーヴェン・シリーズを指揮(録音されCD化)。1990年11月26日のN響での祝賀コンサートが、山田とN響の最後の共演となった。山田一雄 フレッシュアイペディアより)

  • エルナーニ

    エルナーニから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    本格的な意味での日本初演は21世紀に入っての2002年10月26日、びわ湖ホールにて「びわ湖ホール・プロデュースオペラ」として上演されたもので、同公演は「日本初演」と謳っていた。配役は福井敬(エルナーニ)、福島明也(ドン・カルロ)、小鉄和広(シルヴァ)、小濱妙美(エルヴィーラ)他、若杉弘指揮、京都市交響楽団の管弦楽であった。エルナーニ フレッシュアイペディアより)

  • 田中弘 (トランペット奏者)

    田中弘 (トランペット奏者)から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1975年よりトランペットを井上正彦(当時名古屋フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者)、斉藤広義、加藤隆功、谷山純一、宮村聡(元・京都市交響楽団首席トランペット奏者)に師事。田中弘 (トランペット奏者) フレッシュアイペディアより)

  • デリック・イノウエ

    デリック・イノウエから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本では、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、札幌交響楽団、日本センチュリー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、セントラル愛知交響楽団などに客演している。デリック・イノウエ フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人平安女学院

    学校法人平安女学院から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1975年、100周年記念演奏会を京都市交響楽団を迎えて行う。学校法人平安女学院 フレッシュアイペディアより)

  • 大山平一郎

    大山平一郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1990年にはリヨン歌劇場管弦楽団(フランス)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(イギリス)を指揮してヨーロッパデビューを果たし、翌1991年には京都市交響楽団を指揮して日本デビューを飾った。以降、客演指揮者として世界各国のオーケストラと共演を重ねる。大山平一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 森正

    森正から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    初めはフルート奏者として盛んに活動、尾高尚忠にフルート協奏曲の作曲を委嘱し初演するなど、吉田雅夫と並ぶ名手として活躍した。その後、齋藤秀雄に指揮法を師事し、指揮者としての活動を開始する。東京交響楽団、藤原歌劇団の指揮、京都市交響楽団常任指揮者、九州交響楽団常任指揮者、東京都交響楽団音楽監督兼常任指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽総監督を経て、NHK交響楽団の正指揮者となる。大河ドラマのテーマ曲指揮や、NHK教育テレビの『フルート教室』等に出演するなど、放送関係の仕事も数多かった。また桐朋学園大学教授として、死の直前まで後進の指導に情熱を燃やし続けた。森正 フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「京都市交響楽団」のニューストピックワード