64件中 31 - 40件表示
  • 松永貴志

    松永貴志から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    11月 - 京都コンサートホールで開催されたコンサートで、京都市交響楽団(現田茂夫指揮)と共演。<演奏曲:モーツァルト、ピアノ協奏曲第20番二短調K.466> 芦屋市制70周年記念事業にて演奏。松永貴志 フレッシュアイペディアより)

  • 田中希代子

    田中希代子から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1967年12月、一時帰国のつもりで帰国するが、その後体調を崩し、年末年始のヨーロッパ・コンサートツアーをキャンセル。手の指が開かなくなり、関節が痛み、高熱が続く。病院では過労による急性肝機能障害と診断。すぐに治るものと思い、1968年から東京に演奏活動の拠点を置くが、長期間の投薬治療にも症状は好転せず、度重なる検査の結果、難病の膠原病と診断され、演奏活動が困難になる。それでもマッサージをしたり、手に直接鎮痛剤を打ちながらコンサートを続けていたが、1968年3月、京都市交響楽団との協演で、ショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏した際、第1楽章のコーダに入るところで痛みの為に止まってしまい、あっと小さな声をあげて弾き直しをするという事態になり、これがオーケストラと協演した最後のステージとなった。その後も病は進行し、様々な療法を試みるも症状は悪化の一途をたどり、ついに1970年、日生劇場で最後のリサイタルを開き、完全に演奏活動を引退した。同年、父詠人が死去。田中希代子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中弘 (トランペット奏者)

    田中弘 (トランペット奏者)から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1975年よりトランペットを井上正彦(当時名古屋フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者)、斉藤広義、加藤隆功、谷山純一、宮村聡(元・京都市交響楽団首席トランペット奏者)に師事。田中弘 (トランペット奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 京都コンサートホール

    京都コンサートホールから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    平安京建都1200年記念事業の一環として京都市が建設した。指定管理者制度を導入し、公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団が管理・運営している。シューボックス型の大ホールにパイプオルガンが設置されている。京都市交響楽団の本拠地。1995年竣工。設計は磯崎新。京都コンサートホール フレッシュアイペディアより)

  • 大友直人

    大友直人から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1995年、京都市交響楽団の正指揮者に就任。1996年より同楽団・首席指揮者、2001年より常任指揮者に就任し、2004年からはアーティスティック・アドヴァイザーを兼任。2008年度より常任を辞し、同楽団史上初の桂冠指揮者を務めている。大友直人 フレッシュアイペディアより)

  • 広上淳一

    広上淳一から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2008年4月より、京都市交響楽団の常任指揮者に就任。広上淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 菊本和昭

    菊本和昭から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    西宮市立今津中学校吹奏楽部にてトランペットを始める。私立洛南高等学校を経て、京都市立芸術大学を首席卒業、及び同大学院首席修了。2004年、京都市交響楽団に入団。2011年3月、NHK交響楽団契約楽員。菊本和昭 フレッシュアイペディアより)

  • ツトム・ヤマシタ

    ツトム・ヤマシタから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    5歳よりピアノを始め、8歳より打楽器を始める。学生時代より地元の京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団等に参加した後、1964年、17歳で渡米し、ニューヨークのジュリアード音楽院で学ぶ。1967年にボストンのバークリー音楽院に入学。シカゴ室内管弦楽団との共演などを通じてキャリアを積んでいく。小澤征爾指揮、ニューヨーク・フィルの演奏会で武満徹作曲の打楽器協奏曲「カシオペア」のソリストなどを務める。ツトム・ヤマシタ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市音楽団

    大阪市音楽団から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    京都市交響楽団 - 京都市直営のオーケストラとして設立。2009年に市の管轄する財団法人に運営移管。団員の身分は現在も京都市の非常勤嘱託員である。大阪市音楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 洛南高等学校・附属中学校

    洛南高等学校・附属中学校から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    岡本哲 - トロンボーン奏者、京都市交響楽団首席奏者洛南高等学校・附属中学校 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示