64件中 41 - 50件表示
  • 小林研一郎

    小林研一郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本での活動は、東京交響楽団(客演指揮者→正指揮者→首席客演指揮者)、東京都交響楽団正指揮者を皮切りに、京都市交響楽団常任指揮者(1985年4月 - 1987年3月)、日本フィルハーモニー交響楽団首席指揮者(1988年 - 1990年)、常任指揮者(1990年 - 1994年、1997年 - 2004年)、首席客演指揮者(1994年 - 1997年)、音楽監督(2004年 - 2007年)、桂冠指揮者(2010年 - )関西フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、九州交響楽団首席客演指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽総監督・音楽監督(現在は同楽団桂冠指揮者)、読売日本交響楽団特別客演指揮者(2011年8月 - )などを歴任している。小林研一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岩城宏之

    岩城宏之から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    名古屋フィルハーモニー交響楽団初代音楽総監督、NHK交響楽団正指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、東京混声合唱団音楽監督、京都市交響楽団首席客演指揮者、札幌交響楽団桂冠指揮者、メルボルン交響楽団終身桂冠指揮者。夫人は、ピアニストの木村かをり。指揮活動のほかにも、打楽器奏者としての演奏活動、テレビ・ラジオへの出演、プロデューサー、音楽アドバイザー、執筆など多彩な活動を行った。また、東京藝術大学指揮科客員教授として後進の育成にも当たった。岩城宏之 フレッシュアイペディアより)

  • 山田一雄

    山田一雄から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1960年から首都圏へ返り咲き手始めに東京交響楽団、1966年から日本合唱協会、1968年から群馬交響楽団、1972年から京都市交響楽団の各音楽監督等を務め、1977年からは新星日本交響楽団の顧問(没後、新星日本時代・合併後の東フィル時代を通じて永久名誉指揮者)となるなど、多くのオーケストラとの共演を重ねた。1985年2月のN響定期公演で、病気で出演キャンセルしたオットマール・スウィトナーの代役として渡邉暁雄とともに出演し、十八番のモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」と、マーラーの交響曲第5番を指揮した。山田がN響の定期公演を指揮したのはこれが最後となった(「N響」の定期への登場は、これ以外では1976年に一度あるのみである。但し、定期以外の放送枠、例えばNHK総合テレビの30分番組「プロムナード・コンサート」では1960年代からN響で頻繁に通俗名曲を指揮していた。)。1990年から翌1991年にかけて楽壇生活50周年を祝う各地のコンサートに出演、札幌交響楽団のベートーヴェン・シリーズを指揮(録音されCD化)。1990年11月26日のN響での祝賀コンサートが、山田とN響の最後の共演となった。山田一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 森正

    森正から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    初めはフルート奏者として盛んに活動、尾高尚忠に「フルート協奏曲」の作曲を委嘱し初演するなど、吉田雅夫と並ぶ名手として活躍。その後、齋藤秀雄に指揮法を師事し、指揮者としての活動を開始。東京交響楽団、藤原歌劇団の指揮、京都市交響楽団常任指揮者、九州交響楽団常任指揮者、東京都交響楽団音楽監督兼常任指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽総監督を経て、NHK交響楽団の正指揮者となる。NHK交響楽団との関係が深く、大河ドラマのテーマ曲指揮も数多く担当している。森正 フレッシュアイペディアより)

  • アラム・ハチャトゥリアン

    アラム・ハチャトゥリアンから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1963年 - 来日。京都市交響楽団、結成直後の読売日本交響楽団と共演する。アラム・ハチャトゥリアン フレッシュアイペディアより)

  • キュウ・ウォン・ハン

    キュウ・ウォン・ハンから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2012年10月 ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス 京都市交響楽団(指揮:広上淳一)キュウ・ウォン・ハン フレッシュアイペディアより)

  • 藤川真弓

    藤川真弓から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    北海道旭川市出身。3歳から小学校教諭の父親にヴァイオリンの手ほどきを受ける。桐朋女子高校で斉藤秀雄、宗倫安らに師事。卒業後ベルギー王立音楽院に留学し、フランツ・ヴィジー、レオニード・コーガンに師事。その後ヘンリク・シェリングの薫陶も受けた。1966年日本音楽コンクールバイオリン部門2位・ベルギー国際音楽コンクール1位。1970年チャイコフスキー国際コンクールで2位となり、翌年ユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団でアメリカデビュー。以後欧米を中心に演奏活動を続ける傍ら、2年に1度のペースで帰国。NHK交響楽団・京都市交響楽団などと共演。海外で通用する数少ない日本人ソリストの1人で、第7回・9回のチャイコフスキーコンクールでは審査員も努めた。代表盤には『モーツァルト協奏曲全集(79・80年録音)』など。藤川真弓 フレッシュアイペディアより)

  • 外山雄三

    外山雄三から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    大学卒業後、NHK交響楽団に入団。1958年?1959年にはウィーンやザルツブルクに留学。その後、大阪フィルハーモニー交響楽団では専属指揮者を、京都市交響楽団では常任指揮者を、名古屋フィルハーモニー交響楽団では音楽総監督・常任指揮者を、仙台フィルハーモニー管弦楽団及び神奈川フィルハーモニー管弦楽団で音楽監督をそれぞれ歴任した。外山雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 朝比奈隆

    朝比奈隆から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    関西並びに中国地方では、大阪フィル以外には京都市交響楽団や倉敷音楽祭祝祭管弦楽団を多く指揮した。倉敷ではベートーヴェンの全交響曲を演奏したが、それと共にモーツァルトの交響曲も取り上げた。関西フィルハーモニー管弦楽団は、経営的には大阪フィルと非友好的な関係にあるにもかかわらず、一度だけ客演した。朝比奈隆 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・シュヴァルツ

    ペーター・シュヴァルツから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本では、札幌交響楽団常任指揮者(1970年 - 1975年)として活躍。読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、九州交響楽団などに客演した。ペーター・シュヴァルツ フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示