94件中 51 - 60件表示
  • 京都コンサートホール

    京都コンサートホールから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    平安京建都1200年記念事業の一環として京都市が建設した。指定管理者制度を導入し、公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団が管理・運営している。シューボックス型の大ホールにパイプオルガンが設置されている。京都市交響楽団の本拠地。1995年竣工。設計は磯崎新。京都コンサートホール フレッシュアイペディアより)

  • 垣内悠希

    垣内悠希から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2012年、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会を指揮して東京デビュー。2013年、小澤征爾の推挙を受けて小澤征爾音楽塾に出演。読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、九州交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などに客演。垣内悠希 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤俊太郎

    佐藤俊太郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本では、札幌交響楽団、京都市交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などに客演している。佐藤俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東乾 (作曲家)

    伊東乾 (作曲家)から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    天涯の碑(オーケストラ)A Crucifix in Exile(1991-92)(京都市交響楽団委嘱作品)伊東乾 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • 村川千秋

    村川千秋から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1966年 - 帰国。東京交響楽団の客員指揮者としてデビュー。以後同楽団・札幌交響楽団・日本フィルハーモニー交響楽団・京都市交響楽団などを指揮する。村川千秋 フレッシュアイペディアより)

  • 小山菁山

    小山菁山から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1987年 京都市交響楽団特別演奏会でソリストとして2曲競演小山菁山 フレッシュアイペディアより)

  • 三ツ橋敬子

    三ツ橋敬子から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    古典音楽から現代音楽まで幅広い演目を持ち、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、トスカーナ管弦楽団、プラハ放送交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア音楽祭交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、群馬交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、京都市交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、仙台フィルハーモニー管弦楽団などのオーケストラと共演。三ツ橋敬子 フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・カザルス

    パブロ・カザルスから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1961年、弟子の平井丈一朗のために来日。東京交響楽団、京都市交響楽団を指揮。文京公会堂でスズキ・メソードで学ぶ児童400人の演奏を聴き「世界は音楽で救われるだろう」と述べる。パブロ・カザルス フレッシュアイペディアより)

  • 岩城宏之

    岩城宏之から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    名古屋フィルハーモニー交響楽団初代音楽総監督、NHK交響楽団正指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、東京混声合唱団音楽監督、京都市交響楽団首席客演指揮者、札幌交響楽団桂冠指揮者、メルボルン交響楽団終身桂冠指揮者を務めた。ピアニストの木村かをりは妻。指揮活動のほかにも、打楽器奏者としての演奏活動、テレビ・ラジオへの出演、プロデューサー、音楽アドバイザー、執筆など多彩な活動を行った。また、東京藝術大学指揮科客員教授として後進の育成にも当たった。岩城宏之 フレッシュアイペディアより)

  • フルヴィオ・ヴェルニッツィ

    フルヴィオ・ヴェルニッツィから見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    ブッセートの生まれ。1930年にパルマ音楽院に入学し、ジュゼッペ・アレッサンドロにヴァイオリン、ジョヴァンニ・ダマートにトランペット、アキーレ・ロンゴに音楽学、ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニに作曲を学び、音楽院在学中より、自ら合奏団を結成して音楽活動を行った。1938年にディプロマを得て卒業し、1939年にファシスト党の全国余暇事業団のコンサートに参加している。1945年にパルマ王立歌劇場でヴァイオリニストのジャンニーノ・カルピと共演して改めて指揮者としてデビューを飾る。1953年からトリノ・イタリア放送交響楽団を指揮するようになり、ミラノ・イタリア放送交響楽団も振るようになった。1972年からはトリノ王立歌劇場の芸術監督に就任。1977年から再三来日するようになり、1982年から1984年まで京都市交響楽団の常任指揮者を務めた。1987年にスイス・イタリア語放送管弦楽団に客演して以降は表舞台から遠ざかった。フルヴィオ・ヴェルニッツィ フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示

「京都市交響楽団」のニューストピックワード