94件中 81 - 90件表示
  • 渡邉暁雄

    渡邉暁雄から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1970年 - 1972年 京都市交響楽団音楽監督・常任指揮者渡邉暁雄 フレッシュアイペディアより)

  • 広上淳一

    広上淳一から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2008年4月より、京都市交響楽団の常任指揮者に就任(2014年4月より常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー)。広上淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 通崎睦美

    通崎睦美から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    デビュー以来、セルフプロデュースのもとマリンバ演奏のコンサートを続けてきたが、2005年2月、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会(井上道義指揮)にて、1944年に紙恭輔が作曲し平岡養一が初演を務めた「木琴協奏曲」を平岡の木琴で演奏。それがきっかけで、その木琴と500曲以上もの楽譜やマレットを譲り受けることとなる。以後、木琴を用いて平岡の軌跡をたどる新たな活動を開始。2007年7月、京都市交響楽団の演奏会(下野竜也指揮)において、林光による楽曲「木琴協奏曲〜夏の雲走る」初演を務めた。8月、木琴による初のCDを発表。2012年に「忘れられた響き 木琴王・平岡養一」で第19回小学館ノンフィクション大賞最終候補。同作を改稿した『木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」』を講談社より出版する。通崎睦美 フレッシュアイペディアより)

  • 小山由美

    小山由美から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    2012年に入ると、広島交響楽団第316回定期演奏会 沼尻竜介指揮 コンサート形式「タンホイザー」 ヴェーヌス役(2月24日)、京都市交響楽団 ワーグナー作曲 歌劇「タンホイザー」 ヴェーヌス役(3月10日びわ湖ホール)および 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 同 (3月25日神奈川県民ホール)、世界アマチュアオーケストラフェスティバル in静岡 松尾葉子指揮 マーラー作曲「交響曲2番 復活」(8月19日清水文化会館(マリナート))、スーパー・コーラス・トーキョー特別講演 東京都交響楽団 E.インバル指揮 マーラー作曲「嘆きの歌」(10月3日東京文化会館)、日生劇場開場50周年記念公演 下野竜也指揮 読売日本交響楽団 A・ライマン作曲 オペラ「 メデア」 ゴラ役(11月9日・11日日生劇場)、第9特別演奏会 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 飯守泰次郎指揮 ベートーベン「第9」(12月28日東京文化会館)小山由美 フレッシュアイペディアより)

  • 細川俊夫 (作曲家)

    細川俊夫 (作曲家)から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    遠景?:オーケストラのための(京都市委嘱作品/小林研一郎指揮、京都市交響楽団初演)細川俊夫 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • 小林研一郎

    小林研一郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    日本での活動は、東京交響楽団(客演指揮者→正指揮者→首席客演指揮者)、東京都交響楽団正指揮者を皮切りに、京都市交響楽団常任指揮者(1985年4月 - 1987年3月)、日本フィルハーモニー交響楽団首席指揮者(1988年 - 1990年)、常任指揮者(1990年 - 1994年、1997年 - 2004年)、首席客演指揮者(1994年 - 1997年)、音楽監督(2004年 - 2007年)、桂冠指揮者(2010年 - )関西フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、九州交響楽団首席客演指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽総監督・音楽監督(現在は同楽団桂冠指揮者)、読売日本交響楽団特別客演指揮者(2011年8月 - )などを歴任している。小林研一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大友直人

    大友直人から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1995年京都市交響楽団正指揮者に就任。1996年より同楽団首席指揮者、2001年より常任指揮者に就任し、2004年からはアーティスティック・アドヴァイザーを兼任。2008年に常任指揮者を辞し、同楽団初となる桂冠指揮者の称号を得る。大友直人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤功太郎

    佐藤功太郎から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    京都市交響楽団:副指揮者(1970年 - 1972年)、指揮者(1980年 - 1983年)佐藤功太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田中希代子

    田中希代子から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    1967年12月、一時帰国のつもりで帰国するが、その後体調を崩し、年末年始のヨーロッパ・コンサートツアーをキャンセル。手の指が開かなくなり、関節が痛み、高熱が続く。病院では過労による急性肝機能障害と診断。すぐに治るものと思い、1968年から東京に演奏活動の拠点を置くが、長期間の投薬治療にも症状は好転せず、度重なる検査の結果、難病の膠原病と診断され、演奏活動が困難になる。それでもマッサージをしたり、手に直接鎮痛剤を打ちながらコンサートを続けていたが、1968年3月、京都市交響楽団との協演で、ショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏した際、第1楽章のコーダに入るところで痛みの為に止まってしまい、あっと小さな声をあげて弾き直しをするという事態になり、これがオーケストラと協演した最後のステージとなった。その後も病は進行し、様々な療法を試みるも症状は悪化の一途をたどり、ついに1970年、日生劇場で最後のリサイタルを開き、完全に演奏活動を引退した。同年、父詠人が死去。田中希代子 フレッシュアイペディアより)

  • イムジン河

    イムジン河から見た京都市交響楽団京都市交響楽団

    その後は長らく北朝鮮ではステージで披露されることもなかった。1978年に金洪才が管弦楽用に編曲したものが東京で開催された「朝鮮管弦楽集」で初演され、1987年には京都市交響楽団の訪朝公演で披露された。イムジン河 フレッシュアイペディアより)

94件中 81 - 90件表示

「京都市交響楽団」のニューストピックワード