32件中 11 - 20件表示
  • 白河別業

    白河別業から見た京都市動物園京都市動物園

    現在の岡崎公園、京都市動物園周辺がその跡地と考えられている。白河別業 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市国際交流会館

    京都市国際交流会館から見た京都市動物園京都市動物園

    京都市営バス京都岡崎ループ「南禅寺・疏水記念館・動物園東門前」徒歩1分、5・46・急行100・急行110系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」徒歩10分京都市国際交流会館 フレッシュアイペディアより)

  • 大鳥居 (平安神宮)

    大鳥居 (平安神宮)から見た京都市動物園京都市動物園

    平安神宮の周辺は岡崎公園として整備されており、文化ゾーンになっている。大鳥居を挟んで西には京都府立図書館、京都国立近代美術館、京都会館、東には京都市美術館、京都市動物園などがある。大鳥居 (平安神宮) フレッシュアイペディアより)

  • ポチ (アシカ)

    ポチ (アシカ)から見た京都市動物園京都市動物園

    アシカたちは上野動物園に4頭(メス1頭、オス3頭)、東山動物園、京都市紀念動物園、大阪市天王寺動物園、宝塚動植物園、小倉到津遊園(現在の到津の森公園)、熊本動物園、鹿児島鴨池動物園(現在の鹿児島市平川動物公園)にそれぞれ2頭ずつが送られ、すぐに各園の人気者となった。アシカたちが上野動物園に来園して約1か月後の11月16日、昭和天皇と香淳皇后は、東京都美術館で開催されていた日展を観覧後に上野動物園を訪れた。2人は象の体重測定などを観た後、アシカ池に立ち寄った。投げ与えられるエサの魚をアシカたちが泳ぎ回って巧みに受け取る姿を興味深げに見ていた昭和天皇は、自らも魚を手に取ってアシカに投げ与えた。香淳皇后も続いて魚を投げ与え、2人はアシカがエサを追って縦横に泳ぎ回る姿に興じていた。「人間天皇」のこの行動に対して、周囲の観客から2人に向けて拍手が起こるほどであった。ポチ (アシカ) フレッシュアイペディアより)

  • デビー (ホッキョクグマ)

    デビー (ホッキョクグマ)から見た京都市動物園京都市動物園

    なお、デビーはその生涯中に6頭の子を「スキッパー」(Skipper、1999年に34歳で死亡)との間に儲けている。そのうち「ポール」(1974年12月生)は1975年に京都市動物園に迎えられ、2009年5月22日まで生存していた。デビー (ホッキョクグマ) フレッシュアイペディアより)

  • 戦時猛獣処分

    戦時猛獣処分から見た京都市動物園京都市動物園

    その後、1944年(昭和19年)前半から、日本各地の他の動物園でも本格的に戦時猛獣処分が行われた。1944年3月に宝塚動植物園、大阪市立動物園(10種25頭処分)、京都市動物園(13頭処分)が実施したほか、仙台市立動物園や福岡市記念動物園(6月6日)も続いた。愛知県の東山動物園では、1943年10月-11月にライオン2頭(うち1頭は試射用)とクマ1頭だけは軍の要請を受けた市長の指示によって殺処分されたが、残りの多くは立地条件の良さや北王英一園長など当時の園関係者の努力と懇願によって猛獣飼育が続けられた。しかし、警備に協力する猟友会からは激しく非難されていた。その東山動物園でも、1944年12月13日の名古屋空襲に至り、「内務省からも射殺命令が出た」とする猟友会からの強硬な要請を受けて、ついにライオン2頭・ヒョウ2頭・トラ1頭・クマ2頭を銃殺した。数日後にも、残るクマ8頭が処分された。動物園以外のサーカスなどで飼育されていた猛獣に関しても、ひと足早く1943年10月には警視庁から処分命令が出され、ライオン52頭などが処分対象となった。戦時猛獣処分 フレッシュアイペディアより)

  • 天王寺公園

    天王寺公園から見た京都市動物園京都市動物園

    1915年 上野(東京)、岡崎(京都)に次いで国内3番目の大阪市天王寺動物園が開園。天王寺公園 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿男あをによし

    鹿男あをによしから見た京都市動物園京都市動物園

    卑弥呼に鎮めの役目を引き受ける代わりに、目の力によって人に化ける方法を教えてもらった。狐も儀式を行うが、今は京都市動物園の中にいて、自らの「使い番」以外には話し掛けないという。このため、本編には登場していない。使い番をつとめた人物曰く、『紳士』的。鹿男あをによし フレッシュアイペディアより)

  • 上田吉二郎

    上田吉二郎から見た京都市動物園京都市動物園

    稲垣は上田について、時代をとらえる敏感なところもあったが、一面にこうした間抜けなところもあったといい、稲垣の『宮本武蔵』(1940年)で演じた秩父の熊五郎の演技が評判となると、「あの演技を考案するため岡崎の動物園に日参して熊の動作を研究した」などといたるところで自慢して歩いていたという。稲垣は「彼には奥ゆかしさとか、ひかえ目というものがない。そこがいいところでもあったし、また、人から嫌われるところでもあったのだ」とし、「だが彼の演技研究の熱心だったことは認めなければならない。それを彼自身が口に出して売り込むから安っぽくなるのだが、その安っぽさも実は彼らしいところでもあるわけである」と評している。黒澤明の『羅生門』がグランプリをとると、「グランプリ受賞の羅生門出演、上田吉二郎」と印刷した葉書半分ほどの大きな名刺をつくって話題となった。このように上田は「赤ちょうちん的な脇役」だった。上田吉二郎 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンアシカ

    ニホンアシカから見た京都市動物園京都市動物園

    新聞による文献調査から京都市動物園・熊本動物園(現:熊本市動植物園)・神戸市諏訪山動物園(現:神戸市立王子動物園)・堺水族館・天王寺動物園・東山動物園(現:東山動植物園)・箱崎水族館・阪神パーク阪神水族館に収容されていた可能性がある。最も古い記録は京都市紀念動物園(現:京都市動物園)で1903年の開園時に隠岐産の2頭が収容された記録がある。天王寺動物園ではリャンコウ大王と呼称されたオスの成獣も含め、2005年現在6頭の剥製標本が現存している。ニホンアシカ フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「京都市動物園」のニューストピックワード