132件中 101 - 110件表示
  • スナッピー (犬)

    スナッピー (犬)から見た人工授精人工授精

    2006年7月、ソウル大の研究チームは「スナッピーの配偶者になるめすのクローン犬」を作成したことを明らかにした。すべて犬種はアフガン・ハウンドで、初めに生まれた2匹はそれぞれボナ、ピースと名付けられた。2008年、スナッピーとボナおよびピースとの間に人工授精によって10匹の子犬が誕生し、うち9匹が生存した。これは知られている限り初めて行われたイヌ科クローン間の繁殖であり、クローン犬に健全な生殖能力があることを立証するものだった。この成果は論文として検証を受ける前に一般マスコミに公表されたため、黄事件の再発をおそれるソウル大によって注意を受けた。誕生した子犬たちは一般の応募者に分け与えられた。スナッピー (犬) フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た人工授精人工授精

    また、海外では人工授精での繁殖に成功している。1975年頃から試みが始まり、1999年11月26日、アメリカのディッカーソンパーク動物園で初めて出産に成功した。新生児の体重は171kgで、それまでの新生児の中では最大であった。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • 双生児

    双生児から見た人工授精人工授精

    日本の双生児出生頻度は1000組中、1974年頃は6組を少し下回る程度だったが、2003年には10組を上回った。日本の一卵性双生児出生頻度は1974年から2003年の30年間において1000組中4組前後で安定しているため、この出生頻度の変化は二卵性双生児の出生率の変動による影響が大きい。特に人工授精の導入による影響は大きく、体外受精の導入によって双生児の出生率は導入前の6割増になったと言われる。ただし1996年から日本産婦人科学会が胎内に戻す受精卵数を制限を開始し、現在は日本の双生児の出生率は2005年をピークに低下傾向にある(現在の産婦人科学会の指針では原則として、胎内に戻す受精卵は一つと定められている)。双生児 フレッシュアイペディアより)

  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た人工授精人工授精

    国家は、(a)養子縁組や出産支援、人工授精をも含めて家族を築くことができるようあらゆる立法的、行政的手段を講じる。(b)法や政策は血縁や結婚にとらわれず多彩な家族の形態を承認し、性的指向や性同一性による差別を受けずに家族に関する社会保障や公的手当を受け、雇用や移民の権利を得られるよう保障する。(c)児童に関するあらゆる決定に際しては、それが公的あるいは私的福祉施設によるものであれ、司法によるものであれ、児童の最善の利益が最優先されるようあらゆる立法的、行政的手段を講じる。(d)児童に関するあらゆる決定、行為に際しては児童が自らの意見を表現できるよう、そして児童の成熟度に応じてその意見が尊重されるよう保障する。(e)同性結婚や登録パートナーシップ制度が承認されている国家においては、異性の婚約者やパートナーに与えられるあらゆる権利、特権、義務或いは利益が同性の婚姻者やパートナーにも等しく与えられるよう保障する。(f)異性の未結婚のパートナーに与えられるあらゆる義務、権利、特権、利益を同性の未結婚のパートナーにも等しく与えられるよう保障する。(g)結婚や法的に承認されるパートナーシップ制度は婚約者或いはパートナーの同意によってのみ成立することを保障する。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た人工授精人工授精

    最高裁判所第三小法廷、性同一性障害で女性から男性に性別を変更した夫とその妻が、第三者との人工授精でもうけた子どもを嫡出子として戸籍に記載するよう求めた裁判の決定で、裁判官5人中3人の多数意見により「血のつながりがないことが明らかでも夫の子と推定できる」として法律上の父子関係を認める初判断を示す。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 体外受精

    体外受精から見た人工授精人工授精

    通常、卵管閉塞などの器質的原因や、タイミング法・人工授精をしたが、妊娠に至らなかった場合に用いられる。通常は精子を自然受精させるが、乏精子症など精子側の受精障害がある場合には顕微授精(多くの場合卵細胞質内精子注入法:ICSI)を行う。卵子を包む透明帯に問題が有り孵化しにくいときは、アシステッドハッチングと呼ばれる技術で着床の手助けをする事もある。自然での人間の周期あたり妊娠率は平均15%前後だが、IVF-ETの場合25%程となる。体外受精 フレッシュアイペディアより)

  • 種牡馬

    種牡馬から見た人工授精人工授精

    牛、豚、羊などの畜産では優秀な種牡の精子を採出して凍結保存することが許されているが、競走馬に代表される馬産は一般的に人工授精や凍結精子の利用などによる人工的な妊娠手段を拒んでいる。凍結した精子は保存や運搬、売買が容易であるが、馬産においては常に生きた種牡馬が生きた繁殖牝馬(種牝馬)に直接交配をする必要がある。種牡馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た人工授精人工授精

    長野県の諏訪マタニティークリニックが、2002年に死亡した男性の凍結保存精子を使用して2003年に人工授精を行い、男性の妻が2004年に出産していたことを公表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 7月25日

    7月25日から見た人工授精人工授精

    1978年 - 世界初の試験管ベビー・ルイーズ・ブラウンが誕生。7月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 短縮鉄道の夜

    短縮鉄道の夜から見た人工授精人工授精

    エーアイ = アーティフィシャルインテリジェンス、アーティフィシャルインセミネーション短縮鉄道の夜 フレッシュアイペディアより)

132件中 101 - 110件表示

「人工授精」のニューストピックワード