132件中 31 - 40件表示
  • 親子

    親子から見た人工授精人工授精

    また最近では、人工授精や代理出産等も広く行われるようになっており、新たな要素が加わり、「親子」の概念も非常に複雑になってきている。親子 フレッシュアイペディアより)

  • セシル・ジェイコブソン

    セシル・ジェイコブソンから見た人工授精人工授精

    その過程で新たな疑惑が明るみに出た。ジェイコブソンは一部の患者に人工授精を施していた。彼は患者に、精子は匿名のドナーから提供されており、ドナーと患者の夫の身体的特徴は一致させてあると説明していた。しかしDNA検査によって、ジェイコブソン自身がドナーだったと判明、ジェイコブソンが少なくとも15人の子供の生物学上の父親となっていることが分かった。15人の中には、夫の精子の人工授精をジェイコブソンに依頼した夫婦の2人の子供も含まれている。さらに、ジェイコブソンは計75人の子供の父親である可能性が疑われている。セシル・ジェイコブソン フレッシュアイペディアより)

  • 穂瑞沙羅華の課外活動

    穂瑞沙羅華の課外活動から見た人工授精人工授精

    人工授精により誕生した天才児。前作の後「普通の女子高生として生活する事」が目的で高校に転入しているため親と友達の前では無理に普通を演じ、学校では知っている事を授業で延々と聞かされる今の状況を少し後悔している。事件中に元の性格と口調に戻るが、本人曰く「ジキルとハイド」のような二面性を持っている訳ではない。穂瑞沙羅華の課外活動 フレッシュアイペディアより)

  • 体外受精 (生物)

    体外受精 (生物)から見た人工授精人工授精

    体外受精とは、生物において、卵と精子が親の体外に放出され、そこで受精が行われるような繁殖の方法のことである。普通は動物に対して使われる言葉である。近年は生物学や医療の分野で、人工授精の技術の一つとして、体内受精の動物の卵と精子を取り出しておこなうものをこう呼ぶ例が多くなっているが、本来の意味はこちらである。人工授精の技術としてのそれについては体外受精の項を参照されたい。体外受精 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 臨床エンブリオロジスト

    臨床エンブリオロジストから見た人工授精人工授精

    臨床エンブリオロジスト(りんしょうエンブリオロジスト)は大学病院や病院婦人科などで行われている顕微授精や人工授精を行う。生殖医療には現在欠かすことの出来ない医療技術者。臨床エンブリオロジスト フレッシュアイペディアより)

  • 種付け

    種付けから見た人工授精人工授精

    優良品種の精液が流通しており、人工授精により行われる。この作業を行うには、家畜人工授精師の国家資格が必要である。種付け フレッシュアイペディアより)

  • ゼナ (豚)

    ゼナ (豚)から見た人工授精人工授精

    ゼナの飼育には、農業生物資源研究所に加えて、プライムテック、農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所が協力を行った。ゼナは順調に成長し、4箇月齢で性成熟すると、人工授精によって14頭の子豚を出産して、体細胞クローンで誕生した動物が正常な繁殖能力を獲得したことを証明する事例となった。ゼナ (豚) フレッシュアイペディアより)

  • ウーマン ラブ ウーマン

    ウーマン ラブ ウーマンから見た人工授精人工授精

    2000年が舞台。精子バンクを利用し、人工授精で子供を持とうとするフランとカルの話。ウーマン ラブ ウーマン フレッシュアイペディアより)

  • 砲神エグザクソン

    砲神エグザクソンから見た人工授精人工授精

    灰色の肌と銀灰色の髪、黒い眼球と赤紫の瞳、尖った耳を持つ。容姿以外での地球人類との違いは肉体・精神面ともほぼ存在しないが、身体能力では多少地球人に劣る。地球人用の薬品も効果がある様子。地球人との自然妊娠は不可能のようだが、人工授精を介せば可能。砲神エグザクソン フレッシュアイペディアより)

  • 交雑牛

    交雑牛から見た人工授精人工授精

    交雑牛(こうざつぎゅう)は、和牛の牡と乳牛の牝の間に生まれた牛。人工授精技術の進歩と普及により一般化した肉用牛で、いわゆる「国産牛」として流通する牛肉の主流となっている。母牛が乳牛であるため乳牛の育成農家でも育成が容易であり、搾乳のための半継続的な妊娠状態を保ちつつ最初から肉用牛を生産できるなど、酪農家が多角化、業態転換を図る上で合理的である。交雑牛 フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「人工授精」のニューストピックワード