105件中 31 - 40件表示
  • 新山荘輔

    新山荘輔から見た人工授精人工授精

    1898年(明治31年)に人工授精をはじめて試みた人物でもある。新山荘輔 フレッシュアイペディアより)

  • 体外受精 (生物)

    体外受精 (生物)から見た人工授精人工授精

    体外受精とは、生物において、卵と精子が親の体外に放出され、そこで受精が行われるような繁殖の方法のことである。普通は動物に対して使われる言葉である。近年は生物学や医療の分野で、人工授精の技術の一つとして、体内受精の動物の卵と精子を取り出しておこなうものをこう呼ぶ例が多くなっているが、本来の意味はこちらである。人工授精の技術としてのそれについては体外受精の項を参照されたい。体外受精 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • ボーグ

    ボーグから見た人工授精人工授精

    同化されたヒューマノイドはすぐに全身にインプラント(埋め込み装置)が出現し、これに伴って脳内の通信機も形成されるため、個人という意識がなくなり、集合体の一部となった後、ボーグキューブ内などで本格的なサイボーグ手術が行われる(ナノプローブにより免疫が制御されるため、手術が容易となっている)。またボーグは同化により繁殖が出来ないときには、人工授精により仲間を増やす事が出来る。通常の生物のようには繁殖せず、恋愛の感情は精神同一集合なので普通の人間の様に抱くことはない。ボーグ フレッシュアイペディアより)

  • アトムの最後

    アトムの最後から見た人工授精人工授精

    近未来、地球は人類に代りロボットが支配する世界となっていた。保存してある精子と卵子を人工授精させ、人工子宮から産まれた子供をロボットの親が育て、ある年齢まで成長すると、育てた子供同士で殺し合いをさせ、それを娯楽として楽しむ世界。この世界では、人間は単にロボット達の家畜であり見世物であり、そして殺し合いの道具でしかなく、両親が子供の丈夫に銃を与えたのも、銃の扱いを覚えさせ、将来の殺し合いに備えるためであった。アトムの最後 フレッシュアイペディアより)

  • トントン (ジャイアントパンダ)

    トントン (ジャイアントパンダ)から見た人工授精人工授精

    父は1982年11月9日に上野動物園に来園したフェイフェイ(飛飛、Fei Fei)、母はフェイフェイより先に1980年1月29日に来園していたホアンホアン(歓歓、Huan Huan)。この2頭の間で行われた人工授精によりホアンホアンが妊娠。1985年6月27日に日本初のパンダの赤ちゃんチュチュ(初初、Chu Chu)が誕生した。しかし、チュチュは母ホアンホアンの下敷きとなり、胸部挫傷でわずか45時間という短い生涯を終える。トントン (ジャイアントパンダ) フレッシュアイペディアより)

  • 秋田市大森山動物園

    秋田市大森山動物園から見た人工授精人工授精

    1995年(平成7年) - 国内で初めてアネハヅルの人工授精に成功。秋田市大森山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 繁殖賞

    繁殖賞から見た人工授精人工授精

    人工授精 - 人の手で受精し、誕生したもの。繁殖賞 フレッシュアイペディアより)

  • 新世紀エヴァンゲリオン 学園堕天録

    新世紀エヴァンゲリオン 学園堕天録から見た人工授精人工授精

    監視者は、使徒に対抗するため「組織」によってつくられた「仕組まれた子供」である。神器のコアデータを体内に取り込むことで常人をはるかに上回る運動能力を有し、またA.T.フィールドを操ることによって身を護ることができる。その多くは人工授精によって作られるため両親はおらず、また使徒と戦うまでは組織の外に出ることもない。両親が存在し、かつ組織の外で育ったシンジは、監視者としては例外に属する。新世紀エヴァンゲリオン 学園堕天録 フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス・シュトライヒャー

    ユリウス・シュトライヒャーから見た人工授精人工授精

    シュトライヒャーは、ヘルマン・ゲーリング夫人のエミー・ゲーリングがユダヤ人と交友関係がある事を知るや彼女を攻撃し、彼女がユダヤ人の店で商品を買った写真を『シュテュルマー』に掲載した。そればかりか1940年2月にはゲーリングは性的不能者であり、彼の娘エッダは人工授精で生まれたなどと『シュテュルマー』に書きたてた。ゲーリングは、以前から『シュテュルマー』の扇情的な反ユダヤ主義の論調に反感を抱き「そのうちの二・三号しか読んでいないが、部下に運転手・使用人には読ませない様にさせてる。全くもって不愉快千万な新聞だ」とまで言い切っていたが、ここに至って大管区指導者6名からなる査問委員会を設置してシュトライヒャーを捜査させた。彼の関わっていた不正行為が次々と発覚し、査問委員会は「シュトライヒャーは人間の指導者として不適格」との結論を下した。ついにヒトラーにも見捨てられ、フランケン大管区指導者を罷免されたのであった。『シュテュルマー』はその後も民間新聞として続き、1945年2月1日まで発行された。しかし党の後援を失った『シュテュルマー』の発行部数は大きく落ちた。大管区職辞任以降にはニュルンベルクに近いプライカーショフの酪農場で暮らし、その経営にあたっていた。彼は20歳以上年下のアデーレ・タッペ( Adele Tappe)というブロンドの女性と結婚した。ユリウス・シュトライヒャー フレッシュアイペディアより)

  • 天使の代理人

    天使の代理人から見た人工授精人工授精

    希美台共立病院に赴任した産婦人科医。不妊治療に定評があるが、自身も10年前に結婚した夫・賢治との不妊に悩み、5年前から治療していると賢治に嘘をついていた。AID(非配偶者間人工授精)を最初に手がけた由美子の娘・なずなから怒りをぶつけられる。賢治の余命がわずかだと知り、自らAIDを行って妊娠する。だがお腹の子への母性が芽生えつつも、夫以外の男性との子を愛せる自信がない気持ちと夫を騙したことへの罪悪感から、本当は出産したいと思いつつも中絶を決意する。しかし冬子から渡された賢治の手紙で嘘をすべて分かっていたことを知って中絶を取りやめ、その後男児を無事出産。天使の代理人 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「人工授精」のニューストピックワード