132件中 41 - 50件表示
  • ティリクム (シャチ)

    ティリクム (シャチ)から見た人工授精人工授精

    1999年にティリクムは人工授精のトレーニングを始めた。2000年始めに、シーワールド・サンディエゴで飼育されているカサトカ(Kasatka)が彼から得た精子を使った人工授精を行い、2001年9月1日に雄の子シャチ、ナカイ(Nakai)が生まれた。さらに、タカラ(Takara)という別の雌が、同様の人工授精により2002年5月3日に雌の子シャチ、コハナ(Kohana)を生んだ。ティリクム (シャチ) フレッシュアイペディアより)

  • カレには言えない私のケイカク

    カレには言えない私のケイカクから見た人工授精人工授精

    若い頃から理想の男性を追い求めてきたゾーイだったが、その夢を諦め、人工授精で母親になる決断を下した。その日、ゾーイは同じタクシーを捕まえようとしたスタンと出会った。しかも、ゾーイは偶然はいったはずのペットショップと食料品店で再びスタンと顔を合わせたのである。運命的なものを感じたスタンはゾーイをデートに誘った。ゾーイは自分が妊娠しているのかどうかはっきり分からない状況にあり、それをスタンに言うかどうかも迷っていた。庭での夕食中、スタンがワインをこぼしたり出火したりするというハプニングはあったが、ゾーイはデートに満足した。別れ際、スタンは「週末に僕の農場に遊びに来て下さい」とゾーイに言った。自宅に帰ったゾーイは自身が妊娠していることを知った。カレには言えない私のケイカク フレッシュアイペディアより)

  • トントン (ジャイアントパンダ)

    トントン (ジャイアントパンダ)から見た人工授精人工授精

    父は1982年11月9日に上野動物園に来園したフェイフェイ(飛飛、Fei Fei)、母はフェイフェイより先に1980年1月29日に来園していたホアンホアン(歓歓、Huan Huan)。この2頭の間で行われた人工授精によりホアンホアンが妊娠。1985年6月27日に日本初のパンダの赤ちゃんチュチュ(初初、Chu Chu)が誕生した。しかし、チュチュは母ホアンホアンの下敷きとなり、胸部挫傷でわずか45時間という短い生涯を終える。トントン (ジャイアントパンダ) フレッシュアイペディアより)

  • アトムの最後

    アトムの最後から見た人工授精人工授精

    近未来、地球は環境汚染が進んだために人類の数が激減し、それに替わってロボットが支配する世界となっていた。貯蔵所に保存してある精子と卵子を人工授精させ、人工子宮で培養されて産まれた人間の子供をロボットの親が育て、ある年齢まで成長すると育てた子供同士で殺し合いをさせ、それを娯楽として楽しむ世界。この世界では、人間は単にロボット達の家畜であり見世物であり、そして殺し合いの道具でしかなく、両親が子供の丈夫に銃を与えたのも、銃の扱いを覚えさせて将来の殺し合いに備えるためであった。アトムの最後 フレッシュアイペディアより)

  • 新山荘輔

    新山荘輔から見た人工授精人工授精

    1898年(明治31年)に人工授精をはじめて試みた人物でもある。新山荘輔 フレッシュアイペディアより)

  • 偶発的近親相姦

    偶発的近親相姦から見た人工授精人工授精

    人々は、多くの状況で自分たちの間の親族関係を知らない可能性がある。例えば、匿名で寄贈された精子を用いた人工授精では、生物学的な父親または半血兄弟姉妹が誰なのか分からない。不妊治療のクリニックでは、通常、ドナーの精子が使用される回数を制限している。いくつかの国では、ドナーが父親となれる子供の数を制限する法律がある。一方、ある家族が本当の兄弟姉妹を持つことを可能にするために、家族の数に基づいて精子の寄付を制限している場合もある。偶発的近親相姦 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ジロー

    土佐ジローから見た人工授精人工授精

    ロードアイランドレッドの雌は土佐地鶏の雄より体格が大きい為、交尾がうまく出来ない。従って土佐ジローを繁殖するにあたっては土佐地鶏の雄から精子を採取しロードアイランドレッドの雌に人工授精させる必要がある。この作業が手間となり生産性が悪く、それを解決する為に土佐ジローの品種固定が高知県畜産試験場で行われている。土佐ジロー フレッシュアイペディアより)

  • リンリン (ジャイアントパンダ)

    リンリン (ジャイアントパンダ)から見た人工授精人工授精

    上野動物園ではリンリンと雌のパンダ・トントンをペアにした。2頭のパンダはつがいになったが、正常に繁殖することができず、子を産まなかった。トントンは2000年に死亡し、リンリンは上野動物園の唯一のジャイアントパンダとなった。上野動物園は、2001年以降、他のパンダとリンリンとの間で人工授精を行ったが成功しなかった。リンリンは、繁殖のためにメキシコのに3回送られた。リンリン (ジャイアントパンダ) フレッシュアイペディアより)

  • トリコモナス症

    トリコモナス症から見た人工授精人工授精

    ウシではウシ胎仔トリコモナス(Tritrichomonas foetus)が原因となり、自然交配あるいは汚染精液による人工授精により伝播する。雌では子宮蓄膿症、子宮内膜炎、膣炎、頸管炎を起こし不妊症あるいは早期の流産を引き起こす。雄では陰茎、包皮粘膜に軽度の炎症を引き起こすことがあるが、多くは無症状である。治療は子宮洗浄の後、抗原虫剤を子宮内および膣に投与する。種雄牛が感染している場合は淘汰する。鳥類ではハトトリコモナス(Trichomonas gallinae)およびシチメンチョウトリコモナス(Tetratrichomonas gallinarum)が原因となる。トリコモナス症 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久子

    渡辺久子から見た人工授精人工授精

    現在慶應病院小児科で思春期やせ症、被虐待児、人工授精で生まれた子ども、自閉症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など、工業化社会の複雑な葛藤に生きる子どもたちを治療的に支援している。渡辺久子 フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「人工授精」のニューストピックワード