132件中 71 - 80件表示
  • 人間ども集まれ!

    人間ども集まれ!から見た人工授精人工授精

    19XX年。東南アジアの独裁国パイパニアの戦争に義勇兵の名目で派遣された自衛隊員の天下太平は、その状況に嫌気がさして脱走し、同じく脱走中の日本人軍医・大伴黒主と知り合う。やがて政府軍により捕えられた2人は、囚人として軍用医学研究所に送りこまれた。そこではクランプ所長のもと、男囚の精子と女囚の卵子を採取して人工授精させ、それを人工羊水の入った試験管の中で成長させることで、生まれながらの兵士を大量に育成する、という計画が進められていた。クランプは優生学の権威である大伴を共同研究者とする。太平の精子を検査したクランプと大伴は、そのシッポが2本あることを発見する。二人はこの精子に興味を抱き、太平を釈放する代わりに、すべての精子を研究に提供する、という内容の契約書にサインさせた。しかしその直後、軍用医学研究所は、女囚としてもぐりこんでいた女ゲリラのリラの仕掛けた爆弾によって爆破されてしまう。人間ども集まれ! フレッシュアイペディアより)

  • モニカ・ベルッチ

    モニカ・ベルッチから見た人工授精人工授精

    1999年に俳優のヴァンサン・カッセルと結婚、2004年に第一子を、2010年に第二子を出産。第一子の出産前にイタリア版『ヴァニティ・フェア』誌上で、妊婦姿のヌードになった。これは、近年イタリアで、未婚女性、同性愛の女性、出産適齢期を大幅に過ぎている女性への人工授精治療を禁止した法律が施行されたことへの抗議のためであるという。第二子出産前の2010年3月24日発売の同誌イタリア版表紙にも妊婦姿で登場し、人工授精を禁止した法律への抗議の意志を示している。モニカ・ベルッチ フレッシュアイペディアより)

  • ユリウス・シュトライヒャー

    ユリウス・シュトライヒャーから見た人工授精人工授精

    シュトライヒャーは、ヘルマン・ゲーリング夫人のエミー・ゲーリングがユダヤ人と交友関係がある事を知るや彼女を攻撃し、彼女がユダヤ人の店で商品を買った写真を『シュテュルマー』に掲載した。そればかりか1940年2月にはゲーリングは性的不能者であり、彼の娘エッダは人工授精で生まれたなどと『シュテュルマー』に書きたてた。ゲーリングは、以前から『シュテュルマー』の扇情的な反ユダヤ主義の論調に反感を抱いていたが、ここに至って大管区指導者6名からなる査問委員会を設置してシュトライヒャーを捜査させた。彼の関わっていた不正行為が次々と発覚し、査問委員会は「シュトライヒャーは人間の指導者として不適格」との結論を下した。ついにヒトラーにも見捨てられ、フランケン大管区指導者を罷免されたのであった。ユリウス・シュトライヒャー フレッシュアイペディアより)

  • 冷凍動物園

    冷凍動物園から見た人工授精人工授精

    冷凍動物園のサンプルは永久に保存することが可能であり、人工授精や体外受精、胚移植やクローニングに用いられる。冷凍動物園を利用した人工授精は、遺伝子の改良や近親交配の防止にもなる。冷凍動物園 フレッシュアイペディアより)

  • ウェールズ料理

    ウェールズ料理から見た人工授精人工授精

    ウェールズの高原は羊やヤギなどの放牧に適しており、これらの家畜はウェールズと強く結びつくようになった。大規模な養羊はシトー会の修道士が、主に羊毛のため、また羊肉のために始めた。16世紀のはじめまで、ウェールズの羊肉はイギリス各地に普及した。近代的の合成繊維が羊毛より普及すると、ウェールズの羊は肉のためだけに飼育された。20世紀末には、1100万頭の羊がウェールズで養羊された。ウェールズで最も多く飼育された羊はで、他の品種よりも著しく小さいがウェールズの地形により適し、子羊は低地での2匹以上飼育と異なり、1匹だけ育てる;マウンテン・シープは肉質が風味豊かとされている。ウェールズの農家は、人工授精や超音波による羊の脂身の測定などの科学的飼育を開始し、肉の品質を向上させた。ウェールズ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のジョージア

    2014年のジョージアから見た人工授精人工授精

    1月8日 ? グルジア正教会のイリア2世総主教は降誕祭のメッセージにおいて、代理母あるいは人工授精を介して産まれた子供たちが成人になることについて「問題がある」と述べ、そのような子供を持った家族は幸福になることができないだろうという意見を述べた。この発言は論争を引き起こし、総主教の執務室の外では抗議集会が開かれた。抗議者たちは総主教の支持者たちと衝突し、小規模な小競り合いが発生した。2014年のジョージア フレッシュアイペディアより)

  • オーガズム

    オーガズムから見た人工授精人工授精

    男性のオーガズムと射精が受胎に必要である一方、1770年代にラザロ・スパランツァーニが犬の人工授精に成功するなどして、受胎に女性のオーガズムは必要とされないことが知られるようになって以降、女性の性的快感には生殖上の役割はないと考えられてきたが、生殖過程における女性のオーガズムの役割に関するさまざまな仮説が進化生物学らなどにより提唱されている。オーガズム フレッシュアイペディアより)

  • マンドレイク

    マンドレイクから見た人工授精人工授精

    ドイツのは、絞首刑になった男の精液から生じるという伝承を発展させて、人工授精で生を受けた美少女が、周囲を破滅させてゆくというゴシックホラー小説『アルラウネ』(1913年)を書いた。同様のモチーフは、水木しげるの『妖花アラウネ』他、マンガ、ゲーム作品の中に展開されている。マンドレイク フレッシュアイペディアより)

  • 豚の雄臭

    豚の雄臭から見た人工受精人工授精

    雄臭をコントロールするもう一つの考えられる方法は、性染色体に基づく分別と人工受精によって雌豚だけを繁殖するために、出生前に子豚の性を選別する方法である。この方法は、牛の繁殖に用いられて成功しているが、豚ではこの技術はまだ研究段階であり、経済的にも実用的にも未だに解決策とはなっていない。豚の雄臭 フレッシュアイペディアより)

  • 精液採取

    精液採取から見た人工授精人工授精

    精液採取(せいえきさいしゅ、英:semen collection)とはヒトや家畜などにおける人工授精のために雄の動物から精液を得る行為。精液採取 フレッシュアイペディアより)

132件中 71 - 80件表示

「人工授精」のニューストピックワード