前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 人工授精

    人工授精から見た多胎

    手法として、精子を注射器のような器具を用いて子宮内に注入することによって行われる。かつては採取した精液をそのまま注入していたが、現在では精液を遠心分離などによって精製し、活性の高い精子を選別するなどして効率向上と副作用(精液中に存在するプロスタグランジンの影響などによる発熱等)の低減を図っている。このとき、卵細胞の活性化や(子宮内膜の状態を調整するため)黄体ホルモンの投与などが行われる。排卵誘発剤の投与も検討されるが、これは後に述べる多胎のリスクを増加させる問題もある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見たジョン・ハンター (外科医)

    1776年、ジョン・ハンターが英国で初めて成功。日本では1949年に初めて成功。現在日本では、1年あたり約1万人の新生児が人工授精または人工受精技術により生まれているとされる。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見たシャチ

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見たアムールトラ

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た胚性幹細胞

    胚性幹細胞(ES細胞)の樹立(作出)にこの余剰の胚を用いることも可能だが、人間の胚を実験に供することには強い批判がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た体外受精

    本項では、類似技術である体外受精・顕微授精についても網羅的に説明した。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た遺伝子

    不妊の原因となる遺伝子を除かずに子供を得ることは自然の摂理に反し、問題の先延ばしでしかないという批判がある。また、性交渉は子供を得るためのみに認めるとする宗教からは、人工授精などによって子供を得ることは教義の逸脱で認められないという批判もある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た注射器

    手法として、精子を注射器のような器具を用いて子宮内に注入することによって行われる。かつては採取した精液をそのまま注入していたが、現在では精液を遠心分離などによって精製し、活性の高い精子を選別するなどして効率向上と副作用(精液中に存在するプロスタグランジンの影響などによる発熱等)の低減を図っている。このとき、卵細胞の活性化や(子宮内膜の状態を調整するため)黄体ホルモンの投与などが行われる。排卵誘発剤の投与も検討されるが、これは後に述べる多胎のリスクを増加させる問題もある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見たルイーズ・ブラウン

    1978年、英国で初めて成功(ルイーズ・ブラウン)。日本では1983年に初めて成功。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た妊娠

    精子の運動性や数に問題があり妊娠に困難がある場合、性交障害(インポテンツ)がある場合、女性生殖器の狭窄などによって精子の通過性に問題がある場合などに行われる。人工授精 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「人工授精」のニューストピックワード