31件中 21 - 30件表示
  • 人工授精

    人工授精から見たプロスタグランジン

    手法として、精子を注射器のような器具を用いて子宮内に注入することによって行われる。かつては採取した精液をそのまま注入していたが、現在では精液を遠心分離などによって精製し、活性の高い精子を選別するなどして効率向上と副作用(精液中に存在するプロスタグランジンの影響などによる発熱等)の低減を図っている。このとき、卵細胞の活性化や(子宮内膜の状態を調整するため)黄体ホルモンの投与などが行われる。排卵誘発剤の投与も検討されるが、これは後に述べる多胎のリスクを増加させる問題もある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た受精卵

    排卵誘発剤や外科的手法などによって所得した卵子を体外で精子と接触させ人為的に受精を行ったのち、培養した胚(受精卵)を子宮内などに戻して妊娠を図る手法である。通例、精巣中に精子が存在しても精液中に精子が存在しない場合・卵管の傷害によって卵子の通過が行えない場合など、人工授精によって妊娠に至れないほどの障害がある場合に適用される。この手法のことを、「試験管内受精」「IVF(in vitro fertilization)」と呼ぶことがある。また、卵子に直接精子(もしくは精核)を注入して受精を行わせ、受精卵を得る方法を特に顕微授精と呼ぶ。非常に精子の活性や数が低い場合に行われる。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た養殖漁業

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た欧州連合

    2007年現在、日本では人工授精は健康保険の対象とならない。(但し地方自治体などによる公的補助が一部で行われている。また、体外受精などは「特定不妊治療」として補助が行われているが、国や自治体の一部負担に留まる) なお、EU諸国では北欧地方を中心に公的補助の対象とされている。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た生命倫理学

    こうした問題については、生命倫理学で取り扱われている。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た不妊治療

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見たオランウータン

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た精子

    精子の運動性や数に問題があり妊娠に困難がある場合、性交障害(インポテンツ)がある場合、女性生殖器の狭窄などによって精子の通過性に問題がある場合などに行われる。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た家畜

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

  • 人工授精

    人工授精から見た種付け

    人間の生殖医療(不妊治療)、家畜の生産や育種(→種付け)、養殖漁業、希少動物の種の保存(日本でもアムールトラ、オランウータン、ハンドウイルカ、シャチなどで研究が行われている)などの目的で行われる。なお、家畜については250年程度の歴史がある。人工授精 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「人工授精」のニューストピックワード