1152件中 91 - 100件表示
  • 全球地球観測システム

    全球地球観測システムから見た人工衛星人工衛星

    全球地球観測システム(ぜんきゅうちきゅうかんそくシステム、GEOSS; Global Earth Observation System of Systems)とは、人工衛星観測および現場観測(地上観測)を統合した複数の観測システムからなる包括的な地球観測のシステムである。全球地球観測システム フレッシュアイペディアより)

  • 空気シャワー

    空気シャワーから見た人工衛星人工衛星

    宇宙線の到来頻度はエネルギーが高くなるにつれて極端に小さくなり、観測には大きな検出面積や長時間の観測が必要になる。このため、1015 eV 以上の高エネルギー宇宙線を人工衛星や気球などを用いて直接観測することは難しくなる。このような場合でも、地表で空気シャワー観測を行うことで、間接的に高エネルギーの宇宙線を観測することが出来る。空気シャワー フレッシュアイペディアより)

  • 超新星/加速探査機

    超新星/加速探査機から見た人工衛星人工衛星

    超新星/加速探査機(ちょうしんせい/かそくたんさき、, SNAP)は、カリフォルニア州のソノマ大学とローレンス・バークレー国立研究所が計画している、宇宙の加速膨張に関して研究する為の人工衛星である。この衛星は3年間のミッションを通じて2000個以上の超新星を観測する事が見込まれる。超新星/加速探査機 フレッシュアイペディアより)

  • ベンチャースター

    ベンチャースターから見た人工衛星人工衛星

    ベンチャースターは、リフティングボディであり、4枚の尾翼を持つ機体が構想されていた。全長46m、全幅48m、総重量1,192tで、最高速度はマッハ25。主な目的は、スペースシャトルの後継機として、人工衛星を既存の10分の1のコストで打ち上げられる再利用型で無人のスペースプレーンとなることであった。無人での打ち上げが条件であったが、積荷として乗客を運ぶことも予想されていた。機体は垂直に離陸し、飛行機のように滑走路に着陸する。液体酸素・液体水素を推進剤とするリニアエアロスパイクエンジンを利用して、どの高度でも高い推進能力を有するよう設計されていた。耐熱装置も金属製の新型のものを採用し、スペースシャトルよりも整備が低費用で安全であることを目指した。機体中央部に貨物室を持ち、胴体背面にカーゴ・ベイが設けられる。ベンチャースター フレッシュアイペディアより)

  • 墓場軌道

    墓場軌道から見た人工衛星人工衛星

    墓場軌道(はかばきどう、graveyard orbit)(あるいは廃棄軌道 junk orbit or disposal orbit)は、役割を終えた人工衛星が、別の使用中の人工衛星と衝突してスペースデブリが発生することを防ぐために移動する同期軌道よりも高度の高い軌道。墓場軌道 フレッシュアイペディアより)

  • SERVIS-1

    SERVIS-1から見た人工衛星人工衛星

    SERVIS-1(Space Environment Reliability Verification Integrated System 1、実証衛星1号機)は2003年10月30日に打ち上げられた日本の人工衛星。無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)によって運用された。SERVIS-1 フレッシュアイペディアより)

  • バライラ・ド・インフェルノ射場

    バライラ・ド・インフェルノ射場から見た人工衛星人工衛星

    バライラ・ド・インフェルノ射場(英:Barreira do Inferno Launch Center、)はブラジル宇宙機関の射場。1965年に建設され、リオグランデ・ド・ノルテ州のナタール近郊のParnamirimの中に位置している。面積520m2。主に観測ロケットを打ち上げ、人工衛星打ち上げロケットの打ち上げには使用されない。バライラ・ド・インフェルノ射場 フレッシュアイペディアより)

  • コスモス1

    コスモス1から見た人工衛星人工衛星

    コスモス1(GRAU Index: 65S3)はソビエト連邦のロケット。R-14ミサイルから派生し、1964年と65年の2年間に、人工衛星の打上げに8度使用された。使用されたのは一時的で、すぐにコスモス3に置き換えられた。打上げは全てバイコヌール宇宙基地のサイト41/15から行われた。コスモス1 フレッシュアイペディアより)

  • 風成循環

    風成循環から見た人工衛星人工衛星

    海洋の表層近く数十メートルまでの深さでは、コリオリ力と圧力傾度力と風応力がバランスする。コリオリ力の効果のため表層近くの海水は、風の方向を向いて直角右側に輸送される(北半球の場合。南半球では直角左側。)この流れは発見者のV・ヴァルフリート・エクマンにちなんでエクマン流と呼ばれる。エクマン流による輸送のため、北太平洋中緯度では南向きに、低緯度では北向きに海水が輸送され、領域中央部に海水が集合する。この様子は人工衛星搭載の海面高度計で、数センチメートル程度の海面の盛り上がりとして観測できる。海面は盛り上がり続けることはできず、表層の領域中央部に集合した海水は鉛直下向きの流れとなる。風成循環 フレッシュアイペディアより)

  • 中国空間技術研究院

    中国空間技術研究院から見た人工衛星人工衛星

    中国空間技術研究院(中: 、英: China Academy of Space Technology ; CAST)は中国航天科技集団公司(CASC)の傘下にある研究機関で、人工衛星開発の中心的役割を果たしている。1968年2月20日に設立された。中国空間技術研究院 フレッシュアイペディアより)

1152件中 91 - 100件表示

「人工衛星」のニューストピックワード