943件中 11 - 20件表示
  • 太陽光発電

    太陽光発電から見た人工衛星人工衛星

    制約が少なく腕時計から人工衛星まで様々な場所で用いられる。地上に直接設置でき、太陽光を十分に受けられパネル重量に耐えられる場所であれば屋根や壁など様々な場所に設置可能である。軽量柔軟なフレキシブル太陽電池では、重量や接地面形状の制約も減少する。剛性があるパネルであっても通常の半分程度まで軽量化し、耐荷重の制約を減らした製品も開発されている。太陽光発電 フレッシュアイペディアより)

  • PETSAT

    PETSATから見た人工衛星人工衛星

    PETSAT(ぺっとさっと)は、東大阪宇宙開発協同組合が開発する多目的小型人工衛星PETSAT フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード (航空宇宙)

    ペイロード (航空宇宙)から見た人工衛星人工衛星

    ペイロードには旅客、さまざまな貨物、弾薬、人工衛星などがあり、オプションで取り付けられる増槽などもペイロードのひとつと考えられる。ペイロード (航空宇宙) フレッシュアイペディアより)

  • 深田肇

    深田肇から見た人工衛星人工衛星

    1998年の北朝鮮による弾道ミサイルテポドン1号発射の際にも北朝鮮の公式発表(「人工衛星『光明星1号』打ち上げ」)をそのまま宣伝した。各党議員が北朝鮮に抗議の声を上げるとともに対ミサイル防衛策の必要性を訴え、菅直人が日本独自の偵察衛星打ち上げにまで言及する緊迫した情勢の中、「共和国が最高人民会議第10期第1回会議を前に人工衛星打ち上げに成功したことをまず評価したい」と述べ、「共和国の人工衛星打ち上げ」を事実として祝賀した。マスコミは深田の無理のある言動を否定的に取り上げた。深田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 相模原キャンパス (JAXA)

    相模原キャンパス (JAXA)から見た人工衛星人工衛星

    研究・管理棟、研究センター、およびロケット・人工衛星搭載機器の基礎開発・試験を行う特殊実験棟などが設置されている。また月・惑星探査プログラムグループの研究拠点や、宇宙教育センターも相模原キャンパス内にある。相模原キャンパス (JAXA) フレッシュアイペディアより)

  • スーパージャイアンツ

    スーパージャイアンツから見た人工衛星人工衛星

    新東宝の和製スーパーヒーロー映画。本シリーズが始まった1957年は、ソ連が人類史上初めて人工衛星「スプートニク1号」を打ち上げた年であり、人工衛星や宇宙人のヒーローということが強く意識されている。また、ソ連が人工衛星を打ち上げたのと同じく、当時原爆以上の水素爆弾等の核兵器について各国が研究に力を入れ始めており(ビキニ環礁での核実験等)、原爆被爆国の日本としてスーパージャイアンツは子供向けに微温的ながらも反戦・核兵器廃絶・平和への希求のメッセージが込められた作品でもある。1 - 6作目までは石井輝男が監督している。スーパージャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • NEC東芝スペースシステム

    NEC東芝スペースシステムから見た人工衛星人工衛星

    NEC東芝スペースシステム(NECとうしばスペースシステム)とは、NECグループの航空宇宙関連製品(人工衛星/通信衛星/気象衛星/資源探査衛星/天文衛星/宇宙望遠鏡)及びそれに付随する地上系システム、宇宙ソリューション、大型レーダー、電波望遠鏡などを製造、開発する企業である。NEC東芝スペースシステム フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙甲子園

    宇宙甲子園から見た人工衛星人工衛星

    宇宙甲子園(うちゅうこうしえん)は、2005年から行われている日本の高校生を対象とした缶サイズの模擬人工衛星やモデルロケットを使用した理工系の科学競技会。宇宙甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • いぶき (人工衛星)

    いぶき (人工衛星)から見た人工衛星人工衛星

    いぶき(GOSAT : ゴーサット、Greenhouse gases Observing SATellite)は、環境省、国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した温室効果ガス観測技術衛星。地球温暖化の原因とされている二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの濃度分布を宇宙から観測する。2008年10月15日、愛称が一般公募によって「いぶき」に決定された。2009年1月23日、種子島宇宙センターからH-IIAロケット15号機にて打ち上げられた。同年2月より観測データの取得を開始し、5月には未校正値ながら地球規模での解析結果も発表されている。いぶき (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ホイップル

    フレッド・ホイップルから見た人工衛星人工衛星

    なお、『汚れた雪玉』という名称はマスコミによって広まったもので、彼自身は『氷を含んだ礫岩 (icy conglomerate)』という名称を用いていた。人工衛星や惑星探査機を宇宙の小粒子の衝突から守るホイップル・シールド(Whipple shield)の発明者でもある。フレッド・ホイップル フレッシュアイペディアより)

943件中 11 - 20件表示

「人工衛星」のニューストピックワード