943件中 21 - 30件表示
  • 人工衛星の軌道

    人工衛星の軌道から見た人工衛星人工衛星

    人工衛星は個々の利用目的にあわせた軌道に投入されるが、この項目では、それら軌道の種類や性質や、衛星の位置を知る方法を示す。人工衛星の軌道 フレッシュアイペディアより)

  • MMR マガジンミステリー調査班

    MMR マガジンミステリー調査班から見た人工衛星人工衛星

    マッドサイエンティスト達は人工衛星からのマイクロ波を使って人類を群発自殺させ、増え過ぎた人口を減らそうとしているが、それは世界中のピラミッドによって防がれる。MMR マガジンミステリー調査班 フレッシュアイペディアより)

  • FairlyLife

    FairlyLifeから見た人工衛星人工衛星

    都会に程近い閑静なベッドタウンである船見市にある「船見学園」に通うごく普通の生徒である少年「高岡晃範」は、幼馴染の「山南南」とその日の朝、いつものように登校していた。二人が学園に到着したとき、学内の体育館にすさまじい爆音が鳴り響いた。ニュースによると、コントロールが利かなくなった人工衛星が墜落したのだという。FairlyLife フレッシュアイペディアより)

  • ウィザーズ・ブレイン

    ウィザーズ・ブレインから見た人工衛星人工衛星

    西暦2186年5月14日、北極と南極に一機ずつ設置された大気制御衛星の原因不明の暴走事故によって、旱魃対策用の遮光性の気体が大気中にばら撒かれた。これによって世界は暗闇に包まれ、エネルギーの90%以上を太陽光発電に頼っていた人類は致命的なダメージを受けた。この事故が引き金となり、僅かばかりの残された資源とエネルギーを巡って第3次世界大戦が勃発。とある魔法士の同調能力によってアフリカ中の核融合炉が一度に暴走し、アフリカ大陸が世界地図から消し飛んだことによって終戦を迎えるが、既に何もかも手遅れだった。太陽光が届かず、気温は氷点下40度というあらゆるものが死に絶えた大地で、残された僅かな地熱発電などを頼り人々は細々と生きていた。変わり果てた地球で、人類は滅亡の危機に直面している。ウィザーズ・ブレイン フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ (ロケット)

    ヨーロッパ (ロケット)から見た人工衛星人工衛星

    イギリスはアメリカの協力の基に1955年から中距離弾道ミサイル(IRBM)のブルーストリーク(Blue Streak)を開発していたが、即応性の問題から1960年にこの弾道ミサイル計画は中止された。これにより、それまでにブルーストリークに費やした莫大な費用を惜しむ声があり、ブルーストリークを「ブラックプリンス」の名前でイギリスの人工衛星打ち上げ用ロケット(ローンチ・ヴィークル)の第1段として転用する計画が持ち上がった。第2段目にはブラックナイトロケットからの派生品が、軌道投入段には小型の過酸化水素 / ケロシンロケットが予定されていた。ヨーロッパ (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • 西昌衛星発射センター

    西昌衛星発射センターから見た人工衛星人工衛星

    中国で人工衛星の打ち上げをしている発射場は甘粛省の酒泉衛星発射センター、山西省の太原衛星発射センター、そして四川省の西昌衛星発射センターと3カ所存在するが、これらの中で静止軌道への打ち上げを行っているのは西昌のみである。西昌は酒泉や太原より低緯度で、静止軌道への打ち上げに適した北緯28度に位置している。西昌衛星発射センター フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の科学

    2009年の科学から見た人工衛星人工衛星

    1月12日 - 三菱重工業、H-IIAロケットによる韓国航空宇宙研究院の多目的観測衛星「コンプサット3」の打ち上げ受注を発表。打ち上げは、種子島宇宙センターから2011年夏に予定されている。日本のロケットが人工衛星の商用打ち上げを受注するのは初めて 。2009年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 天体望遠鏡

    天体望遠鏡から見た人工衛星人工衛星

    天体望遠鏡は、(1)全天のどこへも向けられること、(2)地球の自転運動による天体の動き(日周運動)を常に追尾できることの2点が必要である。そのために天体望遠鏡を載せる架台は、(1)の目的達成のために少なくとも直交する2軸を持つ必要があり、(2)の目的達成のために、1軸だけで天体追尾を行う赤道儀式と2軸以上を使う経緯台式に分かれる。人工衛星観測用望遠鏡など特殊な用途では3軸以上の自由度を持つ架台もある。天体望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • アンテナ技研

    アンテナ技研から見た人工衛星人工衛星

    1967年 - テレビジョン放送用フィルタの開発・納入、国際VHF用アンテナ及び空中線共用器開発・納入、人工衛星搭載用ターンスタイルアンテナ開発・納入アンテナ技研 フレッシュアイペディアより)

  • L-4Sロケット

    L-4Sロケットから見た人工衛星人工衛星

    L-4Sロケット(ラムダ-4エスロケット)は東京大学宇宙航空研究所(以下、東大)が日産自動車宇宙航空事業部(以下、日産)と共に開発し、日産が製造、東大が運用した日本初の人工衛星打ち上げ用固体燃料ロケット。1966年から1970年にかけて5度打ち上げられ(他1回は試験機)、5度目にして日本初の人工衛星「おおすみ」の打上げに成功した。これによって日本はソ連、アメリカ、フランスに続き、世界で4番目に自国の能力により人工衛星を打ち上げた国となった。L-4Sロケット フレッシュアイペディアより)

943件中 21 - 30件表示

「人工衛星」のニューストピックワード