1152件中 21 - 30件表示
  • 深田肇

    深田肇から見た人工衛星人工衛星

    1998年の北朝鮮による弾道ミサイルテポドン1号発射の際にも北朝鮮の公式発表(「人工衛星『光明星1号』打ち上げ」)をそのまま宣伝した。各党議員が北朝鮮に抗議の声を上げるとともに対ミサイル防衛策の必要性を訴え、菅直人が日本独自の偵察衛星打ち上げにまで言及する緊迫した情勢の中、「共和国が最高人民会議第10期第1回会議を前に人工衛星打ち上げに成功したことをまず評価したい」と述べ、「共和国の人工衛星打ち上げ」を事実として祝賀した。マスコミは深田の無理のある言動を否定的に取り上げた。深田肇 フレッシュアイペディアより)

  • いぶき (人工衛星)

    いぶき (人工衛星)から見た人工衛星人工衛星

    いぶき(GOSAT : ゴーサット、Greenhouse gases Observing SATellite)は、環境省、国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した温室効果ガス観測技術衛星。地球温暖化の原因とされている二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの濃度分布を宇宙から観測する。2008年10月15日、愛称が一般公募によって「いぶき」に決定された。2009年1月23日、種子島宇宙センターからH-IIAロケット15号機にて打ち上げられた。同年2月より観測データの取得を開始し、5月には未校正値ながら地球規模での解析結果も発表されている。いぶき (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ会議

    ビデオ会議から見た人工衛星人工衛星

    単純なアナログ方式のビデオ会議はテレビの発明とほぼ同時に実現された。この場合、システムは2台のCCTVシステムをケーブルで接続する。世界初の有人宇宙飛行で、NASAは双方向の無線リンク(UHFまたはVHF)を使った。テレビ局では遠隔地からのリポートなどで普通にビデオ会議的なシステムを使用している。その後、人工衛星によるリンクを使ったものが一般化してきた。ビデオ会議 フレッシュアイペディアより)

  • 反射衛星砲

    反射衛星砲から見た人工衛星人工衛星

    冥王星基地の海底に設置された単装砲から衛星軌道上にある反射衛星(人工衛星)に向けてエネルギーを発射し、衛星の反射板の角度を調整して任意の方向へ反射させて自在に照準を行うことができる。また、複数の反射衛星を経由することで、惑星の裏側にも攻撃が可能であり、惑星地表から衛星軌道に至るまで事実上死角がない。目標が反射衛星砲本体から直接照準できる位置にあれば、反射衛星を使わず直接攻撃することも可能である。反射衛星砲 フレッシュアイペディアより)

  • アンテナ技研

    アンテナ技研から見た人工衛星人工衛星

    1967年 - テレビジョン放送用フィルタの開発・納入、国際VHF用アンテナ及び空中線共用器開発・納入、人工衛星搭載用ターンスタイルアンテナ開発・納入アンテナ技研 フレッシュアイペディアより)

  • 相模原キャンパス (JAXA)

    相模原キャンパス (JAXA)から見た人工衛星人工衛星

    研究・管理棟、研究センター、およびロケット・人工衛星搭載機器の基礎開発・試験を行う特殊実験棟などが設置されている。また月・惑星探査プログラムグループの研究拠点や、宇宙教育センターも相模原キャンパス内にある。相模原キャンパス (JAXA) フレッシュアイペディアより)

  • NECスペーステクノロジー

    NECスペーステクノロジーから見た人工衛星人工衛星

    NECスペーステクノロジー株式会社とは、NECグループの航空宇宙関連製品(人工衛星/通信衛星/気象衛星/資源探査衛星)及びそれに付随する地上系システム、宇宙ソリューション、大型レーダーなどを製造、開発する企業である。NECスペーステクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の科学

    2009年の科学から見た人工衛星人工衛星

    1月12日 - 三菱重工業、H-IIAロケットによる韓国航空宇宙研究院の多目的観測衛星「コンプサット3」の打ち上げ受注を発表。打ち上げは、種子島宇宙センターから2011年夏に予定されている。日本のロケットが人工衛星の商用打ち上げを受注するのは初めて 。2009年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 天体望遠鏡

    天体望遠鏡から見た人工衛星人工衛星

    また、X線やガンマ線は地球の大気で吸収されるため、観測には望遠鏡を搭載した人工衛星を大気圏外に打ち上げる必要がある。天体望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ (ロケット)

    ヨーロッパ (ロケット)から見た人工衛星人工衛星

    イギリスはアメリカの協力の基に1955年から中距離弾道ミサイル(IRBM)のブルーストリーク(Blue Streak)を開発していたが、即応性の問題から1960年にこの弾道ミサイル計画は中止された。これにより、それまでにブルーストリークに費やした莫大な費用を惜しむ声があり、ブルーストリークを「ブラックプリンス」の名前でイギリスの人工衛星打ち上げ用ロケット(ローンチ・ヴィークル)の第1段として転用する計画が持ち上がった。第2段目にはブラックナイトロケットからの派生品が、軌道投入段には小型の過酸化水素 / ケロシンロケットが予定されていた。ヨーロッパ (ロケット) フレッシュアイペディアより)

1152件中 21 - 30件表示

「人工衛星」のニューストピックワード