1152件中 31 - 40件表示
  • FairlyLife

    FairlyLifeから見た人工衛星人工衛星

    都会に程近い閑静なベッドタウンである船見市にある「船見学園」に通うごく普通の生徒である少年「高岡晃範」は、幼馴染の「山南南」とその日の朝、いつものように登校していた。二人が学園に到着したとき、学内の体育館にすさまじい爆音が鳴り響いた。ニュースによると、コントロールが利かなくなった人工衛星が墜落したのだという。FairlyLife フレッシュアイペディアより)

  • 観測ロケット

    観測ロケットから見た人工衛星人工衛星

    ロケットは通常、高度50kmから1500kmへ打ち上げられる。気球の最高到達高度(40km)よりも高く、人工衛星の最低軌道(120km)よりも低い圏内を調べる時に用いられる。ブラックブラントXおよびXIIでは到達高度はそれぞれ1,000kmと1,500kmに達し低周回軌道投入も可能である。観測ロケットはしばしば余剰の軍用ロケットが用いられる。観測ロケット フレッシュアイペディアより)

  • 空中発射ロケット

    空中発射ロケットから見た人工衛星人工衛星

    有人、無人を問わず飛行中の航空機からパラサイト・ファイター のように別の航空機を発射するという手段は飛行船から飛行機を発射したりする等、古くから行われてきた。航続距離と最大速度の両立は困難だった為、空中給油が普及するまでは一部で行われた。その後、一部の軍用機や研究機で行われた。その後、人工衛星を打ち上げる手段として着目されるようになる。空中発射ロケット フレッシュアイペディアより)

  • 西昌衛星発射センター

    西昌衛星発射センターから見た人工衛星人工衛星

    中国で人工衛星の打ち上げをしている発射場は甘粛省・内モンゴル自治区の境の酒泉衛星発射センター、山西省の太原衛星発射センター、そして四川省の西昌衛星発射センターと3カ所存在するが、これらの中で静止軌道への打ち上げを行っているのは西昌のみである。西昌は酒泉や太原より低緯度で、静止軌道への打ち上げに適した北緯28度に位置している。西昌衛星発射センター フレッシュアイペディアより)

  • 重心

    重心から見た人工衛星人工衛星

    重心(じゅうしん、center of gravity)は、力学において、空間的広がりをもって質量が分布するような系において、その質量に対して他の物体から働く万有引力(重力)の合力の作用点である。重力が一様であれば、質量中心(しつりょうちゅうしん、center of mass)と同じであるためしばしば混同されており、本来は異なるのだが、当記事でも基本的には用語を混同したまま説明する(人工衛星の安定に関してなど、これらを区別して行う必要がある議論を除いて、一般にはほぼ100%混同されているためである)。重心 フレッシュアイペディアより)

  • MMR マガジンミステリー調査班

    MMR マガジンミステリー調査班から見た人工衛星人工衛星

    マッドサイエンティスト(汚れた科学者)達は人工衛星からのマイクロ波を使って人類を群発自殺させ増え過ぎた人口を減らそうとしているが、それは世界中のピラミッドが発信するアルファ波のバリアによって防がれる。MMR マガジンミステリー調査班 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンガード (ロケット)

    ヴァンガード (ロケット)から見た人工衛星人工衛星

    1955年、アメリカ初の衛星打ち上げ用ロケットとして、空軍のSM-65アトラス、陸軍のSSM-A-14レッドストーンの派生型、海軍のRTV-N-12aヴァイキング観測ロケットを元にした3段式ロケットが提案された。この3つの案のうち、海軍案が選定されたことでヴァンガードロケットの開発が開始された。ヴァンガード (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • アポロ16号

    アポロ16号から見た人工衛星人工衛星

    ヤング船長とデューク飛行士は月面で71時間—ほぼ3日間—を過ごし、この間に通算で20時間と14分におよぶ三度の船外活動を行った。また使用されるのは今回で2回目となる月面車で、26.7キロメートルを走行した。両名が地球に持ち帰るために月面で95.8キログラムのサンプルを採集する一方で、マッティングリー飛行士は司令・機械船で月を周回し、月面の観測を行った。マッティングリーが軌道上で過ごした時間は126時間、月周回回数は64回であった。またヤングとデュークが軌道上で再ドッキングを果たした後、機械船からは観測用の小型衛星が放出された。地球への帰還途中、マッティングリーは機械船からフィルムのカセットを回収するために1時間の船外活動を行った。アポロ16号 フレッシュアイペディアより)

  • テポドン2号

    テポドン2号から見た人工衛星人工衛星

    2009年4月5日に舞水端里の発射場からテポドン2号の改良・派生型とみられる銀河2号が発射された。北朝鮮は事前に「人工衛星の『光明星2号』を衛星打ち上げロケット『銀河2号』を用いて打ち上げる」と発表していた。テポドン2号 フレッシュアイペディアより)

  • テポドン1号

    テポドン1号から見た人工衛星人工衛星

    一方、北朝鮮での人工衛星打ち上げ用ロケットとしてのテポドン1号の正式名称は、「白頭山1号(?????)」であり、平壌の博物館には、1998年に光明星1号を搭載して発射したとされる「白頭山1号」と、2009年に光明星2号を搭載して発射したとされる「銀河2号」(テポドン2号改良型)の模型が並んで展示されている。なお、統一日報では白頭山1号について「銀河1号」という呼称で報じられたこともある。テポドン1号 フレッシュアイペディアより)

1152件中 31 - 40件表示

「人工衛星」のニューストピックワード