943件中 41 - 50件表示
  • セルゲイ・コロリョフ

    セルゲイ・コロリョフから見た人工衛星人工衛星

    セルゲイ・パーヴロヴィチ・コロリョフ(ロシア語:'';1907年1月12日[o.s.1906年12月30日] ? 1966年1月14日)は、ソビエト連邦の最初期のロケット開発指導者。第一設計局(OKB-1)の主任設計者として世界初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)であるR-7を開発した。R-7は核弾頭をペイロードや宇宙船に替えて宇宙開発にも使用され、1957年に世界最初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、1961年には世界初の有人宇宙飛行としてユーリイ・ガガーリンを宇宙に運んだ。アメリカのヴェルナー・フォン・ブラウンと並ぶ米ソ宇宙開発競争の双璧だった人物である。セルゲイ・コロリョフ フレッシュアイペディアより)

  • インテルサット

    インテルサットから見た人工衛星人工衛星

    人工衛星を使った国際通信の提供を目的として、商業衛星通信システムの設置を目指して、アメリカ、日本など11か国の参加と140ヶ国以上の通信事業者が出資して、1964年に発足した国際機関の通称であった。各国の通信事業者に対して、通信衛星を使い音声や画像、データ通信サービスを提供している。インテルサット フレッシュアイペディアより)

  • テポドン2号

    テポドン2号から見た人工衛星人工衛星

    2009年4月5日に舞水端里の発射場からテポドン2号の改良・派生型とみられる銀河2号が発射された。北朝鮮は事前に「人工衛星の『光明星2号』を衛星打ち上げロケット『銀河2号』を用いて打ち上げる」と発表していた。テポドン2号 フレッシュアイペディアより)

  • 指向性エネルギー兵器

    指向性エネルギー兵器から見た人工衛星人工衛星

    MIRACL(The Mid-Infrared Advanced Chemical Laser、中赤外線先進化学レーザー)はアメリカ海軍の試作したフッ化水素レーザーである。これは1997年にアメリカ空軍の人工衛星で試験が繰り返された。指向性エネルギー兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見た人工衛星人工衛星

    世界最初の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」など人工衛星計8基搭載したH-IIAロケット15号機、種子島宇宙センターから打ち上げ成功。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 重力

    重力から見た人工衛星人工衛星

    地球上のことについて論じている場合は、地球上の物体に対して働く地球の万有引力と地球自転による遠心力との合力を指している。また、人工衛星のように、地球の自転とは無関係な物体の運動について論じている場合は、遠心力の成分は除いて扱うことになる。重力 フレッシュアイペディアより)

  • 静止軌道

    静止軌道から見た人工衛星人工衛星

    静止軌道(せいしきどう、GSO: geostationary orbit)は、人工衛星の対地同期軌道の一種で、この軌道を回る衛星は、地球の自転と並行して移動し、地上からは天空の一点に止まっているように見えるため、通信衛星や放送衛星によく用いられる軌道である。軌道傾斜角≒0度、離心率≒0(真円)、公転周期=1恒星日(地球では23時間56分)の公転軌道のことである。地球を周回する軌道の場合には特に「対地静止軌道」(GEO: geostationary earth orbit) ともいう。静止軌道 フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・C・クラーク

    アーサー・C・クラークから見た人工衛星人工衛星

    1941年から1946年までイギリス空軍にてレーダー技師を務めた。1945年には人工衛星による通信システムを提案した。1946年から1947年まで英国惑星間協会の会長を務め、1951年から1953年にも再び会長を務めた。アーサー・C・クラーク フレッシュアイペディアより)

  • 情報収集衛星

    情報収集衛星から見た人工衛星人工衛星

    情報収集衛星(じょうほうしゅうしゅうえいせい、Information Gathering Satellite、IGS)は、日本の内閣官房が、安全保障や大規模災害への対応、その他の内閣の重要政策に関する画像情報収集を行うために運用している人工衛星である。実質的には偵察衛星を指す。情報収集衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行船

    飛行船から見た人工衛星人工衛星

    以上は有人飛行船であるが、最近ではラジコン飛行船の用途分野も広がり、中でも大規模プロジェクトである、地上局・人工衛星と並ぶ第三の情報通信網としての「成層圏プラットフォーム」飛行船が注目されている。地上20kmの成層圏に全長300m以上の大型無人飛行船を停留させ、無線通信の基地局として用いるというものである。基地局として必要な電力は飛行船上面に取り付けられた太陽電池でまかなうアイデアもある。地上局に比べ広範囲をカバーでき、人工衛星に比べ遅延時間が短く運用コストが低いという利点がある。「成層圏プラットフォーム」実用化に向けた取り組みは世界各国でなされており、日本では政府による「ミレニアムプロジェクト」の一つとして、成層圏滞空飛行船を利用した通信・放送サービスが計画された。2004年には、大規模に税金が投入され、北海道の大樹町多目的航空公園で、全長60mの実験機(ラジコンの軟式飛行船)の飛行試験が行われた。しかしながら、参加した専門家が少ない上に、多くのプロジェクト同様資金不足に陥り中止。現在、この時に使われた格納庫と運用場が残されている。飛行船 フレッシュアイペディアより)

943件中 41 - 50件表示

「人工衛星」のニューストピックワード