1152件中 51 - 60件表示
  • エースコンバット インフィニティ

    エースコンバット インフィニティから見た人工衛星人工衛星

    「蝶使い」の愛機。複数のクオックスを統御する機能を持つ。キャンペーンミッション#5と#7のボスとして、オンライン協同戦役にて強敵が乱入する『緊急ミッション』の1パターンとして登場。後にCFA-44の改造機であり、衛星経由の遠隔操作による無人機だったことが明らかになる。エースコンバット インフィニティ フレッシュアイペディアより)

  • 神舟

    神舟から見た人工衛星人工衛星

    ロシアのソユーズ宇宙船を基本としている為、構造は非常に似ているがソユーズより全長が長く大型化が図られており、居住スペースも広くなっている。3つのモジュールから構成され、小型の太陽電池パドルを備えた軌道モジュール、半楕円状の帰還モジュール、大きな太陽電池パドルを持った推進モジュールがある。地球に帰還するのは真ん中の帰還モジュールのみで、推進モジュールは使い捨てだが、中国固有の設計思想で作られた軌道モジュールは捨てずに周回衛星とすることができるほか、次回の有人打ち上げの際に宇宙空間で回収、ドッキングできるように設計されている。これにより、軌道モジュールを使用した長期の無人宇宙実験ができ、また将来の宇宙ステーション建設の際の技術習得につなげられると考えられる。神舟 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力電池

    原子力電池から見た人工衛星人工衛星

    ソビエトの人工衛星に搭載され、ナトリウムが漏れる事故を起こしている。原子力電池 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・コロリョフ

    セルゲイ・コロリョフから見た人工衛星人工衛星

    セルゲイ・パーヴロヴィチ・コロリョフ(;1907年1月12日 [o.s.1906年12月30日] ? 1966年1月14日)は、ソビエト連邦の最初期のロケット開発指導者。第一設計局 (OKB-1) の主任設計者として世界初の大陸間弾道ミサイル (ICBM) であるR-7を開発した。R-7はペイロードを核弾頭から宇宙船に替えて宇宙開発にも使用され、1957年に世界最初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、1961年には世界初の有人宇宙飛行としてユーリイ・ガガーリンを宇宙に運んだ。アメリカのヴェルナー・フォン・ブラウンと並ぶ米ソ宇宙開発競争の双璧を成した人物である。セルゲイ・コロリョフ フレッシュアイペディアより)

  • インド宇宙研究機関

    インド宇宙研究機関から見た人工衛星人工衛星

    インドのロケットの歴史は、イギリス人のウィリアム・コングリーヴはインド人がマイソール戦争で鉄製ロケットを用いていることを真似て、1804年にコングリーヴ・ロケットを発明した。1947年にイギリスから独立した後、インドの科学者や政治家は、同国ほど人口の多い国には独自の宇宙技術が必要になることを認識し、またリモートセンシングや通信分野での人工衛星の必要性を考慮して、宇宙機関を設立した。インド宇宙研究機関 フレッシュアイペディアより)

  • イラン宇宙機関

    イラン宇宙機関から見た人工衛星人工衛星

    イラン宇宙機関(, )はイランの宇宙機関。2004年に設立され、本部はテヘランに置かれている。2009年には人工衛星を打ち上げ、イランは世界で9番目の衛星打ち上げ能力を有する国となった。イランは国連宇宙空間平和利用委員会の設立時からのメンバーである。イラン宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙機の推進方法

    宇宙機の推進方法から見た人工衛星人工衛星

    最近の宇宙機はすべて化学ロケットで打ち上げられる。大半の人工衛星は単純な化学ロケットによる反動で軌道に投入される。宇宙空間においては電気推進のイオンエンジンも使用され、主に人工衛星の軌道制御や宇宙探査機の航行に用いられる。宇宙機の推進方法 フレッシュアイペディアより)

  • チャレンジャー号爆発事故

    チャレンジャー号爆発事故から見た人工衛星人工衛星

    ロジャース委員会は、NASAが固執してきた非現実的なまでに楽観的な発射スケジュールも事故の根本原因の一つだった可能性があるとして批判した。事故後、NASAはシャトルの稼働計画をもっと現実的なものにするよう試みた。失われたチャレンジャー号に代わる軌道船としてエンデバーを新造し、また国防総省と協力して人工衛星の打ち上げにはシャトルではなく使い捨て型ロケットの適用機会を増やした。1986年8月、レーガン大統領はまた今後シャトルでは商用衛星は運搬しないと表明した。32か月間の中断の後、STS-26の打ち上げによりシャトル任務が再開したのは1988年9月29日のことだった。チャレンジャー号爆発事故 フレッシュアイペディアより)

  • 古在由秀

    古在由秀から見た人工衛星人工衛星

    1952年、東京大学附属東京天文台助手に就任。1958年、学位論文「土星の衛星系にかんする研究」で理学博士号を取得。渡米してスミソニアン天体物理観測所及びハーバード大学天文台の客員研究員となった。1961年から『理科年表』編集に携わる。1963年、東京大学附属東京天文台助教授に就任。同年朝日賞を受賞。1965年、東京天文台附属人工衛星国内計算施設長に就任。1966年、東京大学附属東京天文台教授に就任。1973年、東京天文台附属堂平観測所長に就任。1979年6月11日、土星衛星、人工衛星及び小惑星の運動の研究により日本学士院賞及び恩賜賞を受賞。1980年、日本学士院会員となる。古在由秀 フレッシュアイペディアより)

  • サターンV

    サターンVから見た人工衛星人工衛星

    1957年10月4日、旧ソビエト連邦が史上初の人工衛星となるスプートニク1号を打ち上げた。当時アメリカ合衆国上院の院内総務を務めていたリンドン・ジョンソンはその時の印象について以下のように回想している。サターンV フレッシュアイペディアより)

1152件中 51 - 60件表示

「人工衛星」のニューストピックワード