943件中 61 - 70件表示
  • 神舟

    神舟から見た人工衛星人工衛星

    ロシアのソユーズ宇宙船を基本としている為、構造は非常に似ている。3つのモジュールから構成され、小型の太陽電池パドルを備えた軌道モジュール、半楕円状の帰還モジュール、大きな太陽電池パドルを持った推進モジュールがある。地球に帰還するのは真ん中の帰還モジュールのみで、推進モジュールは使い捨てだが、中国固有の設計思想で作られた軌道モジュールは捨てずに周回衛星とすることができるほか、次回の有人打ち上げの際に宇宙空間で回収、ドッキングできるように設計されている。これにより、軌道モジュールを使用した長期の無人宇宙実験ができ、また将来の宇宙ステーション建設の際の技術習得につなげられると考えられる。神舟 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年

    1970年から見た人工衛星人工衛星

    2月11日 - 東京大学宇宙研、初の国産人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功。1970年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本電気

    日本電気から見た人工衛星人工衛星

    1970年(昭和45年)には、日本初の人工衛星である「おおすみ」を製造し、運用に成功する。日本電気 フレッシュアイペディアより)

  • 近点通過

    近点通過から見た人工衛星人工衛星

    近点通過の瞬間は、主星との距離が最短になる。離心率の高い人工衛星が軌道に乗るのは、近地点にてであることが多い(離心率が低くほぼ円軌道の場合は、どこでもよい)。また、長周期彗星や太陽系外縁天体など軌道長半径が大きくかつ離心率が高い天体が発見されるのは、近日点付近であることが多い。近点通過 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑健治郎

    古閑健治郎から見た人工衛星人工衛星

    この立体の思考方法で宇宙探査機・人工衛星等の太陽電池パドルの展開方法が新しく考案されることが期待されている。古閑健治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田嶋一雄

    田嶋一雄から見た人工衛星人工衛星

    1937年9月、千代田光学精工株式会社に改組・社名変更。戦時中は海軍の要請で士官用プリズム双眼鏡などを製造した。1962年2月にはアメリカ初の有人衛星・フレンドシップ7号に「ミノルタハイマチック」が搭載され、このカメラで写した地球の写真が世界中の新聞に掲載、一躍知名度を高めた。同年7月、ブランド名と社名を統一し、ミノルタカメラ株式会社に商号変更。以後もカメラを主力として複写機やマイクロ写真機器など事業を拡大させた。田嶋一雄 フレッシュアイペディアより)

  • フォトンM1

    フォトンM1から見た人工衛星人工衛星

    フォトンM1 (Foton-M1) とは、欧州宇宙機関とロシア連邦宇宙局が開発した人工衛星である。2002年にロシアのプレセツク宇宙基地から打ち上げられたが、ロケットの墜落により失われた。地球周回軌道上で複数の科学実験を行い、カプセルを地上へ帰還させることを目的としていた。フォトンM1 フレッシュアイペディアより)

  • 衛星間通信

    衛星間通信から見た人工衛星人工衛星

    衛星間通信 フレッシュアイペディアより)

  • エクスプローラー10号

    エクスプローラー10号から見た人工衛星人工衛星

    エクスプローラー10号(Explorer 10, P-14)はアメリカ合衆国の人工衛星。地球の磁気圏、および月地球間の空間を通過することにより、その空間の磁場とプラズマを観測することが目的で、1961年3月25日に打ち上げられ、衛星は非常に歪んだ楕円軌道に投入された。エクスプローラー10号 フレッシュアイペディアより)

  • ST5 (NASA)

    ST5 (NASA)から見た人工衛星人工衛星

    ST5(英: Space Technology 5)はNASAのニュー・ミレニアム計画の一環として行われた3機のマイクロサット上で行われた技術試験計画、またはその3機の人工衛星のこと。ST5 (NASA) フレッシュアイペディアより)

943件中 61 - 70件表示

「人工衛星」のニューストピックワード