1152件中 71 - 80件表示
  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た人工衛星人工衛星

    宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年

    1970年から見た人工衛星人工衛星

    2月11日 - 東京大学宇宙研、初の国産人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功。1970年 フレッシュアイペディアより)

  • 情報収集衛星

    情報収集衛星から見た人工衛星人工衛星

    情報収集衛星(じょうほうしゅうしゅうえいせい、)とは、日本の内閣官房が、安全保障や大規模災害への対応、その他の内閣の重要政策に関する画像情報収集を行うために運用している人工衛星である。事実上の偵察衛星を指す。情報収集衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 日本電気

    日本電気から見た人工衛星人工衛星

    1970年(昭和45年)には、日本初の人工衛星である「おおすみ」を製造し、運用に成功する。日本電気 フレッシュアイペディアより)

  • 準天頂衛星システム

    準天頂衛星システムから見た人工衛星人工衛星

    衛星測位において、利用者の受信機の位置を測定するためには、4機以上の人工衛星から信号を受信することが必要であり、高精度な測位には、8機以上からの受信が望ましい。準天頂衛星システム フレッシュアイペディアより)

  • 天文博物館五島プラネタリウム

    天文博物館五島プラネタリウムから見た人工衛星人工衛星

    ロビーは、常設展示場になっていた。イギリスのフィリップス社製の天球儀(直径約1m)、精巧な縮尺で作られた8台の歴史的な天体望遠鏡の模型、天体写真、四季の星座ジオラマ、三球儀、人工衛星の模型などがあった。東急文化会館屋上には太陽観測用の望遠鏡(シーロスタット)があり、晴天日には展示室の最奥部で太陽面を観察することができた。天文博物館五島プラネタリウム フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見た人工衛星人工衛星

    世界最初の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」など人工衛星計8基搭載したH-IIAロケット15号機、種子島宇宙センターから打ち上げ成功。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 時間の遅れ

    時間の遅れから見た人工衛星人工衛星

    なお、この現象は光速に近い速度でなくとも、日常生活における速度でも極く僅かではあるが生じている。現に航空機に載せた原子時計の進みがごく僅かに遅れる事が実験によって確認されている。ただし宇宙船や人工衛星の場合は、速度の影響のみならず重力場の有無による影響もある事に注意する。時間の遅れ フレッシュアイペディアより)

  • スピルオーバー

    スピルオーバーから見た人工衛星人工衛星

    国際的に電波の越境が注目を浴びるようになったのは衛星放送などが一般化した1980年代に入ってからである。衛星放送ではその性質上、本来のサービスエリアの周辺国に衛星からの電波が届いてしまうことによって政治的・文化的影響を与えることがある。スピルオーバーは特に1980年代以降の旧社会主義国や発展途上国の民主化の流れに影響を与えたといわれている。スピルオーバー フレッシュアイペディアより)

  • 近点通過

    近点通過から見た人工衛星人工衛星

    近点通過の瞬間は、主星との距離が最短になる。離心率の高い人工衛星が軌道に乗るのは、近地点にてであることが多い(離心率が低くほぼ円軌道の場合は、どこでもよい)。また、長周期彗星や太陽系外縁天体など軌道長半径が大きくかつ離心率が高い天体が発見されるのは、近日点付近であることが多い。近点通過 フレッシュアイペディアより)

1152件中 71 - 80件表示

「人工衛星」のニューストピックワード