前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
157件中 1 - 10件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見たアーサー・C・クラーク

    1945年、アーサー・C・クラークは雑誌上で、通信衛星を用いたマスコミュニケーションの可能を詳細に記述した。また、クラークは人工衛星打ち上げの計画、可能な衛星軌道などについても調査し、3機の静止軌道衛星で地球全体をカバーすることを提案した。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たスペースデブリ

    人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。目的を持たない使用済みロケットや人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た通信衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、通信衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星などである。詳細はそれぞれの項目を参照。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た銀河

    宇宙望遠鏡/天文衛星 - 地球以外の惑星や銀河など外宇宙の天体を観測目的とする衛星。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た火星

    人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星や土星などの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たアメリカ航空宇宙局

    有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た有人宇宙船

    有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たコンスタンチン・ツィオルコフスキー

    1903年、コンスタンチン・ツィオルコフスキーは「反作用利用装置による宇宙探検」()を出版。これは宇宙船を打ち上げるためのロケット工学に関する最初の学術論文だった。ツィオルコフスキーは地球の回る最小の軌道に求められる軌道速度を8km/sと計算し、液体燃料を使用した多段式ロケットならば達成可能であることを示した。また、彼は液体水素と液体酸素の使用を提案した。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たジュール・ヴェルヌ

    人工衛星がフィクション内で初めて描かれたのはの短編小説、『』である。この話はThe Atlantic Monthly にて1869年からシリーズ化された。この概念が次に登場したのは1879年、ジュール・ヴェルヌの『』である。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たヴァルター・ホーマン

    ホーマン遷移軌道 (LTO) - 推進装置を二回使用して円軌道から他の円軌道に移る軌道。ヴァルター・ホーマンに因んで命名された。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
157件中 1 - 10件表示

「人工衛星」のニューストピックワード