前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見たアーサー・C・クラーク

    1945年、アーサー・C・クラークは雑誌上で、通信衛星を用いたマスコミュニケーションの可能性を詳細に記述した。また、クラークは人工衛星打ち上げの計画、可能な衛星軌道などについても調査し、3機の静止軌道衛星で地球全体をカバーすることを提案した。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たスペースデブリ

    人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h)に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た通信衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たスペースX

    2008年9月28日、民間航空会社スペースXはファルコン1ロケットの軌道への打ち上げに成功した。これは民間が建造した液体燃料ブースターが軌道に到達した初めてのことである。ロケットは長さ1.5mの模型を軌道へ打ち上げた。このRatsatと呼ばれるダミー衛星は5年から10年で大気圏で燃え尽きる。そのほかにも、数は少ないがいくつかの民間会社が弾道飛行可能なロケットを開発している。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た日東製網

    掃除衛星 - デブリを除去する目的の衛星。2020年度を目途にJAXAが開発に乗り出した。デブリに導電性のテザー(紐)を取り付けて軌道を下げ大気圏に突入させるというアイディアが提唱されている(テザー推進も参照)。テザーの開発は漁網メーカーの日東製網が協力している。名称は暫定的なものである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た三菱重工業

    アリアンスペースや三菱重工業などは宇宙機関から業務移管されて人工衛星の打ち上げを行っている。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た銀河

    宇宙望遠鏡/天文衛星 - 地球以外の惑星や銀河など外宇宙の天体を観測目的とする衛星。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たアマチュア衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た火星

    人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星や土星などの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たアメリカ航空宇宙局

    有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示

「人工衛星」のニューストピックワード