181件中 91 - 100件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見た円軌道

    円軌道 - 軌道離心率が0で、円の形をした軌道。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た遠心力

    人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h)に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たランド研究所

    アメリカ合衆国は、1945年よりの下、人工衛星の打ち上げを検討してきた。1946年5月に米空軍のランド研究所が提出した報告書、「実験周回宇宙船の予備設計」(Preliminary Design of a Experimental World-Circling Spaceship )には「適当な装置を搭載した人工衛星は20世紀の最も強力な科学ツールの一つになりうる」と述べられており、人工衛星が軍事的重要性を持つとは思っておらず、むしろ科学的、政治的、プロパガンダ的なものと当時見なしていた。アメリカ国防長官チャールズ・E・ウィルソンは1954年「私は国内の人工衛星計画を知らない」(I know of no American satellite program)と述べた。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た電気通信

    通信衛星 - 電気通信を目的とする衛星。21世紀初頭の通信衛星は一般的に対地同期軌道、モルニア軌道、低軌道を利用する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たファルコン1

    2008年9月28日、民間航空会社スペースXはファルコン1ロケットの軌道への打ち上げに成功した。これは民間が建造した液体燃料ブースターが軌道に到達した初めてのことである。ロケットは長さ1.5mの模型を軌道へ打ち上げた。このRatsatと呼ばれるダミー衛星は5年から10年で大気圏で燃え尽きる。そのほかにも、数は少ないがいくつかの民間会社が弾道飛行可能なロケットを開発している。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たラグランジュ点

    ハロー軌道/リサージュ軌道 - ラグランジュ点の周りを回る軌道。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た静止トランスファー軌道

    静止衛星の場合、静止トランスファー軌道から静止軌道に軌道変更するためのアポジ・モーターを搭載するが、それも推進系を構成する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たイスラエル

    このリストは、自国の打ち上げ機(ローンチ・ヴィークル)で人工衛星を軌道上に到達させることに成功した国のリストである。多くの国は人工衛星を設計・製造する能力を有するが、独自開発の打上げ機で人工衛星を打ち上げることができる国は、2013年1月末時点で9カ国(ロシア、ウクライナ、アメリカ、日本、中国、インド、イスラエル、イラン、北朝鮮)と1機関(欧州宇宙機関(ESA))のみであり、大多数の国々はこれら少数の国と機関に打ち上げ業務を依存することになる。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たミサイル

    衛星攻撃兵器/キラー衛星 - 敵の衛星を攻撃するための兵器。粒子ビーム兵器、エネルギー兵器、運動エネルギー兵器、核ミサイル、または通常ミサイルなどを用いて破壊する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たアリアンスペース

    アリアンスペースや三菱重工業などは宇宙機関から業務移管されて人工衛星の打ち上げを行っている。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示

「人工衛星」のニューストピックワード