181件中 31 - 40件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見た海洋学

    科学観測衛星は気象情報や地上情報、といった地球科学的、海洋学的、大気学的調査に利用される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た太陽光発電

    太陽光発電衛星 - 軌道上で太陽光発電を行い電力をマイクロ波などで地上に送る衛星。宇宙太陽光発電を参照。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た宇宙太陽光発電

    太陽光発電衛星 - 軌道上で太陽光発電を行い電力をマイクロ波などで地上に送る衛星。宇宙太陽光発電を参照。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た銀河系

    銀河周回軌道 - 銀河の中心を周回する軌道。地球の太陽は銀河系の銀河核を周回しているので、この軌道に分類される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た2009年

    人工衛星の任務が終了に近づくと、衛星を現在の軌道から離脱するのか、そのままにしておくのか、墓場軌道まで動かすのかという選択肢がある。初期の人工衛星は予算的な都合によって軌道変更のための機能を持つことはほとんど無かった。たとえば、1958年に打ち上げられたヴァンガード1号は4番目に軌道に投入された衛星であるが、2009年8月現在も軌道上に存在し、最も長く軌道上に存在する衛星となっている。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たオービタル・サイエンシズ

    オービタル・サイエンシズはトーラスロケットを用いた打ち上げを行っている。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た軌道 (力学)

    人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h)に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た対地同期軌道

    通信衛星 - 電気通信を目的とする衛星。21世紀初頭の通信衛星は一般的に対地同期軌道、モルニア軌道、低軌道を利用する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た地球観測衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た偵察衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

181件中 31 - 40件表示

「人工衛星」のニューストピックワード