181件中 41 - 50件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見たスプートニク1号

    人類初の人工衛星は、1957年にソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号である。21世紀初頭までに、数千もの人工衛星が地球周回軌道に打ち上げられた。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た低軌道

    通信衛星 - 電気通信を目的とする衛星。21世紀初頭の通信衛星は一般的に対地同期軌道、モルニア軌道、低軌道を利用する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た軌道傾斜角

    傾斜軌道 - 衛星の軌道傾斜角が惑星の赤道に対して傾いている軌道。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た放送衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た墓場軌道

    墓場軌道 - 地球同期軌道の数百km上の軌道。衛星は任務終了時にここに移動する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た静止軌道

    静止軌道 (GSO) - 軌道傾斜角が0°の対地同期軌道。地上の観測者からは衛星が空に固定されているように見える。アーサー・C・クラークに因んでクラーク軌道とも呼ばれる。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た宇宙ステーション

    有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た宇宙速度

    人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h)に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た軍事衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た科学衛星

    人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、偵察衛星、通信衛星、放送衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星、アマチュア衛星などである。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

181件中 41 - 50件表示

「人工衛星」のニューストピックワード