181件中 61 - 70件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見た輻射

    衛星は宇宙空間にて高温から低温の過酷な環境に晒される。また、真空である宇宙空間では輻射による廃熱しかない。そのため、搭載した機器が良好に動作するためには、動作温度に収まるよう上手く設計する必要がある。実際のハードウェアとしては、次のような手段を駆使して実現する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たマイクロ波

    太陽光発電衛星 - 軌道上で太陽光発電を行い電力をマイクロ波などで地上に送る衛星。宇宙太陽光発電を参照。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た重力異常

    計画した軌道に衛星を投入しても、放置しておくと地球の重力異常や、太陽風による擾乱のために、徐々に軌道が変わっていく。そのため、スラスターを稼働させ、軌道制御を行う。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た中軌道

    中軌道 (MEO) - 高度2,000kmから地球同期軌道(35,786km)までの地球周回軌道。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た原子力

    原子力衛星 - 原子力を動力源とする衛星。宇宙開発初期に、米ソによって複数打ち上げられたが、現在は打ち上げられていない。ソ連のコスモス954号はカナダに落下した。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た順行・逆行

    順行軌道 - 軌道傾斜角が90°以下の軌道。惑星の自転と同方向に周回する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たV2ロケット

    第二次世界大戦中に開発されたドイツのV2ロケットの技術とその技術者たちによって、アメリカとソ連のロケット技術は急速な進歩を成し遂げ、人工衛星が現実のものとなりつつあった。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たアメリカ戦略軍

    SNNは直径10センチ以上の物体を追跡している。アメリカ戦略軍は主に活動中の衛星に関心を持つが、ミサイルの接近と誤認しないように再突入するであろうスペースデブリも追跡している。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た停波

    現在、気象衛星をふくめ、静止軌道上の衛星は姿勢・軌道制御を行うためにスラスターを搭載している。スラスターの燃料が切れると衛星は静止軌道を保てなくなるため、寿命末期には静止軌道からさらに高度の軌道(墓場軌道)に上昇させ、停波・廃棄する。しかし、中には何らかの理由により軌道離脱ができず、スペースデブリと化す衛星もある。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た風雲 (気象衛星)

    低軌道上の人工衛星は地球からの弾道ミサイルによって破壊可能である。ロシア、アメリカ、中国は衛星破壊の実験を行ったことがある。2007年、中国は自国の気象衛星風雲一号Cを破壊し、2008年2月、アメリカ海軍は自国の偵察衛星USA-193を破壊させている。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

181件中 61 - 70件表示

「人工衛星」のニューストピックワード