157件中 71 - 80件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見たスラスター

    計画した軌道に衛星を投入しても、放置しておくと地球の重力異常や、太陽風による擾乱のために、徐々に軌道が変わっていく。そのため、スラスターを稼働させ、軌道制御を行う。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た火星探査機

    人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星や土星などの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た地球科学

    科学観測衛星は気象情報や地上情報、といった地球科学的、海洋学的、大気学的調査に利用される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た軌道離心率

    円軌道 - 軌道離心率が0で、円の形をした軌道。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た恒星時

    '' - 火星を周回する同期軌道。公転周期は火星の恒星時(24.6229時間)と等しい。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たダウンリンク

    人工衛星のシステムは「衛星系」と「地上支援系」により構成され、この二つの間でアップリンクとダウンリンクが行われる。衛星系は、その衛星特有のミッションを遂行するための「ミッション機器」と電力、通信、姿勢制御などの基本的な機能に必要な「バス機器」から構成される。また、地上支援系は人工衛星を追跡し、データを取得して運用・管制を行うための機器からなる。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た円軌道

    円軌道 - 軌道離心率が0で、円の形をした軌道。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た宇宙速度

    双曲線軌道 - 1以上の離心率を持つ軌道。宇宙速度以上の速度を持ち、天体の引力を振り切る。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見たランド研究所

    アメリカ合衆国は、1945年よりの下、人工衛星の打ち上げを検討してきた。1946年5月に米空軍のランド研究所が提出した報告書、「実験周回宇宙船の予備設計」(Preliminary Design of a Experimental World-Circling Spaceship )には「適当な装置を搭載した人工衛星は20世紀の最も強力な科学ツールの一つになりうる」と述べられており、人工衛星が軍事的重要性を持つとは思っておらず、むしろ科学的、政治的、プロパガンダ的なものと当時見なしていた。アメリカ国防長官は1954年「私は国内の人工衛星計画を知らない」(I know of no American satellite program)と述べた。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た電気通信

    通信衛星 - 電気通信を目的とする衛星。21世紀初頭の通信衛星は一般的に対地同期軌道、モルニア軌道、低軌道を利用する。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

157件中 71 - 80件表示

「人工衛星」のニューストピックワード