前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
354件中 1 - 10件表示
  • 朝鮮民主主義人民共和国ウォン

    朝鮮民主主義人民共和国ウォンから見た人民元人民元

    2009年11月30日には1959年以来となる新しい北朝鮮ウォンが導入され、交換比率を100対1として通貨単位を切り下げるデノミが行われた。タンス預金の発覚を恐れた市民が、人民元や米ドルへの両替を求めて闇市に殺到、大混乱に陥った。外貨流通の突然の停止と物資の絶対的不足により、北朝鮮の市場は閉鎖され、商品の流通は麻痺状態に陥り、デノミの直後からハイパーインフレになった。朝鮮民主主義人民共和国ウォン フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の高速道路

    中華人民共和国の高速道路から見た中国元人民元

    高速道路はほぼすべて有料である。料金は1 kmあたり約0.5中国元で、最低料金(例えば5)は距離にかかわらず適用される。高速道路による標準的な金額より高い場合(津薊高速道路は1 kmあたり0.66)や安い場合(京石高速道路は1 kmあたり0.33)も存在する。通行料金に係らず高速道路は高規格で建設され、また渋滞の発生とも無関係である。中華人民共和国の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 円 (通貨)

    円 (通貨)から見た人民元人民元

    長らく日本においてのみ法定通貨とされていたが、2014年1月よりジンバブエの法定通貨の1つに加えられた。これにより同月より日本円を法定通貨とする国は2カ国となっている。なお、ジンバブエでは日本円の他に米ドル、ユーロ、英ポンド、南アフリカ・ランド、ボツワナ・プラ、中国人民元、インド・ルピー、豪ドルも法定通貨として導入されている。円 (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • 最低賃金

    最低賃金から見た人民元人民元

    北京市 - 月2,000 (2017年9月現在)[但しパートの時給は22元]最低賃金 フレッシュアイペディアより)

  • A株

    A株から見た人民元人民元

    A株(エーかぶ)とは、中華人民共和国(中国)の上海・深圳の株式市場に上場している同国企業を対象とした市場の種別で人民元で取引される。A株 フレッシュアイペディアより)

  • 最後の晩餐 (2013年の映画)

    最後の晩餐 (2013年の映画)から見た人民元人民元

    この作品は、中国では1億9200万人民元(USドル3140万ドル相当)、韓国では1億2700万人民元(USドル11万8000ドル相当)の興行成績を上げた。「中韓合作映画としては最大のヒット」とされる。最後の晩餐 (2013年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 岩畔豪雄

    岩畔豪雄から見た人民元人民元

    また1942年(昭和17年)10月に陸軍の兵器行政の大改革を行い、兵器の行政本部、陸軍技術本部をまとめて陸軍兵器行政本部を設け、その下に10の技術研究所を設立。その第9研究所が殺人光線などの電波兵器を研究した通称登戸研究所(現在の神奈川県川崎市多摩区生田)で、所長には篠田鐐大佐が就いた。登戸研究所はこの他、毒薬・生物化学兵器の研究・開発、リモコン戦車、風船爆弾など各種爆弾、風船爆弾に搭載する牛疫ウイルス、ペン型銃、電話盗聴器、各種超小型写真機、超縮小カメラ通信、通信用秘密インク、パスポートから偽造紙幣まで何でもつくっていた。生物化学兵器の研究・開発では、陸軍軍医学校の内藤良一や石井四郎などと連絡を取り合い登戸研究所内で人体実験も行われたといわれる。偽札製造は中国の経済攪乱を目的とする、それまでとは比べ物にならない精巧な法幣(中国紙幣)偽造工作であったが、岩畔はこの計画を発頭。秘匿名を「杉工作」と称し、山本憲蔵主計少佐を登戸研究所に配属し工作に専任させ、実施面の責任者に阪田誠盛を起用し上海に杉機関(阪田機関)を設置した。製造については、凸版印刷と巴川製紙の社長を兼ねていた井上源之丞の全面協力があったという。山本少佐は「岩畔大佐は、その風貌のしめすごとく、豪気果断であるばかりでなく、俊敏しかも柔軟性のある、いわば軍人ばなれのした逸材として、すでにその上下をとわず衆望を集めていた」と評している。偽札計画は推進され、中国の秘密結社・青幇との密接な協力関係をとりつけるなどで、偽札は実際に印刷し大量に投入もされた。約45億を製造し、軍事物資の調達などで約30億元が使用されたといわれる。当時の1はほぼ1円で、1945年の日本の国家予算が約200億であったことから、これほど大量に実際に偽札が使用された事例はなく、登戸研究所を舞台とした偽札印刷は、世界大戦中における最大規模の経済謀略であったとされる。しかしこれは思わぬ結末を迎えた。大きな転機となったのは1941年12月、日本軍による香港攻略である。これにより重慶側の紙幣印刷工場を鹵獲し、工場の"ほんもの"の紙幣ならびに機材を押収した。このため用紙もインキも印刷機械も全て"ほんもの"を使い"、ほんもの"の紙幣を製作。"ほんもの"を大量に投入することになった。結果、この偽札工作は皮肉なことに、法幣不足に悩む重慶側を助けることになったとされる。なお、登戸研究所は1944年頃から米機の空襲が頻繁となったため、研究所の第1科、第2科は、長野県伊那地方に疎開。偽札を製造をしていた前述の第3科は福井県武生市に疎開した。これはここに原料不足で稼働していなかった加藤製紙工場があったためで、ここを借り上げ引越しをしたが、その途中に終戦となった。印刷機械設備は日本海に投棄するなど痕跡をとどめないようにしたという。中国に渡った偽札は戦後どう扱われたかは分からないとされてきたが、終戦後に中国に残留して軍閥の反共工作に協力した元日本軍人によって利用されたともいわれている。岩畔豪雄 フレッシュアイペディアより)

  • 深セン通

    深セン通から見た人民元人民元

    将来は、駐車料金、水道電気ガスなど公共料金、家賃、公共施設使用料の支払いも可能になる。また、香港の八達通(オクトパス)や広州市の羊城通との相互使用も検討されている。特にオクトパスとの相互利用に関しては、ここ数年間継続して協議が行われている。当初は人民元と香港ドルの決済がネックであった。しかし、CEPAが締結された2003年以降、両通貨の決済方法が整備され、この問題はほぼ解決されている。また、技術的な障害もほとんどないとの報道もされている。さらに、深圳市は香港と深圳市の一体化を推進する立場から積極的である。ところが、香港政府は必ずしもそうでなく、協議は未だ初段階に過ぎないと表明している。深セン通 フレッシュアイペディアより)

  • チベット問題

    チベット問題から見た人民元人民元

    2009年3月9日に胡錦濤総書記は「祖国の団結を守り抜くために 万里の長城を築くごとく徹底的に分裂主義と戦い、チベットの基本的な安定を長期的安定へと導かなければならない。」と発言しているが、侵攻後60年を経てもチベット統治のために軍事力に依存していると批判されている。2008年以来、チベットでは抗議行動が続き、2011年3月にはンガバで弾圧が行われた。また少なくとも824人のチベット人政治囚が収監され、中国では保安予算が国防予算を上回るともいわれる。2010年には保安予算549億人民元(84億ドル)で国防予算が533.4億人民元であった。ヒューマン・ライツ・ウォッチは2008年の抗議行動の際に拘束された推定何千人と、過剰警備による死亡者に対して、中国政府は情報を公開もしないし、責任を問われてもいないとして批判している。チベット問題 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国期の通貨の歴史

    中華民国期の通貨の歴史から見た人民元人民元

    中華民国期の通貨の歴史(ちゅうかみんこくきのつうかのれきし)では、中華人民共和国の建国前、20年にもわたる日中戦争時期までの通貨乱立・乱発の時期から、建国後の人民元による通貨の統一までの歴史について説明する。中華民国期の通貨の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
354件中 1 - 10件表示

「人民元政策」のニューストピックワード