354件中 91 - 100件表示
  • 三宅輝幸

    三宅輝幸から見た人民元人民元

    三宅 輝幸(みやけ てるゆき、1939年7月13日 - )は日本の経済学者、和光大学経済経営学部・大学院名誉教授。横浜商科大学講師、国際マネジメント協会試験委員、日本貿易振興機構(ジェトロ)試験委員、東京都中小企業振興公社講師。専門は国際金融論、外国為替論、人民元問題。三宅輝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 河北大学飲酒運転ひき逃げ事件

    河北大学飲酒運転ひき逃げ事件から見た人民元人民元

    加害者の男は女子学生1人が死亡した後、事故発生17時間後に刑事事件の犯人として拘留された。22時に加害者の両親が被害者家族のために大学が手配した宿泊所を訪れ被害者の叔父に謝罪及び500人民元(約6,800円)を手渡した。河北大学飲酒運転ひき逃げ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の汚染タンパク質輸出問題

    中国の汚染タンパク質輸出問題から見た人民元人民元

    汚染タンパク質輸出問題に直接関連するわけではないが、5月29日、新華社は国家食品薬品監督管理局の元局長である鄭篠萸が8つの企業から649万人民元(約85万米ドル)以上の賄賂を受け取り、非安全な薬品を認可し、少なくとも数百人、おそらくは数千人が死亡した件について有罪判決を下し、彼は死刑に処されたと報じた。彼の8年間の在任期間中、FDAのおよそ134倍に当たる15万件以上の新薬の認可を要請されていたことも明らかになった(FDAの1年間の新薬認可数はわずか140件程度である)。特に驚くべきことではないが、15万件以上の医薬品のほとんどは鄭篠萸が賄賂を受け取っていた8つの会社のものだった。最高責任者が自殺し、閉鎖されていた安徽省の華源生物薬有限公司の医薬品により14人が死亡し、数百人が再起不能な後遺症を負った。 鄭篠萸の前の代理人も200万人民元(約25万米ドル)以上の賄賂を受け取り、鄭を支援したとされ有罪判決を受けた。前の代理人も死刑宣告され、2年後に執行される。新しい食品安全リコールのシステムがその年の終わりまでに実行される。しかし、中国国民はこれが氷山の一角であることを知っている。なぜなら報道されている鄭篠萸が受け取った賄賂の金額は鄭自身が自白したものであり、本当の額はずっと多いからである。2007年3月、鄭篠萸は受け取った賄賂の正確な金額は分からないことを認めた。なぜなら649万人民元という金額は彼自身が受け取ったもののみで彼の妻子も莫大な賄賂を受け取っておりそれは加算されていないからである。鄭篠萸一家に対する捜査は続いている。中国国民は捜査が進めば進むほど、薬害で死亡したり、重篤な後遺症を負った人間の数は確実に増えていくだろうと信じている。中国の汚染タンパク質輸出問題 フレッシュアイペディアより)

  • 旧中国銀行上海ビル

    旧中国銀行上海ビルから見た人民元人民元

    中国銀行は上海支店を50万人民元をかけて設置し、この残りでビルを建築することにした。1934年の4月には理事会は業務管理と主要オフィスとして、また、上海支店としてに18階建てのビルを建設することを決定した。建築のために見込まれた費用は600万人民元だった。旧中国銀行上海ビル フレッシュアイペディアより)

  • 経済ナショナリズム

    経済ナショナリズムから見た人民元人民元

    例として、Henry Clayが主張するAmerican System、フランスのDirigisme、日本の通産省による"勝者と敗者の選択(pick winners and losers)"、マレーシアがアジア金融危機にて発動した通貨操作、中国の人民元操作、アルゼンチンが2001年の金融危機において発動した関税と通貨切下げ経済政策、米国の国内製鉄産業保護のための関税などがある。経済ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • 盧琳 (サッカー選手)

    盧琳 (サッカー選手)から見た人民元人民元

    2005年8月10日、 トルコのスーパーリーグの チームのユースリーグチーム公式の広州チームにつき200万 人民元 の送金手数料を購入する必要があLu Lin、 の交渉では両者の破壊は、Lu Lin滞在広州チームです。盧琳 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の経済

    2005年の経済から見た人民元人民元

    7月21日 - 中国人民銀行が人民元の為替レートの2%切り上げと通貨バスケット制の導入の実施(人民元改革)を発表2005年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の経済

    2015年の経済から見た人民元人民元

    30日 - 国際通貨基金は人民元を特別引出権の構成通貨に加えることを正式決定した。人民元は「自由に使用可能である」という基準を満たしていると判断された。2015年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 海南東環鉄道

    海南東環鉄道から見た人民元人民元

    海南東環鉄道は、中国の高速鉄道の中では、「都市間鉄道」()に分類される。2007年7月30日に鉄道部と広州鉄路集団公司、海南省発展控股有限公司が共同出資し、海南東環鉄路有限公司が設立された。2007年9月29日に着工、2010年12月30日に開通した。総事業費は202.24億であり、これは海南島の交通への投資プロジェクトとしては過去最大のものである。資金は鉄道部と海南省政府の共同出資である。海南東環鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 海南西環高速鉄道

    海南西環高速鉄道から見た人民元人民元

    海南西環高速鉄道は、中国の高速鉄道の中では、「都市間鉄道」()に分類される。鉄道部と海南省、海南省発展控股有限公司が共同出資し、海南?展控股有限公司が設立された。2012年9月18日にまず、三亜?鳳凰空港間で着工、2013年9月に、残る鳳凰空港?海口間を着工、2015年6月30日に全線軌道敷設が完了し、同年12月30日に開業した。総事業費は271億。この海南西環高速鉄道の開通に伴い、海南島の高鉄環状運転が可能になった(海口駅でスイッチバックする線形になっているが、環状運転する高鉄は海口駅南方の短絡線を通るため、方向転換無しでの環状運転が可能)。海南西環高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

354件中 91 - 100件表示

「人民元政策」のニューストピックワード