354件中 11 - 20件表示
  • 補助貨幣

    補助貨幣から見た人民元人民元

    また、アメリカや中国などではドルや人民元などに対する通貨の補助単位(セント、角など)である分数貨幣の意味として「補助通貨」と呼ばれることもあるが、分数貨幣は主に小額紙幣であった。補助貨幣 フレッシュアイペディアより)

  • レッドチップ

    レッドチップから見た人民元人民元

    あくまでも香港証券取引所の株式銘柄であり、上場会社は香港証券取引所の上場基準を満たさなければならない。また上場会社は香港証券取引所規則を遵守しなければならない。登記地の法律と会計制度が適用される。取引通貨は香港ドル(一部の銘柄は人民元)である。海外の個人投資家も取引に参加できる。レッドチップ フレッシュアイペディアより)

  • 中国銀行 (香港)

    中国銀行 (香港)から見た人民元人民元

    2003年に締結されたCEPAの一環として、中国大陸住民による香港への個人旅行が段階的に開放された。それに伴い、香港金融管理局と中国人民銀行は2003年11月に、中国本土住民が香港で銀聯やクレジットカードを利用可能とする覚書に調印した。このため、本土の通貨である人民元を取り扱う機関が香港に必要となり、人民元決済行として、中銀香港が選定された。人民銀行が決済業務を外部に認可するのは初の事例であり、人民銀行の香港における総代理人という役回りを受持っている。中国銀行 (香港) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見た人民元人民元

    中国人民銀行は、人民元の中心レートを1ドル=6.3282元へと大幅に引き下げた。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉興市

    嘉興市から見た人民元人民元

    2004年には市の工業生産高は対前年比32.9%増の1666.2億人民元を記録した。市域に574の外国企業が投資をしており、投資累計額は25.8億米ドルとなった。また同年の輸出額は対前年比41.2%増の51億米ドルと史上最高を記録した。同年6月には市内の海塩県と対岸の寧波を結ぶ杭州湾海上大橋が2008年の完成をめざして着工した。ちまきと南湖菱は有名。嘉興市 フレッシュアイペディアより)

  • 蘇州市

    蘇州市から見た人民元人民元

    2012年の統計によると、蘇州の市内総生産は1兆500億人民元である。これは中国の都市で第6位であり、省都南京を大きく上回り、華東では上海に次ぐ第2位である。蘇州市 フレッシュアイペディアより)

  • ドージコイン

    ドージコインから見た人民元人民元

    2013年12月19日、ドージコインの価格が72時間で0.00026ドル→0.00095ドルへ300%近く高騰し?、一日につき数十億のドージコインが取引された?。この成長は中国の銀行が人民元をビットコイン経済に投資するのを禁ずる中国の決定を受けビットコインと多くの他の暗号通貨が下落した時に起きた。3日後、大規模なマイニングプールが当時コインを採掘するのに必要な計算能力が非常に少ない機会を利用し、その後ポジションを売却したことでドージコインは80%下落したドージコイン フレッシュアイペディアより)

  • 重慶軌道交通

    重慶軌道交通から見た人民元人民元

    重慶軌道交通(じゅうけいきどうこうつう、)は中国重慶市の公営交通。路線には地下鉄(1、6号線)とモノレール(2、3、5、10号線)がある。そのうち、2005年に開通した2号線の事業費約43億(470億円)のうち約20億(271億円)は、日本政府の円借款が充てられた。重慶軌道交通 フレッシュアイペディアより)

  • 中国工商銀行

    中国工商銀行から見た人民元人民元

    中国建設銀行、中国銀行、中国農業銀行とともに中国四大商業銀行の一角を占め、総資産(20兆3,037億人民元)および営業収益(5,896億人民元)の点で世界最大の銀行である(2013年末現在)。1984年に創立され、中国全土および国外に17,613の支店網を擁し、ATM設置台数は19,026台、従業員数は424,516人に達する。中国工商銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 青蔵鉄道

    青蔵鉄道から見た人民元人民元

    2001年、国務院は262億人民元の資金を投じてゴルムドとチベット自治区のラサを結ぶ区間の建設を決定し、同年6月29日着工した。この第2期工事区間は全長1,142kmに達する。青蔵鉄道 フレッシュアイペディアより)

354件中 11 - 20件表示

「人民元政策」のニューストピックワード