239件中 21 - 30件表示
  • 水師営

    水師営から見た人民元人民元

    旅順水師営のある農家で 、日露戦争中の1905年1月15日に、旅順軍港攻防戦の停戦条約が締結された。日本代表は第三軍司令官・乃木希典大将、ロシア代表は旅順要塞司令官・アナトーリイ・ステッセリ中将であった。ここは現在でも保存されていて、40の入場料金を支払えば、見学可能である。現在の建物は1996年に復元されたもの。水師営 フレッシュアイペディアより)

  • 折実単位

    折実単位から見た人民元人民元

    市場価格は前日の卸売価格を元にして、日々発表される公定価格が採用されていた。1955年の人民元に対するデノミネーションによって役目を終え、同年のうちにそのほとんどが廃止された。折実単位 フレッシュアイペディアより)

  • 北良食糧埠頭

    北良食糧埠頭から見た人民元人民元

    開発区からは疎港路から分岐した北良港公路と鉄道(金窯線の支線)はトンネルを通って入る。大連北良食糧物流園区を形成し、大連北良有限公司が管理している。世界銀行の借款により、27.87億で竣工。鉄道と直結し中国東北部の食糧積出港として、海外や中国南部への輸送ルートとして重要な位置を占めている。中国東北部各地より粮食漏斗車(穀物ホッパー車)により、大量に大豆などの穀物が輸送され、大きな貯蔵施設に蓄えられる。備蓄能力は60万トンを有する。日系の大連日清製油有限公司が進出しているほか、国営の製油会社が操業している。北良食糧埠頭 フレッシュアイペディアより)

  • 中国株

    中国株から見た人民元人民元

    2005年7月に中国の通貨である人民元が実質的に切り上げられ、固定レートから条件付ながら変動レートに変わったこともあって、中国の経済成長期待とあいまって、人民元高が進行することになる。元高は中国企業にとっては基本的にはプラスになるため、再び中国株(特にH株)が上昇し始めた。一方で、中国で課題だった銀行改革を、主要銀行の株式上場という手段で解決しようとする動きもあり、2005年ごろから主要銀行が続々と上場、IPO(新規株式公開)銘柄が人気を博し、2006年を通じて、H株中心に中国株全般が値上がった。中国株 フレッシュアイペディアより)

  • 中国元

    中国元から見た人民元人民元

    中国元 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の台風

    2006年の台風から見た人民元人民元

    被害:死者630人、被害額200億2006年の台風 フレッシュアイペディアより)

  • 中国のナンバープレート

    中国のナンバープレートから見た人民元人民元

    しかし中国人のラッキーナンバーへの執着心はすさまじく、香港に隣接する広東省などでは香港のシステムにならってラッキーナンバーのオークションを導入するところもある。8のゾロ目などは高額で落札されるため、収益金は省の貴重な収入源となっている。中国の好景気を反映して、広東省では2007年6月17日に希望落札価格が5000(約8万円)の「A000A1」というラッキーナンバーが42万元(約700万円)で落札された。北京市などでは2002年に英数字を自由に組み合わせたナンバーを導入しようとしたが、「FBI001」などのナンバーが申請されたため数日後に廃止している。中国のナンバープレート フレッシュアイペディアより)

  • 兌換ウォン

    兌換ウォンから見た人民元人民元

    2002年7月の経済政策の変更に伴い、外国人に対しては外貨を北朝鮮内でも使用させるようにしたため、兌換券は廃止された。外貨は当初は米ドルとされたが、現在はユーロが公式に認められている。ただし、在外朝鮮人との便宜を図る意味で、日本円や人民元も流通可能な場所もある。兌換ウォン フレッシュアイペディアより)

  • 兌換元

    兌換元から見た人民元人民元

    当時の中国では、一般人民が使用する人民幣 (RMB) とは別に、この外貨兌換券 (FEC) が流通していた。外貨兌換券と人民幣の額面価値は等価であったが、外貨に両替可能なことや、人民幣では買えない外国製品が買えることなどから外貨兌換券に中国人の人気が集まり、人民幣との闇両替が横行した。闇両替のレートは、FEC1元=RMB1.5元 - 1.8元程だった。兌換元 フレッシュアイペディアより)

  • 台州駅

    台州駅から見た人民元人民元

    2009年9月28日:甬台温線の運営開始に伴い開業した。駅前で式典が行われた。総投資額は6.5億である。台州駅 フレッシュアイペディアより)

239件中 21 - 30件表示

「人民元政策」のニューストピックワード