354件中 31 - 40件表示
  • 角部

    角部から見た人民元人民元

    普通話 - :1. 2. : :1. 2.(官話では字音が二つに分かれた。1は角や角笛、隅、二十八宿、人民元の補助単位など、2は競う、酒杯、五声など)角部 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣追跡

    紙幣追跡から見た人民元人民元

    Where's Renminbi - 中国の人民元追跡サイト。紙幣追跡 フレッシュアイペディアより)

  • 国家最高科学技術賞

    国家最高科学技術賞から見た人民元人民元

    国家最高科学技術賞(中: )は中華人民共和国主席によって中国の科学者に贈られる科学技術賞。2000年に設立された。賞金は500万で、その内の1割が受賞者に授与され、残りの9割は受賞者の科学研究プロジェクトの資金となる。国家最高科学技術賞 フレッシュアイペディアより)

  • 人民币

    人民币から見た人民元人民元

    人民币 フレッシュアイペディアより)

  • 中国株

    中国株から見た人民元人民元

    2005年7月に中国の通貨である人民元が実質的に切り上げられ、固定レートから条件付ながら変動レートに変わったこともあって、中国の経済成長期待とあいまって、人民元高が進行することになる。元高は中国企業にとっては基本的にはプラスになるため、再び中国株(特にH株)が上昇し始めた。一方で、中国で課題だった銀行改革を、主要銀行の株式上場という手段で解決しようとする動きもあり、2005年ごろから主要銀行が続々と上場、IPO(新規株式公開)銘柄が人気を博し、2006年を通じて、H株中心に中国株全般が値上がった。中国株 フレッシュアイペディアより)

  • 西安北駅

    西安北駅から見た人民元人民元

    約60億の建設費を費やし建設された。西安市の「西安城市総体計画」によると、将来、当駅を西安市の主要駅とし、西安駅にとって代わるものとしている。全てが完成すると、アジア最大の旅客駅になるとしている。西安北駅 フレッシュアイペディアより)

  • 福田汽車

    福田汽車から見た人民元人民元

    1996年8月28日に創立され、北京市昌平区に本拠を構える福田は50億を超える資産と29,000人を超える従業員を有する。福田の事業所は北京市、天津市、山東省、湖南省、湖北省、遼寧省、広東省といった市や省に所在している。R&D拠点は日本、ドイツ、台湾、フィリピンに分散している。2005年にはブランド価値が119億3200万元を超えた福田は、最も価値のある中国ブランド・トップ500において自動車工業部門で4位、総合で43位にランクインした。福田汽車 フレッシュアイペディアより)

  • アジア通貨単位

    アジア通貨単位から見た人民元人民元

    現在アジアでは、ドル安に従い通貨価値の上昇する円、バーツと、ドルペッグのため価値の下落する人民元などが並存しており、これにより域内での通貨摩擦が生じている。各国通貨と、バスケット方式により算出されたACUあるいはAMUとの乖離状況を指標として示すことにより利上げ・利下げを行い、通貨の均衡を維持するというものである。参加国が相互に監視をする事で、特定国の通貨切下げ競争を防ぐ事ができ、域内貿易の為替リスクを軽減させ、レートを安定させられる。また、米ドルやユーロとアジア通貨との変動要因・変動幅の研究にも役立つ。アジア通貨単位 フレッシュアイペディアより)

  • 兌換元

    兌換元から見た人民元人民元

    当時の中国では、一般人民が使用する人民幣 (RMB) とは別に、この外貨兌換券 (FEC=Foreign Exchange Certificate) が流通していた。外貨兌換券と人民幣の額面価値は等価であったが、外貨に両替可能なことや、人民幣では買えない外国製品が買えることなどから外貨兌換券に中国人の人気が集まり、人民幣との闇両替が横行した。闇両替のレートは、FEC1元=RMB1.5元 - 1.8元程だった。兌換元 フレッシュアイペディアより)

  • 銀元

    銀元から見た人民幣人民元

    ところが、日本の終戦後に国共内戦が勃発すると、中国共産党側も国民政府に対抗して紙幣を発行(ただし、共産党は中華ソビエト共和国以来、自己の解放区において独自通貨を発行していたが、その中国経済全体に与える影響は少なかった)したことと国内が戦場になったことで中国の経済・金融は大混乱に陥って大規模なインフレーションが発生した。このため、1937年6月と1948年8月を比較して法幣発行量は47万倍、物価指数は500万倍(上海)に達した。このため、国民政府側では1948年8月19日に中央銀行に金円券を発行させ、金円券1元=法定含有純金0.22217グラム=アメリカ貨幣0.25ドルの相場を定め、3ヶ月以内の条件で金円券1元=法幣300万元を交換させた。だが、共産党側の攻勢が本格化し、この年の12月1日には共産党も石家荘に中国人民銀行を設置して人民幣の発行を開始した。更に1949年5月28日に上海が占領された。なお、共産党は6月に金円券の流通停止を宣言して人民幣1元=金円券10万元にて交換・回収を行った。追い込まれた国民政府は、同年7月4日に金円券を総額300兆元にて発行を打ち切り、広州にて未だに政府などが保有していた法幣以前の旧銀元(「孫文像幣」)による銀本位制に基づいた銀元券を発行し、7月18日から8月31日までに銀元券1元=金円券5億元と交換することとし、9月1日以後は金円券を一切無効とするとした。ところがこれを知った共産党側は金円券や銀元の人民幣への交換は認めるが、銀元券と人民幣との交換は行わないと宣言した。銀元 フレッシュアイペディアより)

354件中 31 - 40件表示

「人民元政策」のニューストピックワード