239件中 41 - 50件表示
  • 上海公共交通カード

    上海公共交通カードから見た人民元人民元

    標準カードのみ使用しなくなった際に返却すればデポジット(2007年11月以降は30)の返金が可能で、10元を超える払戻の場合は、10%の手数料がかかる。カード自体も再利用される。他のカードについてはデポジットの返金はない。上海公共交通カード フレッシュアイペディアより)

  • 北京展覧館

    北京展覧館から見た人民元人民元

    2000年に2億人民元を投じて改修された。北京展覧館 フレッシュアイペディアより)

  • 寧波駅

    寧波駅から見た人民元人民元

    1988年2月:新駅舎が完成した。費用は343万かかった。寧波駅 フレッシュアイペディアより)

  • 中国本土・香港経済連携緊密化取決め

    中国本土・香港経済連携緊密化取決めから見た人民元人民元

    むしろ、香港経済への効果が顕著だったのは、中国本土住民の香港(個人)旅行であったと言われる。特に恩恵を受けたのは旅行代理店、ホテル、小売などである。また、小売店が彼らから人民元での支払いを受け付けるようになり、香港域内での人民元の流通増加の一要因にもなっている。中国本土・香港経済連携緊密化取決め フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣追跡

    紙幣追跡から見た人民元人民元

    Where's Renminbi - 中国の人民元追跡サイト。紙幣追跡 フレッシュアイペディアより)

  • 年代動画

    年代動画から見た人民元人民元

    元々は1971年に台湾台北市で設立された会社だったが、台湾の人件費高騰がきっかけで中国へと移転し、1981年に日本の長編アニメ『杜子春』の制作に携わった。それ以降は自社が制作した作品で台湾金馬奨を受賞したり、ドイツの会社とも共同制作を行ってきた。2003年頃には日本の制作会社フロントラインと提携し、現在は多くの欧米・日本作品で作画・仕上げ作業を請け負っている。ちなみに年代動画の年間売上げは約5000万?1億である。年代動画 フレッシュアイペディアより)

  • 拱北口岸

    拱北口岸から見た人民元人民元

    現在運用されている拱北口岸聯検大楼は1999年6月に完成し、敷地面積は16万平方メートル、建築面積は8.5万平方メートルであり、4.5億人民元を投じて建設された。拱北口岸 フレッシュアイペディアより)

  • 皇崗口岸

    皇崗口岸から見た人民元人民元

    深圳側から出国する場合、出国後に香港各地と連絡するバスが運行されており、また香港側の落馬洲に移動する際にも専用の有料シャトルバスに搭乗する必要がある。支払いは香港ドルだが、釣り銭がもらえないのを了承の上で人民元による支払いも可能である。なお、検査場内にATMや両替所は無い。皇崗口岸 フレッシュアイペディアより)

  • 上海航空

    上海航空から見た人民元人民元

    1985年12月30日 : 中華人民共和国で初めての非民航系航空会社上海航空公司が発足する。資本金は8380万人民元、保有機体はボーイング707、5機のみであった。上海航空 フレッシュアイペディアより)

  • 中国新華航空

    中国新華航空から見た人民元人民元

    2001年2月 神華集団と海航集団が新華航空への増資を行い、中国新華航空の資本金が18億3000万となる。出資比率は、海南航空51%(9億3330万元)、神華集団40%(7億3200万元)、海航集団9%(1億6470万元)。 中国新華航空 フレッシュアイペディアより)

239件中 41 - 50件表示

「人民元政策」のニューストピックワード