239件中 51 - 60件表示
  • 銀通

    銀通から見た人民元人民元

    中国本土にある加盟行のATMも利用可能だが、東亜銀行の支店など数箇所に限られている1。以前は、中国本土の銀聯ATMにおいて、銀通カードを直接挿入し、香港の銀行口座から人民元で引き出すことも可能であった。しかし、セキュリティ上の問題から、2006年1月1日より同サービスは停止された。その代わり、銀通加盟各行では別途、銀聯カードを希望する顧客に発行している。銀通 フレッシュアイペディアより)

  • 中国西部航空

    中国西部航空から見た人民元人民元

    海南航空が中国南西部において航空事業を行う子会社として2004年に設立した。資本金は8,000万、そのうち35%を雲南祥鵬航空が出資している。2005年10月19日に民航総局から運行許可を得て、2007年6月14日に運航開始している。中国西部航空 フレッシュアイペディアより)

  • 華夏航空

    華夏航空から見た人民元人民元

    2006年4月16日 中国国内企業(51%)、海外企業(49%)が出資した国内初のローカル線専門航空会社華夏航空有限公司が発足する。資本金は8,000万華夏航空 フレッシュアイペディアより)

  • 幸福航空

    幸福航空から見た人民元人民元

    幸福航空は2008年3月に、中国航空工業第一集団(95%)と中国東方航空(5%)の共同出資で設立された。資本金は10億。運行機材は全て中国国産機の予定でMA60ターボプロップ旅客機を導入した。また中国製新型ジェット旅客機であるARJ21を発注しており、今後8年間で100機までに増やし、中国国内のローカル路線に就航する計画であるという。幸福航空 フレッシュアイペディアより)

  • 鯤鵬航空

    鯤鵬航空から見た人民元人民元

    2006年12月に当初出資額を5億(約7.5億円)として、深航空とメサ航空(Mesa Airlines)が出資して設立された。深圳航空の出資比率は51%を占めており、実質的には深圳航空の子会社である。2007年10月から運行を開始した。鯤鵬航空 フレッシュアイペディアより)

  • 走出去

    走出去から見た人民元人民元

    中国の巨額の外貨準備高。これにより、人民元は切り上げ圧力にさらされており、国際世論は変動相場制の採用を要求している。巨額の外貨準備を有効に活用するために、中国は海外の優良資産を購入している。走出去 フレッシュアイペディアより)

  • 旧中国銀行上海ビル

    旧中国銀行上海ビルから見た人民元人民元

    中国銀行は上海支店を50万人民元をかけて設置し、この残りでビルを建築することにした。1934年の4月には理事会は業務管理と主要オフィスとして、また、上海支店としてに18階建てのビルを建設することを決定した。建築のために見込まれた費用は600万人民元だった。旧中国銀行上海ビル フレッシュアイペディアより)

  • ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界

    ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界から見た人民元人民元

    ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが手を組んだことや、人民元の台頭などにも注目。ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界 フレッシュアイペディアより)

  • 人毛醤油

    人毛醤油から見た人民元人民元

    頭髪は、中国東北部や華北などにおいて、1キログラムあたり1元(人民元)の対価で理髪店から収集し、簡単な選別作業ののち、再び1キログラムあたり1.8ドル程度で山東省や河北省などの化学工場に転売される。工場で塩酸の水和他の化学的な提練を経てアミノ酸溶液にする。この溶液が中国各地の中小の工場に再び転売されて醤油の材料となった。醤油には中国政府によってアミノ酸含有量に規制があるが、人毛醤油はコストダウンのために大豆などの一般的な醤油原料の使用を減らし、頭髪に由来するアミノ酸で補ったものである。人毛醤油 フレッシュアイペディアより)

  • 雲南祥鵬航空

    雲南祥鵬航空から見た人民元人民元

    2004年6月 海南航空は、石林航空有限責任公司設立の計画を発表する。当初の計画では、資本金7億7,158万。持ち株比率は海南航空が48.87%、山西航空が51.00%、雲南石林航空旅遊服務公司が0.13%であった。雲南祥鵬航空 フレッシュアイペディアより)

239件中 51 - 60件表示

「人民元政策」のニューストピックワード