354件中 61 - 70件表示
  • Eワラント証券

    Eワラント証券から見た人民元人民元

    2012年6月 - インドネシア・ルピアトラッカー、人民元トラッカーの取扱い開始Eワラント証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東方 (列車)

    東方 (列車)から見た人民元人民元

    2014年12月10日現在。東方号は上海鉄路局上海動車段所属のCRH2E型電車で運行されている。北京南?上海間の切符の値段は、2等座席車が309、軟臥車(1等寝台車)上段が615元、下段が696元である東方 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 石太旅客専用線

    石太旅客専用線から見た人民元人民元

    路線の全長は189km、建設費は126.37億である。設計最高速度は250km/hであるが、現在の営業最高速度は158km/hである。石太線では約5時間かかっていた石家荘・太原間を約1時間で結ぶ。石太旅客専用線の最長橋梁は東山付近の橋梁で6.5kmである。また、太行山脈を貫く太行山トンネルは27.839kmと中国最長のトンネルである。起点となる大原駅では石太旅客専用線開業に向け駅舎やホーム、検査設備など大規模な改良工事が行われた。路線の運営を行うため2005年10月28日に石太鉄路客運専線有限責任公司が設立されている。石太旅客専用線 フレッシュアイペディアより)

  • 蕭甬線

    蕭甬線から見た人民元人民元

    1991年:鉄道部は4950万をかけて路線の抜本的な改造を行い、貨物の輸送能力は750万トンから1200万トンに増加し、旅客列車は8往復から12往復となった。蕭甬線 フレッシュアイペディアより)

  • 石武旅客専用線

    石武旅客専用線から見た人民元人民元

    中華人民共和国の「四縦四横」高速鉄道ネットワーク計画のうち、京港旅客専用線を形成する路線の一つである。全長840.7km。建設予算総額は1167億6,000万。設計上の最高速度は350km/hであり、石家荘から武漢まで在来線で7.8時間かかっていたところを3.3時間で結ぶ計画である。8,000万人/年の旅客輸送を見込んでいる。石武旅客専用線 フレッシュアイペディアより)

  • 京瀋旅客専用線

    京瀋旅客専用線から見た人民元人民元

    中華人民共和国の「四縦四横」高速鉄道ネットワーク計画のうち、哈大旅客専用線と共に京哈旅客専用線を形成する路線の一つである。全長700km、設計最高速度は350km/hである。建設予算総額は961.1億、2014年3月5日に着工開始、2019年開業の予定である。京瀋旅客専用線 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹廈線

    鷹廈線から見た人民元人民元

    1986年8月26日に電化工事を開始した。永安?平、来舟?永安、鷹潭?来舟、平?廈門の4つの区間に分けて工事を行った。1993年12月26日に7年4ヶ月の期間と5億余りの総費用をかけた全線の電化が完了した。鷹廈線 フレッシュアイペディアより)

  • 廈深線

    廈深線から見た人民元人民元

    中華人民共和国の「四縦四横」高速鉄道ネットワーク計画のうちの1本の縦路線である杭福深旅客専用線の一部である。上海・華南・華東と深とを沿岸沿いに結ぶ重要幹線である。建設費は総額417億。輸送能力は、旅客列車が120往復/日、貨物が1,200万トン/年であり、中国鉄道第二勘察設計院、第四勘察設計院の設計による。最高速度200-250km/hで運行し、深圳-廈門間を3時間で走行する。運賃は一等車が181元、二等車が150.5元。廈深線 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た人民元人民元

    平成初期は、1元30円程度であったが、1990年代前半にかけて急速に円高が進行して、1元10円前後となった。その後、人民元は、固定相場制や通貨バスケット制によって相場は安定して、1元14円あたりを前後している。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 復讐の春秋 -臥薪嘗胆-

    復讐の春秋 -臥薪嘗胆-から見た人民元人民元

    2005年12月にクランクイン、翌2006年4月までの約5か月間、河南省焦作市と江蘇省徐州市を中心に撮影が行われた。製作費は総額4000万人民元に上り、当時の中国のテレビドラマとしては記録的な巨費が投じられた。復讐の春秋 -臥薪嘗胆- フレッシュアイペディアより)

354件中 61 - 70件表示

「人民元政策」のニューストピックワード