239件中 61 - 70件表示
  • 日本産業館

    日本産業館から見た人民元人民元

    3000(1元=14円として1人42,000円)のコース(飲物代は別)しか用意されていなかった。日本産業館 フレッシュアイペディアより)

  • 陳景潤

    陳景潤から見た人民元人民元

    1999年に中国で発行された額面80の記念切手に、陳のシルエットとともに数式陳景潤 フレッシュアイペディアより)

  • 成都航空

    成都航空から見た人民元人民元

    2004年2月10日 鷹聯航空有限公司が発足する。資本金は8,000万成都航空 フレッシュアイペディアより)

  • 秦瀋旅客専用線

    秦瀋旅客専用線から見た人民元人民元

    秦瀋旅客専用線は1999年8月16日に全面着工され150億人民元を費やし、2003年10月12日に正式に開業した。当時中国国内では最先端の鉄道路線であった。全線の設計最高速度は250km/hである。軌道構造は大半がバラスト軌道となっている。2006年12月31日より、京哈線の一部に編入された。秦瀋旅客専用線 フレッシュアイペディアより)

  • 固原六盤山空港

    固原六盤山空港から見た人民元人民元

    それまで民間空港の無かった寧夏回族自治区南部に初めて出来た4C級の支線用空港である。総投資額4.58億で、滑走路は2,800mの長さを持ちボーイング737、エアバスA320などの支線用機が発着出来る。固原六盤山空港 フレッシュアイペディアより)

  • 四川航空

    四川航空から見た人民元人民元

    同航空会社の24時間ホットラインの電話番号は、028-88888888(成都市)である。これは、2003年8月18日、成都市電信局が行った電話番号のオークションで233万(約3400万円)で同社が落札したものである。中華人民共和国では数字の8が縁起の良い数として珍重されているため、市外局番も含めて8が9つも並ぶ数字は高額となり、話題となった。四川航空 フレッシュアイペディアより)

  • アジア通貨単位

    アジア通貨単位から見た人民元人民元

    現在アジアでは、ドル安に従い通貨価値の上昇する円、バーツと、ドルペッグのため価値の下落する人民元などが並存しており、これにより域内での通貨摩擦が生じている。各国通貨と、バスケット方式により算出されたACUあるいはAMUとの乖離状況を指標として示すことにより利上げ・利下げを行い、通貨の均衡を維持するというものである。参加国が相互に監視をする事で、特定国の通貨切下げ競争を防ぐ事ができ、域内貿易の為替リスクを軽減させ、レートを安定させられる。また、米ドルやユーロとアジア通貨との変動要因・変動幅の研究にも役立つ。アジア通貨単位 フレッシュアイペディアより)

  • 長白山号

    長白山号から見た人民元人民元

    長白山号は中国が自力で開発した高速鉄道車両とされる。外観はドイツ鉄道のICE3に酷似している。車両名である「長白山」は長白山(韓国語名は白頭山)に由来したもので中国鉄道部部長劉志軍が付けた物とされている。動力分散方式が採用され、長春軌道客車股份有限公司で研究開発が行われた。車両の製造費は1億人民元で設計上の最高速度は210km/hとなっている。定員は650人。2005年5月に初の試作車両が完成し、試験走行では250km/h超を記録した。量産体制にはなっておらず、現在2編成のみである。2006年に瀋陽鉄路局に配備され、2007年2月10日より瀋大線に投入された。最高速度は160km/hであったがその後の第6次鉄道高速化以降180km/hとなった。2008年9月12日に第2編成が故障を起こし、一旦営業運転を退いたのちは、定期列車の任務にはほとんど就いていないといわれる。長白山号 フレッシュアイペディアより)

  • 銀円券

    銀円券から見た人民幣人民元

    銀円券(ぎんえんけん、銀圓券)は中華民国が1949年7月に中国大陸で発行を開始した通貨。銀本位制に基づく銀円を利用し、紙切れと化していた金円券を継承するものであった。銀円券発行か開始された時期、国共内戦後期であり、国民党の実効支配地域は限定したものであり、銀円券の流通範囲も限定的なものであった。またインフレにより価値が下落し、間もなく中国大陸では人民幣によって通貨の地位を取って代わられた。銀円券 フレッシュアイペディアより)

  • 銀元

    銀元から見た人民幣人民元

    ところが、日本の終戦後に国共内戦が勃発すると、中国共産党側も国民政府に対抗して紙幣を発行(ただし、共産党は中華ソビエト共和国以来、自己の解放区において独自通貨を発行していたが、その中国経済全体に与える影響は少なかった)したことと国内が戦場になったことで中国の経済・金融は大混乱に陥って大規模なインフレーションが発生した。このため、1937年6月と1948年8月を比較して法幣発行量は47万倍、物価指数は500万倍(上海)に達した。このため、国民政府側では1948年8月19日に中央銀行に金円券を発行させ、金円券1元=法定含有純金0.22217グラム=アメリカ貨幣0.25ドルの相場を定め、3ヶ月以内の条件で金円券1元=法幣300万元を交換させた。だが、共産党側の攻勢が本格化し、この年の12月1日には共産党も石家荘に中国人民銀行を設置して人民幣の発行を開始した。更に1949年5月28日に上海が占領された。なお、共産党は6月に金円券の流通停止を宣言して人民幣1元=金円券10万元にて交換・回収を行った。追い込まれた国民政府は、同年7月4日に金円券を総額300兆元にて発行を打ち切り、広州にて未だに政府などが保有していた法幣以前の旧銀元(「孫文像幣」)による銀本位制に基づいた銀元券を発行し、7月18日から8月31日までに銀元券1元=金円券5億元と交換することとし、9月1日以後は金円券を一切無効とするとした。ところがこれを知った共産党側は金円券や銀元の人民幣への交換は認めるが、銀元券と人民幣との交換は行わないと宣言した。銀元 フレッシュアイペディアより)

239件中 61 - 70件表示

「人民元政策」のニューストピックワード