354件中 71 - 80件表示
  • 国際金融のトリレンマ

    国際金融のトリレンマから見た人民元人民元

    実際、中央銀行がなく各国で独自の金融政策がとれないユーロ圏諸国では、自国の景気対策のために金融的手段を用いることができず、専ら政府による財政出動に頼らざるをえないため、2008年のリーマン・ショック以降の世界的な景気後退に対して特に欧州諸国の財政が急激に悪化。ギリシャ経済危機をはじめとする南欧各国の経済危機を招き、ユーロ自体の信認も低下する事態となった。一方、中国も国外資本の流入促進を加速させるため人民元の国際化を進めざるを得ず、中国人民銀行は2005年に管理フロート・通貨バスケット制への移行を表明。2007年からは人民元を対ドルレート変動を前日比0.5%に制限しつつ、容認する方針に変換し(人民元改革を参照)、これは事実上の変動相場制への移行と受け止められた。ただしその後も急激な元高を嫌う中国当局は、対ドルレートの維持を目的に莫大な米国債の購入などによる為替介入を続けたため、外貨準備が急激に膨張。2006年には日本(8,500億ドル)を超えて外貨準備額が世界一となる。その後も膨張を続け、2011年には3.2兆ドルもの巨額に達し、人民銀行の周小川総裁が懸念を表明するなど、為替安定を維持するのが困難となっている。国際金融のトリレンマ フレッシュアイペディアより)

  • 満州国圓

    満州国圓から見た人民元人民元

    なお、当時の中華民国の銀圓・法幣(及び現在の人民元、台湾元、香港元)と同様、中国語では「圓」を「元」と略記していたが、満洲国内及び日本では満洲国の通貨を「圓」、中華民国の通貨を「元」と表記して区別した。また日本円(朝鮮銀行券)と区別する場合、満洲国圓は「国幣」、日本円は「日金(日本金票)」と表記して区別した。満州国圓 フレッシュアイペディアより)

  • 法幣

    法幣から見た人民元人民元

    中国人民銀行 - 中華人民共和国の中央銀行で人民元を発行法幣 フレッシュアイペディアより)

  • 奉節県

    奉節県から見た人民元人民元

    2002年、県の総生産が27.4億に達する。財政収入は1.93億元となる。奉節県 フレッシュアイペディアより)

  • 山東省体育中心体育場

    山東省体育中心体育場から見た人民元人民元

    1987年に設立されたが、2003年に8300万かけて大規模改築し、中国でも有数の競技場となった。収容人数は55,000人。山東省体育中心体育場 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・クルーグマン

    ポール・クルーグマンから見た人民元人民元

    人民元の為替レートが人為的に低水準に保持されていることに言及し「ドルが下落するにもかかわらず、一貫して人民元の対ドルレートを固定させる政策は、世界経済に大きな害を与えている」と述べている。ポール・クルーグマン フレッシュアイペディアより)

  • 慶陽市

    慶陽市から見た人民元人民元

    2004年の慶陽のGDPは80億1400万人民元で、前年より11.6%の成長。都市部の平均年収は5,130人民元、農村は1,428人民元。石油と天然ガスが慶陽市の経済の屋台骨となっている。特産品は驢馬、羊、牛、ナツメ、牛乳、アンズ他果物。69種類の漢方薬の材料や薬草が取れ、そのうち25種類が出荷されている。慶陽市 フレッシュアイペディアより)

  • 中華芸術宮

    中華芸術宮から見た人民元人民元

    入場は無料だが、特別展だけは20かかる。月曜日は休館だが、祝祭日ならば開館する。オープンから1年で、来場者は200万人近くを数えた。中華芸術宮 フレッシュアイペディアより)

  • 中国本土・香港経済連携緊密化取決め

    中国本土・香港経済連携緊密化取決めから見た人民元人民元

    むしろ、香港経済への効果が顕著だったのは、中国本土住民の香港(個人)旅行であったと言われる。特に恩恵を受けたのは旅行代理店、ホテル、小売などである。また、小売店が彼らから人民元での支払いを受け付けるようになり、香港域内での人民元の流通増加の一要因にもなっている。中国本土・香港経済連携緊密化取決め フレッシュアイペディアより)

  • Vii

    Viiから見た人民元人民元

    価格は約986(当時のレートで約1万5000円)。実売価格としては7980円で購入可能。製品名や本体の外見、リモコン型コントローラを使用するアイディアなどが任天堂のゲーム機であるWiiと酷似している。Vii フレッシュアイペディアより)

354件中 71 - 80件表示

「人民元政策」のニューストピックワード