人種差別 ニュース&Wiki etc.

人種差別(じんしゅさべつ、)とは、人間を人種や民族、国籍、地域において、その特定の人々に対して嫌がらせ、いじめなどの行為や差別をすることである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「人種差別」のつながり調べ

  • アメリカインディアン国民会議

    アメリカインディアン国民会議から見た人種差別

    こうした「NCAI」の手法は結局、保留地から都市部のスラムに追いやられ、絶えず白人からの暴力や人種差別を受け続けていた若い世代の共感を得られなかった。「NCAI」の、あくまで合衆国の下での権利要求は若い世代には生ぬるいものにしか見えなかった。いくら議会でインディアンの権利を叫んでも、白人社会は見向きもせず、マスコミも採り上げることはなく、インディアンの絶滅法案は次々に合衆国議会に提出され続けていた。連邦のインディアン予算は機能せずに無駄に消費され、インディアン部族の貧困と窮乏は一向に解決しなかった。こうした状況を反映し、1964年にはNAICの会員部族は19にまで減るという結果となった。(アメリカインディアン国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・バンダ

    ジュリアン・バンダから見た人種差別

    バンダは今では1927年に出版した短編小説La Trahison des Clercsが最も強く記憶されている。当時は悪名高い作品だった。英訳版の題名は"The Treason of the Learned"の方がより正確であったが、The Betrayal of the Intellectuals(『知識人の裏切り』)とされた。この論争的な随筆は、19世紀から20世紀にかけてフランス人やドイツ人の知識人達が粗野なナショナリズム、主戦論、そして人種差別についての弁明者とならずに、政治や軍事について屡々冷静に思考する能力を失ったと主張した。バンダは最も厳しい批判を彼の弟子のフランス人シャルル・モーラス やモーリス・バレスから受けた。バンダは古典古代に関する基準となる冷静な見解を、そして彼が良く理解していた伝統的なキリスト教の国際主義を擁護した。(ジュリアン・バンダ フレッシュアイペディアより)

「人種差別」のニューストピックワード