人種差別 ニュース&Wiki etc.

人種差別(じんしゅさべつ、)、人種主義(じんしゅしゅぎ、、レイシズム、人種差別主義)とは、恣意的に人間を分類して区別・差別することである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。 (出典:Wikipedia)

「人種差別」Q&A

  • Q&A

    嫌な店はどうしますか。 60年代、人類差別するレストランがありました。 白人だけ…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月7日 14:37

  • Q&A

    父親(以下ヤツ)のことで質問したいです。 私はつい先日、母と妹と3人で引っ越しました…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年12月7日 03:24

  • Q&A

    フランスは、フランス革命で「平等・自由・愛」を手に入れたのに、 アフリカ人たちを奴隷…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年12月6日 22:16

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「人種差別」のつながり調べ

  • リベラシオン

    リベラシオンから見た人種差別

    リベラシオンは革新的な編集路線を明確に自認し、通常は、人種差別反対主義、フェミニズム、労働者の権利を支持している。どの政党にも属してはいないが、その理論的根源が1968年にフランスで起きた五月革命にあるため、左翼的傾向にある。共同創設者であり元編集長でもあるセルジュ・ジュリーによれば、リベラシオンは活動家の新聞ではあるが、いかなる特定政党をも支持せず、反権力の動きをとり、一般に右翼政権とも左翼政権とも関係は良くないという。リベラシオンの社説ページ(rebonds)は、多方面からの政治的見解を展開する。リベラシオンのうたう独立性、反権力傾向の例を挙げると、1993年にリベラシオンは、社会党の元大統領フランソワ・ミッテランの違法な盗聴計画をリークしている。(リベラシオン フレッシュアイペディアより)

  • 代理母出産

    代理母出産から見た黒人差別

    米国においては、代理母として同一人種・同一民族・同一国籍の女性を求める傾向があるため、(依頼人に多い)白人に需要があつまり、黒人女性が代理母をつとめる場合よりも白人女性が代理母をつとめる場合の方が契約金が高額である。代理母出産を批判するグループは、この現象が黒人差別を助長すると主張している。また、営利目的とも取られかねない金銭の授受そのものに対する批判がある。(代理母出産 フレッシュアイペディアより)

「人種差別」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「人種差別」のニューストピックワード