前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
927件中 1 - 10件表示
  • インディアン・マスコット

    インディアン・マスコットから見た人種差別人種差別

    プロ・アマのフットボールや野球の試合では、これらの「インディアン・マスコット」を基に、白人の観客たちが顔を「インディアン風」にペイントし、「インディアン風」の羽根飾りを被ったり、デタラメな太鼓演奏を行い、トマホーク型の応援バットを振り回す(「トマホーク・チョップ」という)、といった試合応援が行われている。現在もインディアン民族や識者からの「人種差別である」との批判と抗議を受けながらも、小中高から大学、プロのスポーツチームで、なおこの「インディアン・マスコット」の使用を継続している団体は多い。インディアン・マスコット フレッシュアイペディアより)

  • 日本の民族問題

    日本の民族問題から見た人種差別人種差別

    日本の民族問題(にほんのみんぞくもんだい)では、日本における民族政策や民族的出身に基づく差別などに関して概説する。個々の問題の詳細については当該項目を参照されたい。日本の民族問題 フレッシュアイペディアより)

  • 社会文化的進化

    社会文化的進化から見た人種差別人種差別

    偏見と人種差別に基づくモーガンらの学説は、アメリカ合衆国におけるヨーロッパ白人文化の優位性の立証として、人類学者たちから支持され、支配階級である白人種が、いわゆる「野蛮な民族」を「開化させ」、「進化させた」、その影響の理論として用いられた。そして「黒人やインディアンは、白人よりも遅れた劣等民族である」として人種を等級づけるモーガンの学説は、合衆国でしばしば人種差別を恒久普遍化するために使われたのである。社会文化的進化 フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

    マーティン・ルーサー・キング・ジュニアから見た人種差別人種差別

    「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名な演説を行った人物。1964年のノーベル平和賞受賞者。2004年の議会名誉黄金勲章受章者。アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ホリデイ

    ビリー・ホリデイから見た人種差別人種差別

    「レディ・デイ」の呼称で知られ、サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドと並んで、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の1人に数えられる。彼女はその生涯を通して、人種差別や薬物依存症、アルコール依存症との闘いなどの壮絶な人生を送った。彼女の存在は、ジャニス・ジョプリンをはじめとする多くのミュージシャンに影響を与えた。ビリー・ホリデイ フレッシュアイペディアより)

  • 日本のヘイトスピーチ

    日本のヘイトスピーチから見た人種差別人種差別

    1995年に批准した人種差別撤廃条約第4条では「人種的優越または憎悪に基く思想のあらゆる流布、人種差別の扇動を『法律で処罰すべき犯罪であること』を宣言すること」(a項)と、「人種差別を助長し及び扇動する団体、及び組織的宣伝活動その他のすべての宣伝活動を、『違法であるとして禁止するもの』とすること」(b項)とされているが、日本では憲法の保障する集会、結社、表現の自由等を不当に制約するおそれ、言論を不当に萎縮させるおそれ、刑罰の構成要件とするには刑罰の対象となる行為とそうでないものの境界がはっきりしないなどの点から憲法に抵触しない限度において義務を履行する旨留保を行っている。日本のほかにもアメリカ、スイスが留保を付しており、イギリス、フランスでは解釈宣言を行っている。日本のヘイトスピーチ フレッシュアイペディアより)

  • 言語差別

    言語差別から見た人種差別人種差別

    言語差別(げんごさべつ)とは、人種差別・老人差別・性差別などのような偏見の一形式である。大まかな定義では、個人の富・教育・社会的地位・人格・言語の選択と使用の特質を独自に判断できることを必然的に含むものである。言語差別 フレッシュアイペディアより)

  • ポカホンタス (映画)

    ポカホンタス (映画)から見た人種差別人種差別

    本作の「史実」を謳いながらの様々な考証的疑問点に対しては、ディズニー社が常に浴び続けている白人至上主義的な人種差別の一例として、インディアン以外の民族からも『New Internationalist』などの人権団体また識者から批判と抗議を受け続けている。ポカホンタス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ハインズ・ウォード

    ハインズ・ウォードから見た人種差別人種差別

    1976年3月8日、大韓民国のソウル特別市で、アフリカ系アメリカ人で軍人の父と韓国人の母との間に生まれる。人種差別を避けるため、生後5ヶ月で家族と共にアメリカ合衆国ジョージア州フォレストパークに移住。後に、ウォードは「当時の韓国は、他の人種と一緒に住むことを容赦できない雰囲気だった。母は私と父のために韓国を出た」と語っている。しかし、渡米後間も無く両親は離婚。母親の手により育てられた。地元のフォレストパーク高校(Forest Park High School)へ進学したウォードは、クォーターバック(QB)として才能を発揮し,USAトゥデイが選ぶオールアメリカンにも選ばれた。ハインズ・ウォード フレッシュアイペディアより)

  • 侮蔑

    侮蔑から見た人種差別人種差別

    侮蔑や人種差別に使われる語を侮蔑語、蔑視語、憎悪語、不快語、罵語、悪態語という。侮蔑 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
927件中 1 - 10件表示

「人種差別」のニューストピックワード