前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
741件中 1 - 10件表示
  • インディアン・マスコット

    インディアン・マスコットから見た人種差別人種差別

    プロ・アマのフットボールや野球の試合では、これらの「インディアン・マスコット」を基に、白人の観客たちが顔を「インディアン風」にペイントし、「インディアン風」の羽根飾りを被ったり、デタラメな太鼓演奏を行い、トマホーク型の応援バットを振り回す(「トマホーク・チョップ」という)、といった試合応援が行われている。現在もインディアン民族や識者からの「人種差別である」との批判と抗議を受けながらも、小中高から大学、プロのスポーツチームで、なおこの「インディアン・マスコット」の使用を継続している団体は多い。インディアン・マスコット フレッシュアイペディアより)

  • 社会文化的進化

    社会文化的進化から見た人種差別人種差別

    偏見と人種差別に基づくモーガンらの学説は、アメリカ合衆国におけるヨーロッパ白人文化の優位性の立証として、人類学者たちから支持され、支配階級である白人種が、いわゆる「野蛮な民族」を「開化させ」、「進化させた」、その影響の理論として用いられた。そして「黒人やインディアンは、白人よりも遅れた劣等民族である」として人種を等級づけるモーガンの学説は、合衆国でしばしば人種差別を恒久普遍化するために使われたのである。社会文化的進化 フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ホリデイ

    ビリー・ホリデイから見た人種差別人種差別

    「レディ・デイ」の呼称で知られる。サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドと並んで、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の1人に数えられる。人種差別や、麻薬・アルコール依存症との闘いなど壮絶な人生を送った彼女は、多くの人々を魅了したその声も晩年にはかれ、音域も極端に狭くなっていた。しかし、なお情感豊かな唄声は他に並ぶ者がないほどの高い評価を与えられ、ジャニス・ジョプリンをはじめとする多くのミュージシャンに影響を与えた。ビリー・ホリデイ フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

    マーティン・ルーサー・キング・ジュニアから見た人種差別人種差別

    「I Have a Dream」(私には夢がある)で知られる有名なスピーチを行った人物。1964年のノーベル平和賞受賞者。2004年の議会名誉黄金勲章受章者。アメリカの人種差別(特にアフリカ系アメリカ人に対する差別)の歴史を語る上で重要な人物の一人である。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見た人種差別人種差別

    アメリカは、自由と民主主義を掲げたことから、当時としては珍しい民主主義国家であった。しかし、アフリカ大陸から連れてこられた奴隷やアメリカ先住民の権利はほとんど保障されなかった。結果、奴隷制度と人種差別が独立後のアメリカに長く残ることとなる。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の民族問題

    日本の民族問題から見た人種差別人種差別

    モンゴロイドが大半を占める日本では、とくに近隣諸国に起源を持つ人々や南米等からの日系人帰国者など、容姿では見分けが付き難く顕在化しにくい傾向が強い。しかしそれらの人々に固有の文化も存在し、この文化に対する周囲の理解といった問題や、公人の人種差別・マイノリティ差別的な発言によって問題化する場合がある。日本の民族問題 フレッシュアイペディアより)

  • 言語差別

    言語差別から見た人種差別人種差別

    言語差別(げんごさべつ)とは、人種差別・老人差別・性差別などのような偏見の一形式である。大まかな定義では、個人の富・教育・社会的地位・人格・言語の選択と使用の特質を独自に判断できることを必然的に含むものである。言語差別 フレッシュアイペディアより)

  • ハインズ・ウォード

    ハインズ・ウォードから見た人種差別人種差別

    1976年3月8日、大韓民国のソウル特別市で、アフリカ系アメリカ人で軍人の父と韓国人の母との間に生まれる。人種差別を避けるため、生後5ヶ月で家族と共にアメリカ合衆国ジョージア州フォレストパークに移住。後に、ウォードは「当時の韓国は、他の人種と一緒に住むことを容赦できない雰囲気だった。母は私と父のために韓国を出た」と語っている。しかし、渡米後間も無く両親は離婚。母親の手により育てられた。地元のフォレストパーク高校(Forest Park High School)へ進学したウォードは、クォーターバック(QB)として才能を発揮し,USAトゥデイが選ぶオールアメリカンにも選ばれた。ハインズ・ウォード フレッシュアイペディアより)

  • ポカホンタス (映画)

    ポカホンタス (映画)から見た人種差別人種差別

    本作の「史実」を謳いながらの様々な考証的疑問点に対しては、ディズニー社が常に浴び続けている白人至上主義的な人種差別の一例として、インディアン以外の民族からも『New Internationalist』などの人権団体また識者から批判と抗議を受け続けている。ポカホンタス (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの歴史

    ブラジルの歴史から見た人種主義人種差別

    文化面では、「発見」後インディオの文化が駆逐された後、ポルトガル人による支配の下に、インディオや、連行されたアフリカ人を交えて成立したブラジル植民地では、彼等の文化と支配者であるポルトガル人の文化が融合し、独自の文化が育まれることになった。コロンブス交換によってヨーロッパからブラジルには家畜、植物、疫病に加えてキリスト教カトリック、西洋哲学、法制度、建築、そしてヨーロッパ人そのものが持ち込まれ、アフリカからブラジルにはアフリカ伝統宗教、イスラーム教、太鼓、音楽、舞踊、食文化などがもたらされ、特に南東部ではキンブンド語、北東部ではヨルバ語からもたらされたアフリカの言語の語彙や発音は、後のブラジルポルトガル語の成立に影響を与えた。ブラジルからアフリカにはマニオクなどの作物がもたらされた。インディオの文化も作物の利用や食文化などでブラジル文化に大きな影響を与えた。文学においては、「発見」以前から存在していたインディオの口承文芸を除いた文字によるブラジルの文学は、ブラジル文学の祖とみなされるペロ・ヴァス・デ・カミーニャが、ブラジルの「発見」をポルトガルに報告した『カミーニャの書簡』によって始まったとされるが、この時期は記録文学の域を超える発達を見せなかったといえる。16世紀の文学においてはジョゼ・デ・アンシエッタやマヌエル・ダ・ノブレガ、『ブラジル文学史』のネルソン・ヴェルネッキ・ソドレーなどイエズス会士の活躍が特徴となった。17世紀に入ると文学にもバロック様式がもたらされ、イエズス会士で詩人でもあったアントニオ・ヴィエイラや、「地獄の口」と綽名された舌鋒でブラジル社会を批判した詩人グレゴリオ・デ・マトス・ゲーラ、『パルナソス山の音楽』のマヌエル・ボテーリョ・デ・オリヴェイラが活動した。この時期のブラジルの文化は、特に知識人のものにおいてはヨーロッパ人の方法でなされたものであり、18世紀後半までブラジル人による自律的な国民文化は生まれなかった。言語においては、インディオの諸語は征服された後も完全にはポルトガル語には取って代わられず、トゥピ系の言語を基盤にポルトガル語が融合したリングア・ジェラールが共通語として18世紀半ばまで用いられることになった。生活面においては「発見」後、ポルトガル人とインディオ、黒人は混血を繰り返し、マメルーコやムラート、カフーゾなどの混血者層が誕生し、現在まで続く混血社会ブラジルの基礎が完成した。植民地時代を通して都市は貧弱だったため、後にジルベルト・フレイレが著したように、農村部で相互に独立した社会となった「大邸宅と奴隷小屋」が植民地時代初期のブラジルの基礎的な社会空間となった。そこではイベリア半島と同様に家父長による専制的な家族支配が続き、特に女子は12歳から14歳までが結婚適齢期とみなされ、女性は結婚後も自由な外出を制限されるなど厳しい統制が続いた。家父長は女奴隷との性的交渉を妻に憚ることなく行い、多くの混血の私生児が生まれた。ブラジルにおいては人種間の対立は、支配層をも含めた白人がアフリカ伝来の宗教や料理、音楽、舞踊を好んで受け入れたこともあり、緩和される傾向にあったが、白人優位の人種主義は存在し、総じて被支配者となった有色人や女性の生活は貧しく、特に有色人には厳しい奴隷労働が課さることになった。この状態から発したブラジル社会における有色人や女性の地位の低さは現在にまで続く問題となってブラジル社会に爪痕を残している。ブラジルの歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
741件中 1 - 10件表示

「人種差別」のニューストピックワード