741件中 91 - 100件表示
  • ワフー酋長

    ワフー酋長から見た人種差別人種差別

    1972年、当時、インディアン権利団体「アメリカインディアン運動」(AIM)のクリーブランド支部代表を務めていたラッセル・ミーンズらが、「ワフー酋長の意匠はインディアンの伝統を卑しめている」として、チーム名の変更と、ワフー酋長の使用廃止を求め、大規模な抗議デモを本拠地球場前で行った。さらにラッセルらは、これらチーム名、マスコット使用をインディアン民族に対する人種差別であるとして、インディアンス球団に対して900万ドルの損害賠償訴訟を起こした。ワフー酋長 フレッシュアイペディアより)

  • マグネット・スクール

    マグネット・スクールから見た人種差別人種差別

    マグネット・スクールの誕生は人種差別、公民権運動、モータリゼーション、郊外化、インナーシティ、格差社会といった社会問題と深く関係している。現在もある程度は初志を継続しているが、マグネット・スクールは本来、特定の人種に偏らない学校を作って人種分離をなくそうという希望のもとに考え出されたものである。例えば黒人の多い貧しい地区に、裕福な白人家庭が子供を通わせたくなるような魅力的な教育プログラムを作り、地元の黒人だけでなく遠方の白人も多く通うような学校がマグネット・スクールの初期モデルである。マグネット・スクール フレッシュアイペディアより)

  • エチオピア饅頭

    エチオピア饅頭から見た人種差別人種差別

    以前の包み紙には、エチオピア人を連想させる黒人のイラストが描かれていたが、人種問題を考慮してか現在では饅頭の写真をプリントした物に変更されている。エチオピア饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • オリビエーロ・トスカーニ

    オリビエーロ・トスカーニから見た人種差別人種差別

    チューリッヒで写真を学び、ローマの広告代理店に入社、『エル』、『ヴォーグ』等の雑誌でファッション写真を撮り、1983年よりベネトン社と契約、ベネトンでは、およそ従来のファッションブランドの広告写真からはかけ離れたAIDS、人種差別、戦争、死刑制度等を正面から取り上げ、その強烈な作品は世界各地で大きな議論を呼んだ。オリビエーロ・トスカーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=マリー・バレストル

    ジャン=マリー・バレストルから見た人種差別人種差別

    1986年イタリアGP後のコンストラクターズ会議にて「1988年からのターボエンジンの過給圧を2.5バールに規制する」という案を緊急動議した。この際、ホンダの桜井淑敏総監督に対し、「(母国フランスの)ルノーはF1に最初にターボエンジンを持ち込んだのに、一度もチャンピオンになれないままF1から(一時)撤退するのに、おまえたちは何度も勝ちやがって」と発言。これに対し桜井は「ルノーの功績は認めるが、それとチャンピオンになれるかどうかは別問題。彼らは技術競争に負けたのだからしょうがない」と反論した。それを聞いたバレストルから「F1にイエローはいらない」という人種差別的暴言が飛び出し問題になった。ちなみに、同じく88年から適用されたターボ車の燃料タンクの最大容量に関する規定(190リットルから150リットルに減少)は、この動議を受けて桜井が提案したものである。これによりホンダは燃費で他のサプライヤーに差をつけ、その年はホンダエンジンを搭載したマクラーレン・MP4/4が年間16戦15勝という結果を残すことになる。ジャン=マリー・バレストル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカインディアン国民会議

    アメリカインディアン国民会議から見た人種差別人種差別

    こうした「NCAI」の手法は結局、保留地から都市部のスラムに追いやられ、絶えず白人からの暴力や人種差別を受け続けていた若い世代の共感を得られなかった。「NCAI」の、あくまで合衆国の下での権利要求は若い世代には生ぬるいものにしか見えなかった。いくら議会でインディアンの権利を叫んでも、白人社会は見向きもせず、マスコミも採り上げることはなく、インディアンの絶滅法案は次々に合衆国議会に提出され続けていた。連邦のインディアン予算は機能せずに無駄に消費され、インディアン部族の貧困と窮乏は一向に解決しなかった。こうした状況を反映し、1964年にはNAICの会員部族は19にまで減るという結果となった。アメリカインディアン国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • タイの観光

    タイの観光から見た人種差別人種差別

    こうした好調な観光の背景には、タイの外務省も自国民の特徴として紹介しているタイ人の穏やかな国民性や、人種差別が少ないことも背景にある。タイの観光 フレッシュアイペディアより)

  • 汚れた街

    汚れた街から見た人種差別人種差別

    この歌は、ミシシッピで厳しい生活をおくる少年の物語から始まる。少年の家族はとても貧しく、食べ物もお金も不足し人種差別もある中、両親は住み込みで一生懸命に働いて彼を励ます。曲が進むと、緊張感と欲求不満による怒りがワンダーの声で表現される。汚れた街 フレッシュアイペディアより)

  • キャッピー・ポンデクスター

    キャッピー・ポンデクスターから見た人種差別人種差別

    3月11日に日本で起きた2011年東北地方太平洋沖地震の日本の被害について3月12日に「真珠湾攻撃の報い」とツイッター上に書き込み、その発言に抗議した人に対して「お前はジャップか?」などという人種差別的な書き込みを行った。その後3月14日にこの発言に対して謝罪しているキャッピー・ポンデクスター フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ギィユー

    ヤン・ギィユーから見た人種差別人種差別

    ギィユーはパレスチナ人を支援していることでも知られ、長年イスラエルを継続的に非難している。1976年に「南アフリカの状況と全く同じようにイスラエル国家はアパルトヘイト制度の上で成り立っている(Israel and the apartheid analogy)ためシオニズムは人種差別主義を基礎としている。」と記した He has repeatedly taken the stance that Israel is an "apartheid state".。1977年に発行された『スヴェンスカ・ダーグブラーデット』紙の記事の中でギィユーは「私は楽天家であり、イスラエルはハルマゲドンが起こる前に消滅すると信じている。」と記した。ヤン・ギィユー フレッシュアイペディアより)

741件中 91 - 100件表示

「人種差別」のニューストピックワード