927件中 11 - 20件表示
  • ファシズム

    ファシズムから見た人種差別人種差別

    ドイツではナチスが社会進化論を、ドイツ国家における彼らの人種差別主義の概念の推進に使用したが、それには現在も人種間で行われている競争や衝突である「人種闘争」で、アーリア民族やアーリア民族に必要なものが勝利する、というナチスの信じる概念が含まれた。彼らはドイツのアーリア民族が、彼らが弱いとみなした民族を抹殺する事によって強化される事を試みた。最終的には1930年代後半からT4作戦が開始され、約275,000人のドイツ人や非ドイツ人の障害者や高齢者の市民が、一酸化炭素ガスを使用して組織的に殺害された。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッズ差別横断幕事件

    浦和レッズ差別横断幕事件から見た人種差別人種差別

    浦和レッズ差別横断幕事件(うらわレッズ さべつおうだんまくじけん)とは、2014年(平成26年)3月8日にサッカーJリーグ1部所属のクラブ・浦和レッドダイヤモンズのサポーターグループ最大派閥クルバ・エスト所属の「URAWA BOYS SNAKE '98」の一部メンバーが、当日行われた試合において人種・民族差別を想起させる横断幕を掲出した事件である。試合中警備員により撤去を求められたが、横断幕は試合終了まで掲出されたままであったため、クラブ側の責任も問われた。浦和にはJリーグ初となる無観客試合という処分が下された。浦和レッズ差別横断幕事件 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認論の考察

    ホロコースト否認論の考察から見た人種差別人種差別

    ホロコースト否認論者による出版物や声明の多くは反ユダヤ主義によって染められている。ホロコースト否認論に対する批評家は、主張や提出された証拠が中立的で学術的な提示を離れて見えすいた個人的な攻撃に終始している例を数多く引証している。このような言葉をインターネット上で検索してみればすぐ分かるように、ホロコースト否認論者はその対抗者を表現するのに「シオニスト協力者」とか「ユダヤ偏愛者」とかいった人種差別的な言葉を頻繁に使っている。ホロコースト否認論の考察 フレッシュアイペディアより)

  • エンジェル・オブ・デス

    エンジェル・オブ・デスから見た人種差別人種差別

    『エンジェル・オブ・デス』 )は、アメリカ合衆国のスラッシュメタルバンド・スレイヤーが1986年に発表したアルバム『レイン・イン・ブラッド』のオープニング・トラック。バンドのギタリスト、ジェフ・ハンネマンによる歌詞は、ナチの医学者ヨーゼフ・メンゲレがアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で行った人体実験を下地としている。ナチの医師を描いたこの楽曲の発表は、スレイヤーを親ナチ主義、あるいは人種差別者であるとの批判に晒すことになった。エンジェル・オブ・デス フレッシュアイペディアより)

  • ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル

    ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタルから見た人種差別人種差別

    初期のノルウェーのブラックメタルシーンはナチズムを表明していなかった。しかし、ヴィーケネスは、ブラックメタルは「ナショナリズム的(ノルウェー中心主義的)で、人種差別的で、反キリスト主義的な反乱」として始まったが、「ユダヤが支配している音楽産業」によって「乗っ取られて」しまった、と主張している。ユダヤ支配の及んだ音楽産業が、「ポルノや乱交から、ドラッグや同性愛のような、この地上に存在する病的で、反ヨーロッパ的なものすべて」を擁しているようなバンドをプロモートすることによって、ブラックメタルをヨーロッパを破壊し尽くす道具に仕立て上げているというのだ。アブサードのヘンドリック・メーブスはNSBMをノルウェイジャン・ブラックメタル・「ムーヴメント」の「論理的な帰結」だとし、教会放火を「文化的な先祖返りだ」と解釈している。ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・コレマツ

    フレッド・コレマツから見た人種差別人種差別

    1940年9月に、合衆国議会において成年男子の徴兵を認めることが決議された。これに伴い、コレマツも翌1941年6月に高校時代の友人5人と地元の郵便局へ軍への入隊を申し込みに向かったが、日系人であることを理由に拒否されることとなった。だが、少しでも国防への貢献がしたいと考えたことから、溶接工としての職業訓練を受け、修了後に大型商船を製造しているオークランドの造船所での職を得た。職場では、真面目な仕事ぶりが評価され、徐々にではあるが出世の道を歩むことができた。しかし、そこでも日系人であるゆえの人種差別の壁が立ち塞がることとなり、ある朝出勤すると、自分のタイムカードを処分されるという形で、唐突に解雇を言い渡された。すぐに別の職場に採用されるも、採用時出張で不在だった上司の1人から、またしても日系人であることを理由に、わずか1週間で解雇されてしまうこととなった。加えて、その後勤めた職場でも、在職中の1941年12月7日(現地時間)に真珠湾攻撃がなされたことから、三たび失業する羽目になった。フレッド・コレマツ フレッシュアイペディアより)

  • エコファシズム

    エコファシズムから見た人種差別人種差別

    人口研究の生物学者ポール・R.エーリック(Paul R. Ehrlich)が広めた「人口爆弾」や「人口爆発」、「人口という疫病」などの用語はエコ・ファシズム的な表現とされ、人間を汚染物質として扱うなど、人間への侮蔑をともなう一方で、エコ中心主義者がそれらの用語を用いる場合、自分がその対象であるとは考えないなどの特徴があげられる。人口過剰に対する警戒は他の集団との反目に発展しやすく、科学主義による人種差別を正当化する恐れがあるとの指摘がある。エコファシズム フレッシュアイペディアより)

  • ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか

    ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるかから見たレイシズム人種差別

    訳者のひとりで社会学者の明戸隆浩は、現代日本における特別永住者らに対するレイシズムの氾濫を憂い、現代日本の「歴史」、「文脈」および「影響」を考察、現在進行形の反レイシズム活動を紹介し、ブライシュに倣い「一番理想的なことは、この本を読まなければ解決できないような問題が、日本から消えてなくなることである。しかし実際には、そうしたことは難しいだろう。そうであるならば、この本が広くそして息長く読まれ、目の前で起こっているその問題を解決するための導きとなってくれること、これが翻訳者としての最も強い願いである。」と結んだ。ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか フレッシュアイペディアより)

  • アメリカインディアン運動

    アメリカインディアン運動から見た人種差別人種差別

    1960年代、全米のインディアン部族は絶滅的危機にあった。100を超えるインディアン部族が連邦条約を打ち切られ、保留地の保留を打ち切られ、路頭に迷うこととなった。都市部のスラムに流入したインディアンたちは極貧の生活の中、白人社会の人種差別と暴力にさらされ、ささいな理由で刑務所に送られた。ミネソタ州の刑務所の囚人の7割は常にインディアンが占めていたのである。「AIM」は、こうした刑務所暮らしを強いられた若いインディアンたちによって起こされた。アメリカインディアン運動 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・エルドリッジ

    ロイ・エルドリッジから見た人種差別人種差別

    9年生で高校を退学させられ、家出して16歳で旅芸人の集団に参加。が、集団はすぐに解散し、オハイオ州ヤングスタウンで一人っきりになった。そこで「偉大なシーズリーのカーニバル」に拾われたが、メリーランド州カンバーランドで人種差別を目撃し、ピッツバーグに帰った。ロイ・エルドリッジ フレッシュアイペディアより)

927件中 11 - 20件表示

「人種差別」のニューストピックワード