741件中 11 - 20件表示
  • ファシズム

    ファシズムから見た人種差別人種差別

    ドイツではナチスが社会進化論を、ドイツ国家における彼らの人種差別主義の概念の推進に使用したが、それには現在も人種間で行われている競争や衝突である「人種闘争」で、アーリア民族やアーリア民族に必要なものが勝利する、というナチスの信じる概念が含まれた 。彼らはドイツのアーリア民族が、彼らが弱いとみなした民族を抹殺する事によって強化される事を試みた。最終的には1930年代後半からT4作戦が開始され、約275,000人のドイツ人や非ドイツ人の障害者や高齢者の市民が、一酸化炭素ガスを使用して組織的に殺害された。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 快楽党

    快楽党から見た人種差別人種差別

    人種差別、ユダヤ人差別、ゲイ嫌悪(仏: homophobie)、レズビアン嫌悪(仏: lesbophobie)と闘う。快楽党 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認論の考察

    ホロコースト否認論の考察から見た人種差別人種差別

    ホロコースト否認論者による出版物や声明の多くは反ユダヤ主義によって染められている。ホロコースト否認論に対する批評家は、主張や提出された証拠が中立的で学術的な提示を離れて見えすいた個人的な攻撃に終始している例を数多く引証している。このような言葉をインターネット上で検索してみればすぐ分かるように、ホロコースト否認論者はその対抗者を表現するのに「シオニスト協力者」とか「ユダヤ偏愛者」とかいった人種差別的な言葉を頻繁に使っている。ホロコースト否認論の考察 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ13作品リスト/単行本第9巻、第10巻

    ゴルゴ13作品リスト/単行本第9巻、第10巻から見た人種差別人種差別

    黒人解放運動の指導者を殺した人種差別主義者たちは、黒人解放運動の過激派を装って市内でテロ行為を起こし、それに乗じて解放運動をつぶそうとした。それを見破った神父が、ゴルゴに犯人への復讐を依頼した。ゴルゴは、犯人の正体を知るベトナム帰還兵に接触したところに、人種差別主義者たちが占める警察官たちが乱入した。ゴルゴ13作品リスト/単行本第9巻、第10巻 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカインディアン運動

    アメリカインディアン運動から見た人種差別人種差別

    1960年代、全米のインディアン部族は絶滅的危機にあった。100を超えるインディアン部族が連邦条約を打ち切られ、保留地の保留を打ち切られ、路頭に迷うこととなった。都市部のスラムに流入したインディアンたちは極貧の生活の中、白人社会の人種差別と暴力にさらされ、ささいな理由で刑務所に送られた。ミネソタ州の刑務所の囚人の7割は常にインディアンが占めていたのである。「AIM」は、こうした刑務所暮らしを強いられた若いインディアンたちによって起こされた。アメリカインディアン運動 フレッシュアイペディアより)

  • アール・ウォーレン

    アール・ウォーレンから見た人種差別人種差別

    ウォーレンの任期中のアメリカ合衆国では、人種差別、公民権運動、政教分離および警察逮捕手続き問題など様々な社会問題が憲法問題として判断の対象となったが、ブラウン判決を始めとして、リベラルな判断を下すことにより20世紀後半以降のアメリカの社会を法的アプローチによって根本的に変革することとなった。「20世紀のアメリカの法律家の中では最大の功労者」とされる。一方で、第二次世界大戦中に、日系アメリカ人に対する人種差別政策である日系人の強制収容を支持し推進した人物でもあり、ウォーレンは後にその行為を誤りと認め反省を表明した。アール・ウォーレン フレッシュアイペディアより)

  • 知的水準発言

    知的水準発言から見た人種差別人種差別

    『米国はアポロ計画や戦略防衛構想で大きな成果を上げているが、複合民族なので、教育などで手の届かないところもある。日本は単一民族だから手が届きやすいということだ。演説全体を読んでもらえばわかる。他国を誹謗したり、人種差別をしたわけではない』知的水準発言 フレッシュアイペディアより)

  • ミンストレル・ショー

    ミンストレル・ショーから見た人種差別人種差別

    独立以来、アメリカでは黒人やインディアンをはじめとする有色人種に対する人種差別が合法なものとされていたが、人種差別との長い戦いの末に1964年に公民権法が施行され、有色人種が法的にも社会的にも人種差別に勝利し、政治的な影響を持つようになった結果、ミンストレルは人種差別を助長するものとして大衆性を失った。ミンストレル・ショー フレッシュアイペディアより)

  • 白人至上主義

    白人至上主義から見た人種差別人種差別

    白人至上主義(はくじんしじょうしゅぎ、、)は、人種差別的思想のひとつ。スローガンとして「ホワイト・パワー」という言葉が頻繁に用いられる。白人至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフィン・ベーカー

    ジョセフィン・ベーカーから見た人種差別人種差別

    彼女は、非常に貧しい環境の中で育つ。1917年7月2日、彼女はセントルイスで人種差別を経験し、これが彼女が後に人種差別撤廃運動に熱心に肩入れする背景となる。13歳で、母親によりかなり年配の男性と結婚させられるが、数週間しか結婚生活は続かなかった。そのあと家出。1921年、彼女は鉄道車掌のウィリー・ベーカー(Willie Baker)と結婚し、1925年に離婚するが、この苗字を彼女はその後もしばらくの間使用している。ジョセフィン・ベーカー フレッシュアイペディアより)

741件中 11 - 20件表示