927件中 21 - 30件表示
  • 単一民族国家

    単一民族国家から見た人種差別人種差別

    しかしながら、どの国においても少数民族や外国人がたとえ少数ながらも存在しており、国政に多数派の価値観や文化や利権が組み込まれると結果として少数派には不公平な状態、あるいは少数派民族の人権が著しく損なわれる事態が発生することが問題点として指摘されている。その最も極端な例がドイツに出現したドイツ第三帝国で、ナチスが独断で決定したアーリア人の定義に見合わないドイツのユダヤ人、ジプシーが多量に虐殺されただけでなく、東欧への侵攻の際に、膨大な数の東欧の住民が強制移住・強制労働・虐殺の憂き目にあっている(ただし、ナチスの政策はドイツ民族主義というより独自の人種主義に基づいている)。これほど徹底したものではなくとも、アメリカ合衆国(インディアン絶滅政策)、オスマン帝国(アルメニア人虐殺)、ポーランド・チェコスロヴァキア・ハンガリーなど(ナチスへの報復として行われたドイツ人追放)、ソビエト連邦(ホロドモールなど)、イスラエル(パレスチナ問題)、中華人民共和国(チベット問題)など、民族主義ないし国民統合の理念に基づき、少数民族を追放したり、虐殺した国家は世界史上数多く存在する。単一民族国家 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ選挙人団

    アメリカ選挙人団から見た人種差別人種差別

    1944年大統領選では、南部の民主党の一派が、指名候補フランクリン・ルーズベルトのニューディール政策と反人種差別政策に反対して、分派政党を立ち上げて「(大統領)候補者を特定せず」とする選挙人候補団を擁立している。アメリカ選挙人団 フレッシュアイペディアより)

  • オイ!

    オイ!から見た人種差別人種差別

    ファンの一部が英国国民戦線やブリティッシュ・ムーブメントといった白人至上主義組織に参加していたため、幾人かのロックミュージシャンはオイ!を人種差別的だとして否定したが、 実際は初期にオイ!シーンを起こしたバンドで人種差別を助長するような歌詞を含む歌を作ったバンドはなかった。エンジェリック・アップスターツ、ザ・ブリアル、The Oppressed のようなバンドは、左翼的で反人種差別的だった。 ホワイト・パワー・スキンヘッド・ムーブメントはオイ!に類似性のあるRock Against Communismと呼ばれる独自の音楽ジャンルを発達させたが、オイ!シーンとは無関係である。オイ! フレッシュアイペディアより)

  • イーグル (漫画)

    イーグル (漫画)から見た人種差別人種差別

    大統領選挙で銃規制や人種差別撤廃及び本土防衛以外の交戦禁止とそれによる全ての海外駐留米軍の撤退及び国連軍の増強などを主張。日本から取材にやって来た鷹志にお前の父親だと名乗る。イーグル (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の保守主義

    アメリカ合衆国の保守主義から見た人種差別人種差別

    アメリカにおける「保守主義」の意味は、その言葉が使われる条件で共通するものはほとんど無い。2011年にレオ・リビュフォが述べているように、「アメリカ人が現在保守主義と言っているものは、世界の大半で自由主義あるいは新自由主義と呼ばれているものである。」1950年代以来、アメリカ合衆国の保守主義は主に共和党と関わってきた。しかし、人種差別の時代に多くの南部民主党員は保守的であり、1937年から1963年まで連邦議会を支配した保守合同では重要な役割を果たした。アメリカ合衆国の保守主義 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ヘンリー・モーガン

    ルイス・ヘンリー・モーガンから見た人種差別人種差別

    このモーガンの学説は、アメリカ合衆国におけるヨーロッパ白人文化の優位性の立証として、人類学者たちから支持され、支配階級である白人種が、いわゆる「野蛮な民族」を「開化させ」、「進化させた」、その影響の理論として用いられた。そして「黒人やインディアンは、白人よりも遅れた劣等民族である」として人種を等級づけるモーガンの学説は、合衆国でしばしば人種差別を恒久普遍化するために使われたのである。ルイス・ヘンリー・モーガン フレッシュアイペディアより)

  • カースト

    カーストから見た人種差別人種差別

    植民地の支配層のイギリス人は、インド土着の制度が悪しき野蛮な慣習であるとあげつらうことで、文明化による植民地支配を正当化しようとした。ベテイユは「インド社会が確たる階層社会だという議論は、帝国支配の絶頂期に確立された」と指摘している。インド伝統の制度であるヴァルナとジャーティの制度体系は流動的でもあり、固定的な不平等や構造というより、運用原則とでもいうべきもので、伝統制度にはたとえば異議申し立ての余地なども残されていた。ダークス、インデン、オハンロンらによれば「カースト制度」はむしろイギリス人の植民地支配の欲望によって創造されてきたものと主張している。またこのような植民地主義によって、カーストは「人種」「人種差別」とも混同されていったといわれる。カースト フレッシュアイペディアより)

  • パンク (サブカルチャー)

    パンク (サブカルチャー)から見た人種差別人種差別

    パンクのイデオロギーは多くの場合、個人の自由と反体制的視点に関係している。典型的なパンクの視点としては、反権威主義、DIY主義、不服従、直接行動、反産業ロックなどが含まれる。その他の傾向として、反サッチャー、反人種差別、反ネオナチ、反ナショナル・フロント、戦争反対、ニヒリズム、アナキズム、社会主義支持、反軍国主義、反資本主義、反レーガン、反性差別、反民族主義、反ホモフォビア、環境保全主義支持なども含まれた。しかし、パンクであっても多くはロック愛好家のノンポリのパンクスであった。他に右翼的思想の者もいたし、絶望感が深まるにつれ、ネオナチ思想やキリスト教原理主義、リバタリアンのパンクスも目立ってきた。パンク (サブカルチャー) フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフィン・ベーカー

    ジョセフィン・ベーカーから見た人種差別人種差別

    彼女は、非常に貧しい環境の中で育つ。1917年7月2日、彼女はセイントルイスで人種差別を経験して、これが彼女が後に人種差別撤廃運動に熱心に肩入れする背景となる。13歳で、母親によってかなり年配の黒人男性と結婚させられるが、数週間しか結婚生活は続かなかった。そのあと家出。1921年、彼女は鉄道車掌の黒人ウィリー・ベイカー(Willie Baker)と結婚し、1925年に離婚するが、この苗字を彼女はその後もしばらくの間使用している。ジョセフィン・ベーカー フレッシュアイペディアより)

  • アンネ・フランク財団

    アンネ・フランク財団から見た人種差別人種差別

    財団は国内外でアンネ・フランク展を行い、情報を発信している。反ユダヤ主義と人種差別との戦いにも取り組んでいる。アンネ・フランク財団 フレッシュアイペディアより)

927件中 21 - 30件表示

「人種差別」のニューストピックワード