927件中 31 - 40件表示
  • ネオナチ

    ネオナチから見た外国人排斥人種差別

    ネオナチのイデオロギーは、外国人排斥、ホモフォビア、反共主義が柱である。教会 (キリスト教)などによる地域社会への帰属感を持たず、旧ナチスシンパを標榜することをアイデンティティとし反社会的行動を行っている。極左的アナーキズム(無政府主義的)としての傾向から内部に特定の指導者を立てることができないため、同じ国粋主義であっても旧ナチスやイスラム圏の原理主義運動のような組織性を持てず、計画的な行動も取れないケースが散見される。ネオナチ フレッシュアイペディアより)

  • ネオナチ

    ネオナチから見た人種差別人種差別

    いくつかのヨーロッパ諸国では、ナチスを擁護する発言、人種差別(反ユダヤ主義も含む)的ととれる発言、思想等は法律で禁止されており、またネオナチを規制する目的で多くのナチスに関連したシンボルも禁止されている。ネオナチ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・ソープ

    ジェレミー・ソープから見たレイシズム人種差別

    1974年2月の総選挙は、ソープの政治人生においても最高点であった。ソープ本人と党の運命はその後暗転し、1975年遅くに発覚したスコット殺人共謀の噂は、それに追い討ちを掛けた。弁明しきれなくなったソープは、1976年5月に党首の座を辞任した。公判は3年後の1978年に始まったが、ソープは起訴側が事件を十分に立証していないという理由で証言台に立つことを拒んだ。この姿勢が元で事件には多くの謎が残されることになった。ソープには無罪判決が下されたが、名声が回復することは無く、また彼が公職に戻ることも無かった。1980年代半ばからソープはパーキンソン病に侵され、長い隠退生活を送ることになる。彼はその間に少しずつ自由党内の支持を回復し、死去の際には、国際主義者、人権擁護者、そしてアパルトヘイトなど全てのレイシズムへの反対者としての側面に光が当てられ、後の世代の指導者たちから弔辞が送られた。ジェレミー・ソープ フレッシュアイペディアより)

  • バージニア州

    バージニア州から見た人種差別人種差別

    18世紀、インディアン社会への白人入植と黒人奴隷の増加は、同州でインディアンと白・黒人との混血を増加させた。「純血」の白人のみが法的優位を所有できる同州の人種差別規定では、なにより血の濃さが重要であり、それはインディアンにも当てはめられた。この血統法は「インディアンは半分多人種の血が混じればもうインディアンではない」と規定したものである。以後、この「1/2」基準は全米の州に採り入れられていき、インディアンと黒人の混血(ブラック・インディアン)が多くの州で増加するにつれ、多くのインディアンが血統証明書から除外され、「人口を減らしていく」という民族浄化の効果を生み続けた。バージニア州 フレッシュアイペディアより)

  • コリン・キャパニック

    コリン・キャパニックから見た人種差別人種差別

    2016年8月26日に行われたプレシーズンマッチで試合前の国歌斉唱でベンチに座ったまま立ち上がらず、起立を拒否した。「黒人や有色人種への差別がまかり通る国に敬意は払えない」と理由を述べ、人種差別への抗議であるとした。それらはTwitterにも投稿されて物議を醸し、「さらにファンになった」という声もあれば、「チームや競技に対して失礼」との批判も飛び交った。チームは「宗教や表現の自由をうたう米国の精神に基づき、個人が国歌演奏に参加するかしないか選択する権利を認める」と同選手の決断を尊重するとの声明を発表した。NFLは声明で、演奏中に選手たちが起立することを奨励するが強制ではないと指摘した。コリン・キャパニック フレッシュアイペディアより)

  • ミンストレル・ショー

    ミンストレル・ショーから見た人種差別人種差別

    独立以来、アメリカでは黒人やインディアンをはじめとする有色人種に対する人種差別が合法なものとされていたが、人種差別との長い戦いの末に1964年に公民権法が施行され、有色人種が法的にも社会的にも人種差別に勝利し、政治的な影響を持つようになった結果、ミンストレルは人種差別を助長するものとして大衆性を失った。ミンストレル・ショー フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ミュージック

    カントリー・ミュージックから見た人種差別人種差別

    現在カントリー・ミュージックは、シーンの中心であるアメリカのほかに、カナダ、ヨーロッパ、日本やオーストラリアでも一部のファンに人気がある。それでもファンやミュージシャンには白人系が圧倒的に多く、アメリカ南部やアパラチア発祥の音楽のため、一部では「人種差別と関係が深い音楽」と誤解されがちである。実際、戦前や少し古い時代の曲の中には人種差別的な歌詞が入ったものや、現在でもアンダーグラウンドな演奏場所では、差別用語・放送禁止用語を連発する過激な歌手も一部に存在する。 しかしながら、あくまでもそれは一部の心ない人間がおこなっているものであり、カントリーは共和党系で保守的ではあっても、人種差別を目的とした音楽ではない。カントリー・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ系アメリカ人公民権運動

    アフリカ系アメリカ人公民権運動から見た人種差別人種差別

    アフリカ系アメリカ人公民権運動(アフリカけいアメリカじんこうみんけんうんどう、African-American Civil Rights Movement)とは、主に1950年代から1960年代にかけて、アメリカの黒人(アフリカ系アメリカ人)が、公民権の適用と人種差別の解消を求めて行った大衆運動である。「公民権運動」も狭義には本記事の件を指している。アフリカ系アメリカ人公民権運動 フレッシュアイペディアより)

  • ビルマでの降伏日本軍人の抑留

    ビルマでの降伏日本軍人の抑留から見た人種差別人種差別

    ビルマで降伏した日本兵が辛酸を舐めたことは、京都大学名誉教授の会田雄次(西洋歴史学者)が1963年に『アーロン収容所』を著して紹介し、英国軍主体の連合国軍の、日本人への報復や人種差別が原因の捕虜虐待の歴史が21世紀になっても言及される。ビルマでの降伏日本軍人の抑留 フレッシュアイペディアより)

  • 知的水準発言

    知的水準発言から見た人種差別人種差別

    『米国はアポロ計画や戦略防衛構想で大きな成果を上げているが、複合民族なので、教育などで手の届かないところもある。日本は単一民族だから手が届きやすいということだ。演説全体を読んでもらえばわかる。他国を誹謗したり、人種差別をしたわけではない』知的水準発言 フレッシュアイペディアより)

927件中 31 - 40件表示

「人種差別」のニューストピックワード