741件中 31 - 40件表示
  • 尹致昊

    尹致昊から見た人種差別人種差別

    米国留学中、キリスト教思想、民主主義、科学文明に基づいた合理主義的な社会を経験し、朝鮮の体制に失望を感じる一方これを朝鮮の近代化の基本方向に設定した。以後、思想的基礎は「力の正義」という社会進化論的世界観に変貌して行き、社会改革では未開な伝統社会を布教と教育という国民改造を通じて近代社会を形成するという啓蒙思想を抱くことになった。しかし一方では米国社会の人種差別に度々遭遇し、白色人種の傲慢さに対する否定的な考えを持つようになった。当時の朝鮮としては希少な米国内大学の卒業生であり、大学院過程に進学すれば奨学金全額を支援するという米国南監理教会の提案があったが、祖国のために働くとして帰国した。尹致昊 フレッシュアイペディアより)

  • 単一民族国家

    単一民族国家から見た人種差別人種差別

    しかしながら、どの国においても少数民族や外国人がたとえ少数ながらも存在しており、国政に多数派の価値観や文化や利権が組み込まれると結果として少数派には不公平な状態、あるいは少数派民族の人権が著しく損なわれる事態が発生することが問題点として指摘されている。その最も極端な例がドイツに出現したドイツ第三帝国で、ナチスが独断で決定したアーリア人の定義に見合わないドイツのユダヤ人、ジプシーが多量に虐殺されただけでなく、東欧への侵攻の際に、膨大な数の東欧の住民が強制移住・強制労働・虐殺の憂き目にあっている(ただし、ナチスの政策はドイツ民族主義というより独自の人種主義に基づいている)。これほど徹底したものではなくとも、アメリカ合衆国(インディアン絶滅政策)、オスマン帝国(アルメニア人虐殺)、ポーランド・チェコスロヴァキア・ハンガリーなど(ナチスへの報復として行われたドイツ人追放)、ソビエト連邦(ホロドモールなど)、イスラエル(パレスチナ問題)、中華人民共和国(チベット問題)など、民族主義ないし国民統合の理念に基づき、少数民族を追放したり、虐殺した国家は世界史上数多く存在する。単一民族国家 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダメット

    マイケル・ダメットから見た人種差別人種差別

    ダメットは人種差別に反対する一連の著作などを通して積極的に政治参加していたことがある。彼によると1960年代後半は改革の機運が熟した時期であり、この時期に一時的に哲学研究を中断して、マイノリティの市民権擁護のために活動した。ダメットは選挙方法の理論的検討にも取り組み、ボルダ式得点法を改良した独自の選挙方法を提案し、これをQuota Borda systemと名付けた。マイケル・ダメット フレッシュアイペディアより)

  • エコファシズム

    エコファシズムから見た人種差別人種差別

    人口研究の生物学者ポール・R.エーリック(Paul R. Ehrlich)が広めた「人口爆弾」や「人口爆発」、「人口という疫病」などの用語はエコ・ファシズム的な表現とされ、人間を汚染物質として扱うなど、人間への侮蔑をともなう一方で、エコ中心主義者がそれらの用語を用いる場合、自分がその対象であるとは考えないなどの特徴があげられる。人口過剰に対する警戒は他の集団との反目に発展しやすく、科学主義による人種差別を正当化する恐れがあるとの指摘がある。エコファシズム フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の保守主義

    アメリカ合衆国の保守主義から見た人種差別人種差別

    アメリカにおける「保守主義」の意味は、その言葉が使われる条件で共通するものはほとんど無い。2011年にレオ・リビュフォが述べているように、「アメリカ人が現在保守主義と言っているものは、世界の大半で自由主義あるいは新自由主義と呼ばれているものである。」1950年代以来、アメリカ合衆国の保守主義は主に共和党と関わってきた。しかし、人種差別の時代に多くの南部民主党員は保守的であり、1937年から1963年まで連邦議会を支配した保守合同では重要な役割を果たした。アメリカ合衆国の保守主義 フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ミュージック

    カントリー・ミュージックから見た人種差別人種差別

    現在カントリー・ミュージックは、シーンの中心であるアメリカのほかに、カナダ、ヨーロッパ、日本やオーストラリアでも一部のファンに人気がある。それでもファンやミュージシャンには白人系が圧倒的に多く、アメリカ南部やアパラチア発祥の音楽のため、一部では「人種差別と関係が深い音楽」と誤解されがちである。 実際、戦前や少し古い時代の曲の中には人種差別的な歌詞が入ったものや、現在でもアンダーグラウンドな演奏場所では、差別用語・放送禁止用語を連発する過激な歌手も一部に存在する。 しかしながら、あくまでもそれは一部の心ない人間がおこなっているものであり、カントリーは共和党系で保守的ではあっても人種差別を目的とした音楽ではない。 現在のカントリー業界は、アメリカ音楽産業でも人気のあるジャンルであり、さらにそれを他の国に少しでも広めていこうという方針を採っているので、あからさまな人種差別を避けるよう心がけている。 特に1970年代以降、アフロ・アメリカンのチャーリー・プライド(黒人歌手)(Charley Pride)やフィリピン系のニール・マッコイ(Neal McCoy)など有色人種のアーティストたちも第一線で活躍し、さらにバンドメンバーに目を向ければ、ヒスパニック系や黒人、アジア系も見受けられる。カントリー・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • パンク (サブカルチャー)

    パンク (サブカルチャー)から見た人種差別人種差別

    パンクの政治姿勢には様々なものがあるが、多くは左翼または革新と言われるカテゴリに属する。パンクのイデオロギーは多くの場合、個人の自由と反体制的視点に関係している。典型的なパンクの視点としては、反権威主義、DIY主義、不服従、直接行動、反産業ロックなどが含まれる。その他の傾向として、ニヒリズム、アナキズム、社会主義、反軍国主義、反資本主義、反人種差別、反性差別、反民族主義、反ホモフォビア、環境保全主義、菜食主義、純菜食主義、動物の権利保護なども含まれる。しかし、パンクであっても右翼的思想の人もいるし、ネオナチ思想のパンクやノンポリのパンクもいる。パンク (サブカルチャー) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ジャクソン

    マイケル・ジャクソンから見た人種差別人種差別

    ところが、この曲のショートフィルムでは後半のソロ・ダンスシーンが暴力的及び性的な要素が強すぎるとして一般放映が中止されるという事態になった。後にそのバージョンのショートフィルムはその部分の映像に黒豹が登場することからパンサー・バージョン(パンサーとは豹属の動物一般のことである)と呼ばれるようになった。セクシュアルなダンスや、人種差別団体(クー・クラックス・クラン)の名前やハーケンクロイツの描かれた車や店のガラス窓を破壊するシーンが問題とされた。なお、この映像は現在ではヨーロッパでは一斉放映が許可されており、マイケルのビデオ作品では見ることが出来る。ただ、現在見られるパンサー・バージョンは、初期の映像とは若干違っており、窓に書かれた人種差別団体の名前などいくつか修正され、今ではそれらの文字は消されている。マイケル・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • 公民権運動

    公民権運動から見た人種差別人種差別

    公民権運動(こうみんけんうんどう、American Civil Rights Movement)とは、1950年代から1960年代にかけてアメリカの黒人(アフリカ系アメリカ人)が、公民権の適用と人種差別の解消を求めて行った大衆運動である。公民権運動 フレッシュアイペディアより)

  • 奴隷

    奴隷から見た人種差別人種差別

    人種差別、性差別、幼児売買、部落(部族)差別などは奴隷に固有のものではないが、多くの場合密接に関係していた。暴力と恐怖による支配が社会階層におよぶ場合農奴制や奴隷労働者の階級が形成された。奴隷 フレッシュアイペディアより)

741件中 31 - 40件表示