927件中 41 - 50件表示
  • 優生学

    優生学から見た人種差別人種差別

    優生学の目的は様々であるが、「知的に優秀な人間を創造すること」、「社会的な人的資源を保護すること」、「人間の苦しみや健康上の問題を軽減すること」などが挙げられる。これらの目標を達成するための手段として、産児制限・人種改良・遺伝子操作などが提案された。この考えは、強権的な国家による人種差別と人権蹂躙、ジェノサイドに影響を与えた。優生学 フレッシュアイペディアより)

  • アロー戦争

    アロー戦争から見た人種差別人種差別

    アロー戦争(アローせんそう、)は、1856年から1860年にかけて清とイギリス・フランス連合軍との間で起こった戦争である。最終的に北京条約で終結した。戦争の理由の一つであった中国人による多くの外国人排斥事件の内の象徴的な出来事がアロー号事件であったためアロー戦争と日本では呼称される場合が多い。戦争がアヘン戦争に続いて起きたために第二次アヘン戦争(Second Opium War)と呼ぶことが一般的である。アロー戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 国際人種差別撤廃デー

    国際人種差別撤廃デーから見た人種差別人種差別

    1960年3月21日、南アフリカのシャープビルで、人種隔離政策(アパルトヘイト)に反対するデモ行進に対して警官隊が発砲し、69人が死亡した(シャープビル虐殺事件)。この事件が、国連が人種差別に取り組む契機となったことから、人種差別撤廃のための記念日とされた。国際人種差別撤廃デー フレッシュアイペディアより)

  • 京都朝鮮学校公園占用抗議事件

    京都朝鮮学校公園占用抗議事件から見た人種差別人種差別

    事件直後の2009年(平成21年)12月18日、東京新聞は「外国人いじめ 不満はけ口」と題した記事を掲載し、「事件は不況の影響で民族差別に走った者による言い掛かりである」とする鵜飼哲一橋大学教授の見解を紹介した。在特会と主権会はこの記事が「不法占拠問題を民族差別問題にすり替えるものだ」と主張して、翌12月19日に東京新聞本社前で抗議街宣を行った。京都朝鮮学校公園占用抗議事件 フレッシュアイペディアより)

  • 辛淑玉

    辛淑玉から見た人種差別人種差別

    2001年3月5日から3月9日まで国連人種差別撤廃委員会に参加し、その委員会の集まりにおいて、石原を批判するだけにとどまらず、在日コリアンが日本人によってさまざまな人種差別に遭い被害を受けたと主張した。その委員会の集まりにおいて、日本の法律が人種差別的に作られていて、日本政府が人種差別をしていると世界に向けて主張した。その委員会において、日本人は在日コリアン(主に子どもや児童・生徒)に対して暴力を振るう、人種差別的な人たちであると考える人に賛同するロビイストが多くなったため、国連人種差別撤廃委員会は日本を批判する勧告を出した。辛淑玉 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード8世 (イギリス王)

    エドワード8世 (イギリス王)から見た人種差別人種差別

    しかし、オーストラリアを訪問した際に先住民アボリジニのことを「私がこれまでに見た生物での中でも、最も醜悪な容姿をしている。彼らは人間の中でも最も猿に近い」などという人種差別そのものの発言をして、物議を醸したこともあった。エドワード8世 (イギリス王) フレッシュアイペディアより)

  • ルーニー・テューンズ

    ルーニー・テューンズから見た人種差別人種差別

    1950年代に短編映画作品がテレビ放送されるようになると、その人気はより一層強まった。しかし主な視聴者が子供だったのもあり1970年代には暴力シーン、人種差別的表現、喫煙、飲酒などの不適切な描写の多くは編集・カットされた。70年代から90年代初頭には作品の繋ぎ用のアニメーションやテレビ用の新作短編がいくつか作られるにいたった。1990年以降はスピンオフ作品の製作が活発になり『スピルバーグのアニメ タイニー・トゥーン』 、『シルベスター&トゥイーティー・ミステリー』、『ベビー・ルーニー・テューンズ』、『ダック・ドジャース』、『ルーニー・テューンズ・ショー』などが作られている。ルーニー・テューンズ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・A・ハインライン

    ロバート・A・ハインラインから見た人種差別人種差別

    ハインラインはアメリカ合衆国で人種差別が普通だった時代に育ち、公民権運動が激しいころにそれに影響を受けた小説をいくつか書いている。初期のジュブナイルは人種差別否定という意味でも時代に先行していて、主人公に白人でない者を採用したという意味でも当時のSFとしては非常に珍しかった。例えば1948年の『栄光のスペース・アカデミー』では、少数民族の隠喩として異星人を登場させている。ハインラインは読者の人種的偏見に挑戦するため、登場人物に思い切り同情させておいて、あとからその人物が黒人またはアフリカ系であることを明かすといった手法をとっていた。ロバート・A・ハインライン フレッシュアイペディアより)

  • マーロン・ブランド

    マーロン・ブランドから見た人種差別人種差別

    家庭は中流だったが、両親共に酒癖が非常に悪く、父親は激しい気性の持ち主だった。このため少年だったブランドは次第に情緒不安定になり、反抗的な青春時代を過ごす。幼稚園児の頃から札付きの問題児であり、学校では相当の問題児だったという。小学生の頃は黒人が法の下で人種差別を受けていた当時のアメリカの状況にも関わらず黒人の生徒と仲良くしていたただ1人の白人であったため、白人の教諭から睨まれる。この様な反人種差別的な言動はその後も一生を通じて受け継がれる。その後問題を起こして謹慎処分を受けたが、無視して遊びにいったため退学処分を受ける。マーロン・ブランド フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ラッセル

    ビル・ラッセルから見た人種差別人種差別

    ラッセルの功績の中で特筆すべき点として、11回の優勝に代表される選手としての功績だけでなく、当時リーグの内外で蔓延していた人種差別に毅然と立ち向かい、アフリカ系アメリカ人選手の地位を向上させた公民権運動家としての功績があげられる。ラッセルは黒人初のNBAスター選手であり、またアメリカ四大メジャースポーツ初の黒人ヘッドコーチだった。一方でラッセルは差別に過剰に反応するあまり地元メディアやファンも攻撃し、ボストンに多くの栄光をもたらしたにもかかわらず、市民や記者とは険悪な関係が長年続いた。ビル・ラッセル フレッシュアイペディアより)

927件中 41 - 50件表示

「人種差別」のニューストピックワード